化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:住環境(家・転地先)( 48 )

お話したいことは山のようにあるのに、私の頭の中はでんぐり返ってまとまらず。

でも、家主さんとお話しないと前に進めないので、お時間を頂いて~私が入れるお店で、ゆっくりお話できました。

◇ ◇ ◇

6年もお借りした転地先の家のこと。
お借り出来るようになった経緯とか、思い出なども話しながら・・・

私が出た後、家をどうするか?
家を売る!空き家バンクに登録!も考えたりしたけど、暫くはそのままにしておくとのこと。

私が持ち込んだ荷物は出すけれど、給湯器など残していくものもあり、エアコンは外してしまうとか、家の具合の悪い所など、放置するかどうか?・・・もう少し先に転地先に来てもらって決めることに。

ガスと電気は、止めるのか?契約者の変更をするのか?
ガスは止めるけれど、電気を止めると井戸のポンプが動かせなくなるので水が使えなくて不便かも。
水は、家の裏にあるお墓参りの時にしか使わないのに・・・と保留。

◇ ◇ ◇

そして、悩みに悩んでの相談。

引っ越した後も、遠い遠い治療の帰り道に立ち寄り、お菓子作りの友達の作業場を手伝った後、マンドリンクラブの練習にも参加したいという、私の楽しみであり、お世話になってきた方々との関係も繋げたいという私の希望を伝え・・・

そのミッションを遂行するのに、あの家を休憩場所として使わせていただけないか!?とお願いしました。

優しい家主さんのこと。
OKしてもらえるのは分かっていたけれど、タダというのも心苦しく、家賃を払い続けるのも辛い。

また、化学物質過敏症(CS)という環境に影響を受け体調が激変する身で、何もかも欲張ったミッションを遂行する体力があるのか?私自身も不安です。

私のワガママな案。
電気代は支払うので、休憩場所として週に一度程度、使わせてもらいたい!
農薬散布の時期は難しいかもしれないので、とりあえず4~6月の間。

もちろん快諾。
ただ電話で交渉するのではなく、家主さんの意向を確かめてから、私の思いも聞いてもらいお願いしたかったので、お話できてホッとしました。

◇ ◇ ◇

家の細かなことは、後日~私の頭も落ち着いてから書面に残してお渡ししようと思います。

私の友達のご親戚、私の古くからのマンドリン友達の親しいお友達であったという偶然も重なり、お借りすることができた家でした。

おまけにお家は~私の家族の家(自宅)の近くなので、これからもお付き会いできそうな、お付き会いしたい家主さんなのです。

家の修理も、好きなようにしてくださいと言って下さり、ほんとに助かりました。
もちろん、その都度お伝えしてからにしました。

この家のお陰で、ずいぶん元気になれたことを感謝し、何度もお礼を申し上げた次第です。

映画「いのちの林檎」のように、山奥でテント暮らしも考えて準備していた時期もありました。

今は、寒いだのカビが出るとかブツクサ贅沢なことを言ってますけど、家主さんにも6年暮らした古民家にも感謝です。

そして、支えてくれた友達他、多くの方々に感謝です。

◇ ◇ ◇

4月の私も参加するマンドリンの演奏会のチケットを、家主さんにお渡ししました。
以前、弾かれたこともあるとか。
聴きに来てくださるそうです♪

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村

[PR]
by 2kaze | 2017-03-21 05:50 | 住環境(家・転地先) | Comments(0)
確か2010年の今頃、転地3軒目のこの家にやって来ました。

