化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

コンサート2016.6.11.当日記録

短くまとめられなくて、だらだらと長くなってしまいました。
来年があるのか無いのか?今後のための記録です。

ホール内の空気は、良いとは言えませんが、何故かずいぶん楽だったように思います。
(私が、鈍感になってしまったのかもしれません。)

空気が楽な分、危機感が足りず、いろいろ動き過ぎたようにも思います。
体力を使い過ぎないよう、気をつけないと危なかったと思いました。
ニアミスで済んで良かったです。

皆さんのご協力のおかげで、無事コンサートも楽しむことが出来ました。
ありがとうございました。

◆ ◆ ◆

コンサート2016.6.11.当日記録

朝、早めに起床、お弁当の用意。

少し横になって休んだ後、着替えて~荷物の積み込み。
楽器、楽譜、衣装・・・何度も確認。
エアイーサー(空気清浄機)とカートと延長コードは、ずっと車に乗せっぱなしだったのでOK!

同じく参加する地元のサークル仲間2人も乗せ高知市に向かう。
途中で私が食べられるピザ屋さんで、お昼用のピザをゲット。

食べて出掛けるには早過ぎだし、途中でレストランに寄ったら遅刻しそうだし。

◇ ◇ ◇

一応、活性炭マスクをして搬入口から会場入り。
さほど苦しい空気ではなくほっとする。
(マスクは、途中2度交換)

ホールは、密閉された空間で、唯一搬入口が外気を入れられるところで、私には有り難いところですが、喫煙者の喫煙コーナーでもあるので要注意。
私の仲間達は、大きなドアから少し離れたところで吸ってたような。
辛かったら言える関係というのも有り難い。

邪魔にならないところで、こっそりピザを食べました。

◇ ◇ ◇

バタバタと準備して、リハーサル開始。
薄手の活性炭マスクとキーメイトを重ねて、まあ何とか臭いも感じず息苦しくもなく演奏。
c0330749_15102068.jpg

グッズを入れたバスケットも足元に置いてあったけれど、マスクを変更することもなく、携帯酸素も使わずに済みました。

皆は舞台の私を心配してくれるけど、案外広い空間だし、前後やお隣の席とも~ゆったり空いてるのです。
今回、客席に一番近い席だったけど、指揮者が入場するにも充分な広さで、客席の最前列からも離れているので・・・人の香料臭による曝露の少ない安全地帯かもしれません。
(昨年は前から4番目の席で、司会者の立ち位置と重なり、司会者が出てる間は息を殺してました)

リハーサルは、やはり難曲のスピードに四苦八苦。
難しい曲は弾けないし、易しい曲は~ほとんど練習出来てなくて危ういところもあるけれど、泣いても笑ってもこれが最後。
集中して弾いたらグッタリ疲れた。。。

◇ ◇ ◇

昨年は、何もかも友達に頼っていたけれど、空気がマシなので動ける感じ♪
自分で楽屋(地下)に荷物を降ろして、エアイーサーも自分で持って降りようとしたところ・・・

まさか!!!
コーラス隊が30~40名ほどが、ぞろぞろ階段を上がってきて立ち往生。

コーラスの皆さんが嫌いという訳ではありませんが、臭いがキツイ!堪えます。
リハーサルは、済んだのに、立ち位置とか最終確認の為に再度舞台に向かったもよう。。。

倒れはしませんでしたが、防毒マスクは楽屋に運んで手元に無かったし。
ああ、何で首にかけてないんだよぅ!

