化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

大当たり・・・歯科の根管治療

次々と虫歯が出来て、歯医者の上得意となってる私。

治療方法がどうの、歯みがきがどうのという話は、これまでにも書いてきたので棚に上げ、今日の曝露記録を書いておこうと思います。

◇ ◇ ◇

一度、根管治療もした歯が、再度虫歯になり治療が必要になりました。

そこで、薬を入れることになり、FCという名前が・・・。
前にも使ってきたから!と言われたけど、内心ドキドキ。

どうしよう!?と考える間もなく、いきなり治療開始。
(いつもは、ひと言確認してくれるDr.なんですけど)

猛烈な衝撃的な臭いが苦しくて・・・もっと、ちゃんとバキュームで吸い取ってよ!鼻にマスクしとくんだった!と心の中で叫びつつ息を止めて耐える。

ほんとに手際良く、あっという間に治療は修了し、歯に蓋をしたら~口の中も苦味も臭いも残らずヤレヤレ。

「ちょっと臭かったね!」というDr.に、「ちょっとや無かった!めちゃくちゃ臭かった!」と食って掛かった私。

会計を済ます頃、若干頭がボーッとなり、重苦しい感じがしてきて、「なんか変な怪しい感じがするけど、外の空気吸って休んだら良いかも!」と帰ることに。

◇ ◇ ◇

歯医者さんから駐車場まで、なんかふらふらして真っ直ぐ歩けてない感じ。
気分は、そんなに悪くないけど、念のため携帯酸素を吸っておく。
タチオン錠もオーリングしてみたら、6錠必要とのことで直ぐに飲む。

ちょっと瞼が重いけれど、前は見える、目も動いて左右のミラーも確認できるので出発!

ゆっくりめで走らせてたら、顎の力が抜けてきて・・・おかしいな!?

今日は、帰ったら~ゆっくり寝よう!歯医者さんが終わるまで、様子を見よう!なんて思いながら運転。

そうこうしてるうちに、身体全体が怠くて痺れてくるような感じになり、顎はますます力が入らなくなって・・・これじゃあご飯も食べられないよ!

歯医者さんに引き返そう!

お昼休み直前だったけど、ふらふらしてトボトボしか歩けない私を見て、直ぐに詰めた薬を外し、丁寧に洗い出してくれました。

歯に薬が入っていた時間は、30分も無かったと思います。

刺激臭を吸い込んだ曝露なら、直ぐに酸素も入れたし、徐々に回復することが多いのに、汚染空気から離れたにも関わらず、症状が悪化するのは、歯に詰めた薬が吸収され全身を巡り始めたからと考えました。

◇ ◇ ◇

処置の後は、ふらふらだったこともあり、20~30分ほど椅子に横たわって休み様子をみることに。

徐々に顎に力が入るようになりました。
重かった瞼も、意識しなくても開けていられるようになりました。
身体の怠さや痺れた感じは、スッとは抜けてくれない感じです。

休んでいる間に、時折心臓の辺りがシクシク痛むことが数回あり、心配しましたが・・・酷くなるようでもなく。

回復してきたら、窓も開けてくれてますが、歯医者さんの薬品や香料臭の空気から逃れたくなりました。

穴ぼこの開いた歯に蓋をしてもらって、ゆっくり帰るからと、立ち上がり歩き始めたら・・・

ああ、良くなったね!と別の患者さんを見てた歯科衛生士さんの声。

私としては、まだ怠さが残っていたけれど、具合いが悪くなって引き返してきた時と比べ、歩き方も回復したようです。

◇ ◇ ◇

早めに外す判断が出来て良かったです。
次の予約日まで薬を入れてたら、もっと酷いことになっていたかもしれません。

Dr.は、一過性のもので済むように思われているようでしたので、歯科治療で悪化する人も多いことも伝えました。

これまで使えてた薬は使って良いと言ったのは私です。
今回の体調悪化に関してDr.を責めるつもりは全く無く、私の申し出に直ぐに応じて外してもらえて感謝しています。

私の曝露症状を見てもらえたし、私が反応する薬剤の1つがハッキリ分かったし。
人体実験など、したく無かったのですが、個人差がある化学物質過敏症(CS)は、原因物質の確定は自分で示すしかないので、ある程度は仕方ないのでしょうね。

私自身だって、以前は使えていたのですから。

歯科以外でも、マンドリン練習で曝露を重ねていることや、引っ越し作業で疲れていることも、身体の反応を大きくさせてしまったのかもしれません。

この点についても、次回Dr.に伝えようと思います。

◇ ◇ ◇

その後、徐々に回復できて、転地先の家に向かう準備、曝露時に着ていた衣類の洗濯、パン焼きも・・・

一段落したり夕方、ふと力が抜けて、横たわると同時に寝落ち。
軽めの曝露爆睡状態に!
身体も頑張って、リセットに努めているようです。

CSとの付き合いも長くなり、徐々に痺れていく身体を感じながらも、割と冷静に思考できて良かったです。

しかし、微妙な症状を、たぶん体験したことが無いDr.や回りの方に伝えるのは難しいですね。


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-03-21 18:36 | 医療・治療 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風