私は、化学物質過敏症(CS)。
症状が重く多岐にわたり、どうにも家で暮らせなくなりました。

それでも、なかなか家は見付からず、一か八かギリギリの妥協の上暮らし始めた家は、決して化学物質過敏症(CS)にとって理想的な家ではありませんでした。

1軒目は自宅よりはマシな所で、2軒目は1軒目よりマシな所、3軒目は2軒目よりマシ・・・という感じで移り住みました。

3軒目の今の家は、日当たりも良く、広くて畑もあって好条件だったのですが、近くに田んぼが広がっている所でした。

農薬散布がある事も承知の上、空気清浄機を購入し、引っ越しました。

それぞれの家で、経験や工夫を重ねて最低限の暮らしを確保してきたように思います。

その中の1つが封止作業でした。

体調悪化に繋がるものからの空気の遮断(封止)、冷暖房の効果もありますが、私の場合は農薬の空気汚染対策でもありました。

◇ ◇ ◇

すき間風(外気=農薬、PM2.5、香料臭・・・)を防ぐために!

昨日は、冷蔵庫の掃除に続き、封止に使用してきたポリ袋や養生シート、プチプチの断熱シートの撤去作業をしました。

よくもこんなに!と嫌になりました(笑)

家主さんの荷物が残っている奥の部屋の作りつけの物入れと小さなタンスは、何やら湿布薬の臭いが出てくるので、ポリ袋で封止してありました。
c0330749_06575300.jpg

外すと・・・元気に湿布薬の臭いが復活!(笑)
大きなポリ袋を切り開いてマスキングテープでガッチリ止めただけ。
完璧ではなくてもマシになるかと封止したもの。

外してみて、効果も実感できました。

◇ ◇ ◇

怪しいものは封止してみては!?とCS仲間にも伝えるのですが、なかなか実行しない方が多いですけど。
見栄えは良くないし、ポリ袋も面積が広くなるとポリ袋による曝露症状が出るし、ポリ袋だって臭いは通してしまうし。

そのままの状態の空気と、ポリ袋を貼った後の空気と、数日後のポリ袋からの初期の揮発物質が抜けた後の空気を体感できるのは、自分の身体しかありません。

大変な作業は、手伝ってもらえるなら手伝ってもらいながら、一瞬でも甲乙判定の為の空気チェックは必要です。

ポリ袋の臭いが嫌でも、封止したい臭いとどちらがマシなのか!?チェックして自分で判断し、決められない場合は、また封止を外せば効果のある無しも体感できると・・・私は思っています。

◇ ◇ ◇

障子や襖も養生シートや断熱も兼ねてプチプチシートでくるんでありました。
c0330749_06575451.jpg

ここは寝る部屋ではないし、かなり傷んだ雨戸の横から外が見える状態だったので、障子の両面に貼ってあります。
そして、片側は柱とのすき間も、上下のすき間も、マスキングテープできっちり止めてありました。
もう片側は、換気の為に開けられるように障子のみ。

これも、外してみたら外が見えて・・・ポリ袋さん守ってくれてありがとう!と感謝。

◇ ◇ ◇

古民家の畳の下は、断熱材も無く板を渡してあるだけです。
畳のすき間からは地面が見えます。
寝室は、工事をして床下補強し、アルミシートを貼ってもらい、床下からの換気は無くしてありますが、全部屋はできてません。

薄手のコタツの下の断熱用とか、レジャーシートとして売られているアルミシート(3畳サイズ)を敷き詰めて、端はマスキングテープで止めてありました。

マスキングテープも短期間なら、直ぐに綺麗に剥がせるのに、ものぐさな私は貼りっぱなしで、なかなか剥がせず苦労です。

これだけやっても、古民家は~天井からも風が入るので、PM2.5の驚異も増してきて、古民家暮らしを諦めて家族の家に私用の部屋を増築し、周辺が香料臭だらけの自宅に戻ることにした次第です。

◇ ◇ ◇

寝室の障子や襖をくるんでいる養生シートは残し、一番外側の封止を外し、台所の作りつけの棚など・・・あちこち建具もマスキングテープで止まってるし・・・画鋲も何十個~数えてきれないほど外しながら。

