化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

眼科受診記録・・・眼の中を光が走る

土曜の夜(8/26)のこと。
暗い部屋を通ってたらピカッピカッ。
車が通過して、部屋が一瞬明るくなったのかな!?

また、ピカッピカッ。
そんなに車走ってないよね。

薄暗い部屋で立ち止まって、部屋をぐるぐる見回してたら、どうも~光っているのは自分の眼のようです。

◇ ◇ ◇

翌朝は、明るいからか、光も気にならず。
いつものように畑に出かけてのんびり作業。
だいぶ経ってから、何か頭が重苦しいし、ちょっと気分も悪くなって。
ほんとに大したことないけど、何か前日の光のことも気になるから、畑も切り上げて帰宅することに。

車を走らせてたら、昨夜光った辺りに黒いギザギザしたものが見えました。

これって視野狭窄!?

帰宅後は、血圧計ってみたりするけど異常なし。
でも、頭は重苦しく、あっちが重かったり、こっちが重かったり。
眼も押さえられてるような圧迫感。

動くと動悸がして胸苦しい。
文章にすると深刻な感じですが、これらは~とっても些細な症状。
大したことないけど気になります。

ネットで調べたら、老化現象でもあり、失明の危険がある病気の前触れかも・・・。

気分も悪いので、ずっとゴロゴロ安静に過ごしました。

気に病む位なら検査に行こう!
眼科を受診することにしました。

化学物質過敏症(CS)外来の紹介で、何度か受診している眼科です。

電子カルテで情報の共有もしてもらえます。

しかし、大きい病院で、予約なしなので、長時間待つこと覚悟の上の受診です。

◇ ◇ ◇

検査するなら帰りの運転が難しいので、夫に送迎を頼みました。

薄手活性炭マスク着用で病院内へ!

8:20=1階受付
香料臭の人とすれ違い、防毒マスクに変更
ご意見箱の用紙を取って、香料臭のお願いを書いてみよう!

8:30=2階受付 症状を伝える

9:30=眼圧、視力検査・・・異常なし

10:00=診察・・・見たところ異常なし
飛蚊症(ひぶんしょう) とのこと
小さな冊子に添って、とても丁寧に説明してもらいました。
c0330749_17180591.jpg

加齢によるものが多く心配ないが、他の病気の可能性もあるので、瞳孔を開く目薬をさしての検査をお願いする。

化学物質過敏症(CS)の為、目薬が合わない場合もあるので、症状のある右目のみに。

《瞳孔を開く点眼》
眼に違和感なし
直後に喉が締め付けられる感じ
喉の奥が苦い
その後、食道に違和感があり、少しヒリヒリ。
持ってきた番茶を飲むと楽になる。

薬が効くまで、30~40分待つ
病院内なので、すごく眩しい感じは無く、目の前がぼやけていきました。

11:00=診察・・・硝子体(しょうしたい)は少し濁っている、網膜は異常なし
網膜が引っ張られた時に光が走ったりするそうで、今回の検査では異常が無く、加齢によるもので心配ないけれど、飛蚊症の症状が酷くなるようなら受診するように!

ピカッピカッは、けっこう長く続く人もいるそうで、これらお付き合いするん症状になりそうです。

病気ではないって言われてもね。。。
でも、薬剤による治療も生活の規制もないってCSとしてはヤレヤレということでした。

◇ ◇ ◇

長時間なので、診察時以外は、ずっと防毒マスクで過ごしました。

眼科のスタッフは、CSを伝えてありますし、何度も防毒マスクを見ているけれど、待合い室ではジロジロ視線を浴びて過ごしました。

待ってる間も、お茶を飲んだり、携帯酸素を吸ったり、なるべく人と接近しないよう、患者さんが増えてきたら席を移動しながら待ちました。

会計も済ませて、やっと外に出て・・・夫の運転する車(私の車)が迎えに来るまで、排気ガス混じりでも外の空気がマシ!とマスクを外してたら、患者さんが通り・・・臭っ!!!
慌ててマスク。

防毒マスクでは気にならずに居られたけど、マスク外したらリアルな香料臭。
う~ん!皆、臭いが違うゾ!

避けて避けて、日頃は臭いの少ない人としかお近づきになってないから、巷の香料臭がバラエティーに飛んでるって、今頃実感した次第です。

晴れてたら、瞳孔を開いてなくても眩しい私。
ちょうど曇ってて、それほど辛く無かったです。
薄いサングラスで待ちました。

◇ ◇ ◇

病院内では息苦しいものの、防毒マスクでは防げない眼も痛かったけど、大きく体調を崩すことなく受診できました。

でも、まだ気が張っているから症状を自覚していないのかもしれません。

ただ・・・疲れました。。。

クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-08-28 16:18 | 医療・治療 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風