化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

手拭い、ガーゼ、着古したTシャツ・・・肌が過敏な時

2週間以上前のことですが、湿疹で目も開けられないほど顔が腫れてしまった時。

顔全体だけでなく、首、胸、お腹、両腕から指の先まで、湿疹は広がり・・・それは痒くて痛くて大変でした。

湿疹が少なく済んだ足も、身体全体が敏感になってしまい、ピリピリして、着られる服が無くて困りました。

◇ ◇ ◇

汗を拭くのに柔らかそうなタオルを使っても、細かいループの1つ1つがトゲのようにチクチク刺さるようで痛かったです。

そう、寝るにもタオルケットが痛いし、タオル地の枕カバーも、真っ赤に腫れた顔には、ヤスリを当ててるようで痛かったです。

木綿のカバーに替えても落ち着かず、着古したTシャツを被せたら、顔にも優しくて楽でした。
c0330749_10510760.jpg

衣類は、もちろん綿100%ですけど、比較的新しい服は全滅で、最近はあまり着なくなっていた、ヨレヨレでゴムも伸びたズボンに、ヨレヨレのタンクトップしか着られなくなりました。

出来れば、何も着たくない気分でしたけど、そうもいかず。。。

鍼治療に出掛ける時は、タンクトップでは日光に曝されて痛いので、10年近く着ていて、もう処分しようかと思ってた薄手の長袖シャツが、腕や首に触って痛いけど、何とか着られました。

こんな時、オーガニックコットンが優しく感じたけれど、あまり枚数が無くて、洗濯も大忙しでした。

ついに洗濯が間に合わず、ちょっとゴムがきついズボンを履いたら、お腹に湿疹が広がってガッカリでした。

そのうち、タオルより手拭いが、肌に優しいことが分かり、ガーゼの服も探し出して着たりしました。

そう、夜寝る時は、ふんどしに!
どんなに弛くてもゴムより、紐が楽でした。

◇ ◇ ◇

化学物質過敏症(CS)になると、化学繊維のものが着られなくなったりするのですが。

CS初心者の方で、悪い方に意識が向いてしまって、もう2度と着られない!と悲嘆に暮れる方もいらっしゃるようですけど。

私の場合は、敏感な時もあれば、じわりじわり鈍感になる時もあり、行ったり来たりを繰り返しています。

こんなに敏感になったのは久しぶりです。

でも、湿疹も終息に向かっている今は、何故この柔らかいタオルが、あんなに痛かったのか?不思議な位、平気になってます。

しかし、物を減らそうと断捨離に向いたいのに、着古したボロ服は捨てられなくなりました。


クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-08-07 21:52 | 体調記録日記 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風