貼る時も大変だったなぁと思いつつ、外しながら空気の変化を体感し、最初はこんな空気の中で暮らしてたんだ!封止して良かった!と思いました。

ああ~!
寝室の襖と障子は10枚もある。
まだ、奥の押し入れは外せてない。
c0330749_06575777.jpg

全部外したら、泊まれないかも!?
来週は、エアコンも無くなるし。

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村

[PR]
by 2kaze | 2017-03-17 06:48 | 住環境(家・転地先) | Comments(0)
転地生活から~また家族の家に戻ろうと、私仕様で増築した6畳のマイルーム。

決して完璧でも快適でもありませんが、他の部屋には怪しい空気があるので、一番楽に過ごせる場所であり、唯一自由に出来る所です。

日用品など些細な物から発生する揮発物質にも、身体は反応して体調が悪化する化学物質過敏症(CS)の私。

厳選して洗って干してを繰り返し、私が着られる衣類でも、量が増えると揮発物質も増えて苦しくなるのです。

マイルームには何も置かない方が良いけれど、衣類を隣の部屋に置くと、私の身体が嫌がる空気に汚染され、着られなくなるのです。

荷物置き場として、部屋のすぐ前(外)に倉庫も買って据付けたけど・・・身近にあった方が暮らし易いよね。

衣類や日用品との同居。
初心に還って工夫が必要です!

◇ ◇ ◇

友達にもらった、転地先でも衣類整理に使ってきた籠。
スチールラックに乗せて使ってたけど、ベッド下に置くことに!
c0330749_04470604.jpg

でも、引き出しのように出し入れすると、柔らかい材のシンゴンが削れてしまうかも。
裏側けっこう尖ってたり。
c0330749_04470785.jpg

カーテン等に使ってきた綿の布で被ってみる。
布巾2つ折りにしたらちょうど良く、二重にしてチクチク糸を渡して底に縫い付ける。
c0330749_04470826.jpg

しかし、頭の下って・・・距離も近いよね。
発症当時やってたように、布を被せてみることに!
c0330749_04470932.jpg

下着などの細かい物を詰めても布を被せたら、隠せるし、揮発物質がどの程度防げるかは疑問でも、無いよりマシかとやってみる♪

でも、ものぐさな私。
布は、ぐちゃぐちゃにしてしまいそう!
1辺を籠に縫い付けようかなぁ~

籠は、もう1つあるのに、ここで集中力が切れて作業はストップ(笑)
要領が分かってるうちに、再度エンジンかけなくちゃ!

◇ ◇ ◇

ハンガーに掛けた服も、何とかしたいよね。
(棚の上の箱もだけど)
c0330749_04471161.jpg

アイロンは、熱と共に怪しい空気になるので使えない私。
箱に収納するとシワくちゃになるから、ハンガーにかけてるけど・・・スチールラックも籠2つ分空いたから箱に入れようか!
もう少し倉庫に移そうか!

でも、見えない所に置くと、すっかり忘れてしまうかも。

着て汚れるというより、出かける度に香料とかに汚染されて着替えるから、枚数も必要なんです。
着替える服が足りないと焦ってしまいパニックになりそうです。

◇ ◇ ◇

まだまだ引っ越し作業中。
転地先から荷物がやってくる!

いろんな人(物)との同居は、工夫が必要です!

追伸 : 2度も記事をうっかり削除してしまいました。
3度目の正直(笑)
2度の文章が気に入ってるけど、思い出せなくて・・・。。。


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-01-24 04:50 | 住環境(家・転地先) | Comments(0)
転地先の家と家族の家。
往復しながらの生活も10年近い化学物質過敏症(CS)の私。

はるばる家族の家にたどり着いても、10分も居られず・・・とんぼ返りの時期が長かった。

私用の個室を増築して、家族の家で過ごせるようになり、転地先の家に居る時間が短くなってます。

数日前に転地先に戻った時は室温7度。
友達には、そりゃぁ冷蔵庫の温度やね!と言われました。

真冬に古民家が7度というのは仕方ないとして、1室閉めきって、エアコンを20度設定し電器ストーブを併用して・・・2時間経っても14度止まりって。。。
ジャンバー脱いだら冷やいです!

