化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

吊り戸棚に入れる棚・私の合板の指針

リフォームしたキッチンの吊り戸棚には、棚がありませんでした。

化学物質過敏症(CS)の私は、合板から出る揮発物質により、大変体調が悪化するので、合板を使っていた棚板は外してしまって無かったのです。

奥行き20cm弱というサイズが、なかなか無くて、私が入れるお店は少ないし、入れてもゆっくりじっくり探していたら腹痛やら何やら~とんでもないことになってしまいます。

スマホの画面で検索を続け、老眼で見え難い目で、何度も確認して決めた品。
確認してても、ほんとに入るのか?入れるまで心配でした。
注文ミスも多くて困ります。

c0330749_20491561.jpg

スチール製のもの。
奥行きピッタリ、入ってくれました。
巾は伸縮できるのですが・・・横巾は足りません。
でも、なかなかしっかりしてて気に入りました。

結局、天井近くに重い食器を入れることは諦めて、乾物など食品の保管に使おうと思い、入れてみました。
c0330749_20491638.jpg

無駄に空いてた上部にも、物を入れることが出来て、収納量が増えました。

下の段用に、もう1つ買おうかな!?

2017.8.13.キッチンの吊り戸棚・・・試行錯誤の繰り返し
http://kaze2.exblog.jp/26886600/

◇ ◇ ◇

リフォームが終わって半年以上、というか1年も近くなってきました。

体調が整わず、キッチンに居ると相変わらず気分が悪い私です。

毎日、キッチンに入るようにはしています。

料理は、タイマー等を駆使して、キッチンに居る時間が短くて済む用工夫しています。

吸気扇と排気用のレンジフードは、24時間動かし続けています。

涼しくなったら、自分でもう少し対策ができるかな!?

◇ ◇ ◇

合板は苦手と言いながら、キッチンの隣の玄関は、合板だらけです。

我家には、私は直接使わなくても合板の家具もあります。

合板にも、ある程度耐えられるものと、どうにも耐えられないものがあります。

それを、事細かく説明するのは難しく、工務店さんも戸惑われたかもしれません。

一番耐えられないのが、キッチン用の家具の合板です。
防虫防カビ処理が徹底しているのか?朽ちて壊れたキッチンでも苦しいです。

建材としては、自宅が建てられた40年以上前の押し入れ等に使われている合板(ベニヤ板)は、今も臭くて苦しいです。
35年ほど前の最初のリフォームに使われた合板は、少しはマシな感じです。

たぶん、使われた接着剤や防虫材等の影響と思われます。

これは、私の基準であって、国の指針値が守られていても、私の身体が拒否し嫌がるものは排除して暮らすしかありません。

私以外の人には、分かり難いことと思います。
私も、具体的な薬剤名等を示すことが出来たら良いと思うものの、次々と新商品が現れるので、結局体感に頼るしかありません。

クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-09-03 20:03 | キッチンリフォーム2016 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風