化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

家族の家のリフォーム・一旦終了

娘と息子の部屋のリフォームは、扉を取り付け、窓ガラスをペアガラスに交換して終了しました。

押し入れをクローゼット風にリフォームし、襖は撤去してシンゴンの折れ戸を取り付けました。
c0330749_22275782.jpg

仕上がってみたら~ピタッと閉まるように見えますが、上も下もすき間があり、化学物質過敏症(CS)患者が日常に使う雑多なものを封じ込めるには不完全だったと反省です。
c0330749_22275947.jpg

娘もCSなのですが、私ほどは気になっていないようなので、カーテンよりはマシで良かったとは思っています。
上の部分に金具があり、吊るすタイプなので、軽く開け閉めできます。

一面がシンゴンなので、シンゴンの臭いはあるのですが、この米糊で接着したという集成材は、私が転地先の家の修理に使ったシンゴンほどは臭いません。

◇ ◇ ◇

娘の部屋は北側にあり、結露が酷いので・・・ペアガラスに交換しては!と提案を受けました。
40年近く前のサッシをそのまま使って、ガラスだけの交換です。
ガラスの厚さが違うのに、どうやるのか?と思ったら、1cmほどの額縁状のアルミ枠付きのガラスが入っていました。
c0330749_22280053.jpg

写真でも、分かり難いでしょうか!?
お隣との距離も近く、カーテンも閉めっぱなしの窓なので、すりガラスにしました。

◇ ◇ ◇

畳 →「かば」のフローリング
押し入れ → クローゼット+シンゴンの扉
作り付けの仏壇 → 高さの変更も可能な棚(シンゴン)
1枚ガラス → ペアガラス

◇ ◇ ◇

CS仲間2人に、工事直後に体感してもらったところ、臭いも少ないとの感想でした。

夜の間閉めきって、朝イチに入室すると、糊のような臭いがするそうで、夜は1階の私の部屋で寝ているようです。
糊のような臭いとは言っても、何の臭いなのかは不明だそうです。
シンゴンの扉が入る前から!とのこと。

換気に努め、徐々に過ごす時間を増やしているところでしょうか!?
これは、私の感覚を押し付ける訳にもいかないので、娘にお任せです。

私は、それまで家族の家で泊まれず・・・日帰りすることになります。


クリックよろしくお願いします。
ランクアップにより、多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
化学物質過敏症(CS)のブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2016-03-19 21:50 | 住環境(家・転地先) | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風