床も柱も天井も、芯から冷えきっているような。
人が居ないと冷えるのか!?

2日経って、やっと部屋も温もったように思うけど、また家族の家に向かいます。

こんな寒いところで暮らしてきたんですね。
体調が悪かった頃は、真冬でも窓開けて寝たよね。
そうそう、寝る時も帽子マフラー必需品。
日中も家の中で、ブカブカ~ズボンの重ね履き、羽毛ジャンバーで炊事して、袖に火がついたこともありました。

そうしないと、息ができなかったから、当時はちっとも辛くなかったよ。

でも、もう、私には、サバイバルな根性ないような。

寒い冬だから、荷物の片付けも出来るのです!
これでも、一年で一番体調が良い時期だから引っ越し作業が出来るのです!
防毒マスク無しで過ごせる今のうちに!

どうか、PM2.5が来ませんように!

◇ ◇ ◇

PS : 数日前から、ピリピリと外の空気に違和感があります。
これは、杉花粉かもしれません。
こんなに寒いのに、ほんのり杉も赤くなってきています。

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村

[PR]
by 2kaze | 2017-01-13 04:55 | 住環境(家・転地先) | Comments(0)
早朝、トイレに向かったら・・・土間に置いたゴミが、派手に荒らされていた。

今朝、ゴミ出しするために指定ゴミ袋にまとめ置いてあったもの。
ポリ袋が裂けただけとは思えない散らかりよう。

昨日、昨年夏のネズミさんを片付けたというのに。。。

ネズミにしては、派手な感じ。
いろいろ獣とも付き合ってきたけれど、こんなパターンは、6年余りここに暮らしてきて初めてです。

不要品とかが多くて、生ゴミは直接畑行きなので、目ぼしいものは入ってなかったと思うけど。

私、誰と暮らしてるのか?(笑)
めちゃくちゃ忙しいのに、用事を増やさないで欲しいな!

深々と冷え込んだ、まだ暗い早朝。
明るくなってから、服も着替えてから片付けましょう!

ここでの暮らしも後少し。

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-01-13 04:32 | 住環境(家・転地先) | Comments(0)
引っ越しするべく、順に荷物を運んでいるところ。
今日も、転地先から母の病院に向かうので、ついでに荷物も乗せて行く。

いろいろ考えるのは止めて、手当たり次第に運べそうな物を積み込んでは走ってます。

◇ ◇ ◇

奥の部屋の押し入れ付近・・・故障した時に送るために置いてある空気清浄機やらの空箱とか、いろいろ引っ張り出してたら、埃にしては大きい妙な物を発見。

ネズミさんのミイラ!!!
もう、すっかり忘れてたのに。。。
見たくなかったのに。

毒餌を置いたのは私です。
ごめんなさい。

ずいぶん小さいネズミさんでした。
奥の部屋には、毒餌を置いてないのに。

片付けてたら家中、どこもかしこもネズミの糞があって・・・このネズミさん1匹の仕業とは思えませんが、障子や襖を閉めてあっても、自由に行き回っていたと思われます。

確かに、夏場に死臭がすごかった頃から、ネズミの糞は減ったけど、ゼロになった訳ではなく、新しくかじられた物もありました。

まだ、何処かにいると思います。
(寒くなってから、新しい糞は見かけませんけど)
私が引っ越した後、自由にのびのび繁殖するのでしょうか!?

