化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

来客1人で空気は悪化・・・覚悟の曝露体験

年に数回、家族の家に来られる親戚。
一般の洗濯洗剤(化学合成界面活性剤)使用の方。
たぶん柔軟剤、整髪料も!

ずっと化学物質過敏症(CS)の私の心配もしてくれてるし、大切な方なので・・・
マイルームも出来たし、体調もまずまずのこの季節は、CSの話が出来るかもしれない!とチャレンジしました。

◇ ◇ ◇

娘や息子は、とても心配してくれて、これまでの体験からなかなか厳しいことも伝えてくれました。

マイルームに逃げ込んで、シックシェルターのテント(家庭用クリーンルーム)に入れば泊まることは可能なハズです。

喫茶店などで、他のお客さんの合成洗剤による刺激があっても、以前ほど体調悪化も無く過ごせるようになってるし・・・
たまには、大勢の方とイベントでご一緒したり、コンサートなども参加できてるし。

多少曝露はあっても、久しぶりに話をしたい!と思いました。

◇ ◇ ◇

しっかり活性炭マスクをしてご挨拶。
ちょっとキツイ感じでも、絶対ダメというほどでは無さそうです。
二言三言会話して、隣のマイルームに入り休憩。

空気清浄機の隣に座り、身体の声を聞いてみる。
じんわり頭痛、眼の違和感は許容範囲。
身体全体は緊張して強張ってしまった感じ。

ゆっくり過ごしているのに、キリッと腹痛。
これは、私にとっては危険なサイン。

お客様の過ごす隣室との間のサッシは、しっかり閉じているけれど、出入りの時に空気が入ってしまったのか、私自身に汚染物質が付着してしまったのか、マスク無しで居られないわけではないけれど・・・空気清浄機稼動でも身体の強張りは解れてくれません。

◇ ◇ ◇

隣室を通過して、2階に移動。

ドアを開け閉めする度に、もわっとした空気の侵入を感じます。
コミック「かびんのつま」の場面が、私の前で広がりました。

1階(お客様)の空気が階段を伝って上がってくるので、外に逃がす為に娘は階段の上にあるベランダへのドアを空かしてくれてます。

2階の居間で座っていると、2階用のエアエンジン(空気清浄機)を私の横に運んでくれました。

身体の様子を観察しながら、これではお客様と直接お話するのは無理だと判断。
シックシェルターテントで眠ることは可能だけど、わざわざ曝露することもない。

でも、せっかく来た家族の家、広く暖かなお風呂に入ろう♪
冷えの心配も無いポカポカ陽気だったのに、キンキンに足が冷えててビックリ!

お客様とは別に、2階で娘と息子と夕食をとった後、転地先の家に戻りました。

◇ ◇ ◇

帰路の車の運転中も、息が浅いまま。
ミニ空気清浄機の源気も動かしてるのにな。。。

そっかぁ!
私が、私の服も、汚染去れているようです。
新しい活性炭マスクを着けたら、息が出来るようになりました。

眼も危ないので、ヒアレインミニの目薬を点して、汚染物質を洗い流しました。

しかし、久しぶりの孫悟空頭。
キリキリと頭を絞め上げられてるようです。

サプリメントなども追加して・・・

◇ ◇ ◇

お客様は、決して私を苦しめようとしているわけではありません。
何が原因で、どうしたら良いのか?方法を知らないだけです。
それを、相手を攻撃することなく説明したかったのですが、それが叶うのは、まだ先のことのようです。

たった一人、部屋で静かに居るだけで、家が汚染されてしまうなんて、ご本人に理解できないことと思います。

夫の協力で、汚染は最低限で済んでいます。
お風呂も外の入浴施設に出掛けてくれ、食事も1階で好みの惣菜を買って済ませてくれました。

ああ、昔は私も一緒にいろいろ楽しめたのに。。。

大好きなお酒を渡せたから、少しは話せたから、善し♪としましょう!

◇ ◇ ◇

今朝は、眼ヤニたっぷりとなりました。

直接会って話をしたのは1分程度。
活性炭マスクもしてたのに、いったい洗剤は何を使っているのでしょう?

クリックよろしくお願いします。
化学物質過敏症(CS)の皆さんのブログに出会えます。
にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2015-12-12 06:25 | 曝露記録 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風