頭はグラグラ、気分も悪くなって、エアイーサーの前でしばらくボーッと座る。

食欲も無いけど、食べてないと本番中にエネルギー切れで、力が入らないしメマイで弾けなくなる恐れもある私。
食べ過ぎたら眠くなって集中できないし、加減が難しい。
蒸して持ってきた冷凍チマキと、お昼のピザの残りを食べてたら、少し気分も良くなってヤレヤレ。

他の仲間は、配られたお握りやお菓子を食べながら、何も手を付けない私に・・・「食べる物あるの?」と心配してくれました。

皆と同じ物を食べたら~お腹も痛くて演奏出来なくなりそう!
心の中で「そんな物、食べて大丈夫?危ないよ!」とつぶやく。


早めに着替えておけば良かったのに、くつろいでて一緒に着替えてたら、すぐ横でローションつける人が居たり!逃げ出したいけど、服を着て無かったし。
大急ぎで着替えてエアイーサーの前で一休み。

それでも、皆がお化粧始めたら楽屋に居られなくなって部屋を出る。

でも、昨年まではほとんど居られなかった楽屋で過ごすことが出来ました。

◇ ◇ ◇

いよいよ本番。
舞台の袖は、機械類がいっぱいあって、舞台に上がる直前まで薄手のキーメイトマスク着用。
以前は、厚手のCS-5使ってたように思うけど、私鈍感になったのかな。

舞台はマスク無しで演奏。
いつでも着けられるように、譜面台にマスクはスタンバイ。
ちっとも苦しくなくて、幸せでとーっても楽しい一時。

もう、精一杯思いきり弾くしかない!
いよいよ難関が近付いて「大丈夫!弾けるよ!」と自己暗示。
あれっ!?指に潤滑油を注入してもらったような感じで、軽やかに動いてくれました。
完璧には程遠くても、私なりのベスト演奏ができて、気分も最高!嬉しかった!

1部と2部の休憩時間に、荷物の多い私はお片付け。
地下からエアイーサーを上げようとしたら、友達が運んでくれて感謝です。
もう1往復してたら~出番となってて・・・舞台袖に現れないから、何処かで倒れたかと・・・心配かけてしまいました。

以前は、楽屋に降りる元気もなく、私のマンドリンを調弦室に運ぶのも友達に頼んでたのに、何往復も出来てビックリ!

後半の演奏も、それなりに(笑)
私って~いよいよ図太くて、全く緊張して上がることも無く、平常心のまま、ノリノリで歌ってくれたソリストとの駆け引きも楽しく、舞台上のハプニングもドキドキすることもなく楽しめました。
ライブって良いよね♪

◇ ◇ ◇

コンサートも終わり、舞台のところまで来てくれた、懐かしい昔の仲間の顔も見られました。

調子に乗って、椅子などを皆と一緒に片付けようとしたら気分が悪くなり、邪魔にならないところでしゃがみ込んで待機。

集合写真は、数少ない椅子の、それも端っこ(空気がマシ)に座らせてもらい撮影終了。

でも、着替えながら・・・ これ以上動くと危ないかも!?と思ったけれど、ふらふらと外に出て、とぼとぼ駐車場に向かって歩いてたら、気分も少し回復。
外の空気に救われた感じです。

無事に車に着いて、ホールに引き返し、友達の協力で荷物も乗せられました。

今年は、花束が来なくて嬉しい♪

お願いだから、持って来ないで!と懇願していたのが、やっと通じました。
花束は、香りも農薬もとても苦しいです。
化学物質過敏症(CS)の私は、即刻倒れ運転出来なくなります。
この深刻な状況を、何度説明しても冗談半分にとられて、せっかくのプレゼントが仇となって困っていました。
私、荷物も多いから、差し入れもプレゼントも無い方が助かります!

◇ ◇ ◇

ふらふらなのに打ち上げにも参加。
宴会場に座ったら、もう動けません!という感じ。
ああ、横になりたいけど・・・無理でした。

次々運ばれてくる食材は、食べられそうにないものばかり。
でも、お刺身を2キレ、持参したお醤油で頂きました。
後は、こっそりお弁当をつまみながら歓談♪
食べてたら次第に気分も良くなってきて~
もう、楽しくて楽しくて、大盛り上がり!

いつものCS生活とは別世界。
ほんとは、滅多に会えないあの人のところ、この人のところにも行ってお話したかったけど、じっと隅っこに居る方が安全なので、大人しく(?)楽しみました。


クリックよろしくお願いします。
ランクアップにより、多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
化学物質過敏症(CS)のブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2016-06-13 09:21 | 曝露記録 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風