◇ ◇ ◇

2016.9.27.
『ネズミは死んだのか?・・・臭いがすごかったけど』
http://kaze2.exblog.jp/26009249/

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村

[PR]
by 2kaze | 2017-01-12 17:38 | 住環境(家・転地先) | Comments(0)
環境病である化学物質過敏症(CS)。
近所の環境を整えることは、個人の努力では不可能です。

身体を守るシェルターとなる家は、何よりも重要です。
家具や日用品類、そして家族の暮らし方までもCS患者に合わせてもらわないと生活が成り立ちません。

家族が、とても協力的だというのに、私は10年前の2007年に自宅での暮らしが成り立たず、家出同然で転地生活に踏み切りました。
もう、戻れることは無いと・・・。

熟慮を重ね、転地先も環境の変化で住み難くなってきたこともあり、元自宅に戻る決心をしました。

私の体調が良くなったとはいえ、そのままでは~やはり住める家ではなく、リフォームが必要でした。

◇ ◇ ◇

CS患者にとって、理想の家など何処にもありません。
自分オリジナルの砦は、自分で工夫しながら作り
上げるしかありません。
(工事でなくても、日々の暮らし方は重要です)

例えこだわって建てた家であっても、新しい建材はサンプルがOKであっても、面積が広くなると身体は反応してしまうことが多いです。

中古住宅は、出来上がった家なので、家自体の変化は少なく(換気等で改善できるものもある)、家丸ごとチェックして決めることができますが。
先住の方の残り香があったり、朽ちて補修が必要であったりと、全てがOKというものはありません。
家探しは、ほんとに苦労します。

また、患者自身も特に発症初期の数年は、体調が安定せず、反応物質が次々増えたり、本人が反応物質を把握しきれていない場合が多く、工事は更に慎重に進める必要があると、私は思っています。
(発症初期こそ、クリーンな環境が求められるのに・・・)

更に、私の体感で・・・CS自身の体調も変化するので、日々感じ方は変化し、工事前と1週間経った今でも微妙に変化しています。
数年を振り返ると、かなり違っています。

何処に基準を持っていくか!?
なかなか難しいです。

「大丈夫ですか?」と聞かれても、今は大丈夫とか、倒れはしないとか、あやふやなことしか言えません。

そして、更に更に・・・
CSさんは個人差が大きく、10人10色、100人100様で、反応物質も感じ方や症状も、皆違っています。

数日前に工務店さんに話したことでした。
私は、患者会にも加わっていて、相談も受けるけど、何が大丈夫か?という質問には答えられないと。

私はこれが使えた、これはダメだったとしか言えません。

患者さん自身が決めるしかないと思いますと。

しかし、CS患者さんの経験談は、とても参考になります。

膨大な材料を、全てチェックすることは至難の技。

一般の方が平気でも、CSさんから危険な物質の提示があれば、より注意深く吟味することができます。

CSさんが使えた材料なら、自分も使えるかもしれないと、絞り込んだ中から選ぶこともできます。

◇ ◇ ◇

住みながらのリフォーム工事は、化学物質過敏症(CS)でなくても危険です。

これまでも繰り返してきた工事は、窓を開けて過ごせる春や秋に行ってきました。
(夏は、農薬散布があるので開けられない)

今回も10月に行う予定でした。
決して工務店さんの都合だけでなく、諸々の我が家の事情もあって、寒さ厳しい12月になってしまいました。
春まで延期も難しく。。。

体調に気を付け、寒くても換気に気を付け、空気清浄機や活性炭マスクなどの予防に気を付けて工事を見守っています。

これまで、私は工事確認は家族に任せ、転地先の工事は工務店さんに任せ、日中は全て外出して現場から離れていました。

しかし、キッチンの諸々は、私が決めることが多くて・・・今回は、私も家族の家で工事中も過ごしながら、工事もチェックしています。

協力的な夫も、これまでの工事によるストレスもあってか、今回はノータッチでいたいと言ってましたし・・・
(実際は、すごく関わって協力してくれてます)

私自身、これまでの工事で、自分で確認できないことがあり、工事内容を詳しく知っておきたいという思いもあり、住みながらの工事となりました。

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2016-12-16 03:59 | 住環境(家・転地先) | Comments(0)
何人もの患者さんが、今も家を探し放浪されています。

最初からベストを求めるとハードルが高く、探すストレスで体調が悪化する恐れもあります。

私の最初の転地先では、真冬も窓を開けて、ズボンも重ね、ジャンバーも重ねて暮らしました。
テントより、ずっと快適でした。

理想は、落ち着いてから目指せば、階段は1つずつ上がれば、向かって行けると思います。

個人差があり、性格的なこともあり、私の経験を当てはめるのは無理だと思いますが、とにかく生き抜いて欲しいと願っています。

◇ ◇ ◇

CSさんの家を建てられた設計士さんのブログをシェアさせていただきます。

野の草設計室
http://aastudio.jugem.jp/?eid=262

ご支援いただき、深く感謝しています。

まだまだ多くの方の理解や支援が必要です。
よろしくお願い致します。

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2016-11-07 17:47 | 住環境(家・転地先) | Comments(0)
ネズミが出没し・・・困って・・・毒餌を置いたのは私です。

以前から、土間ではネズミが出没していたけれど。

今年の8月。
農薬散布から逃れる為に、10日ほど家を空けてたら、寝室兼居間はネズミの糞だらけになっていて、後でいろいろチェックしたら、タオル置き場、衣類を入れた籠、奥の部屋も・・・あらゆるところに糞がありました。

一応、備蓄してたお芋、土間に干してた麦の穂や野菜の種を食べられたものの、私の食糧をあさった形跡は無く、主にプラスチック類(調味料のキャップや密閉容器、ポリ袋)をガリガリ噛んで~楽しんでる(?)ような感じ。
噛じりカスは散らかってて、食べてはいないみたい。

2016.8.6. 油が好き?プラスチックが好き?・・・ネズミさん
http://kaze2.exblog.jp/25875618/?_ga=1.226658077.1085244916.1432034056

私が戻っても、数日おきに糞があり、何処からか入室しているようでした。

◇ ◇ ◇

ネズミホイホイも、ネズミ取り器も気が進まず。

毒餌を置いてみることに!
袋に入ってた毒餌を、袋ごと置くように説明書には書いてあり、出没確認(糞)したところ8ヵ所に置いてみた。
でも、毒餌の近くに糞があるのに食べた形跡が無く・・・2ヵ所の毒餌の袋を破って、少し中の毒餌を出した状態で置いてみた。

袋から出てた毒餌が少し減った。
でも、また新しい糞発見。

また、少し毒餌が減って・・・数日後(9/23)
奥の部屋に異様な空気。

臭い!!!
この臭いは、死臭。

数年前、庭の松の木の近くで臭って、ずっとずっと何の臭いか分からずにいて、そのうち臭わなくなったけれど、草刈りをしたら鳥の骨を発見。
草むらで死んで、土に返った後でした。

その時と同じ臭いです。
体調悪化は無いけど、恐ろしく臭い!

奥の部屋は、まるで泥棒が入ったかのように、荷物が散乱していて、恐る恐る荷物を点検したり、移動させたり、臭い過敏の鼻でクンクンするけれど、屍は見つからない。

寝室は臭くない!

そうか、床下かもしれません。
寝室の床下は、アルミシートを貼ったので、床下からの空気の進入はありません。
奥の部屋までは、アルミシートの工事をしてないから、床下の臭いは上がってきてるかも・・・
何だか?だけど、そういうことにしよう!

◇ ◇ ◇

私の考察が正しいかどうか?分からないけど、今回の3日の外泊(家族の家泊)の間、戸を開け放しておきたかったけれど、大雨の日もあるし、奥の部屋の空気が少しは出てくれるよう、雨戸は閉めて家の中の障子は開けて出かけた。

そして、今日~転地先のネズミ舘に帰宅。
嫌だな~あの臭い!と思いつつ入室。
クンクンすると臭うけど、気にならない程度でひと安心。
まだ、全室チェックは出来てないけど、新しい糞は見当たらない。

さて、ネズミは死んだのでしょうか?

長々と読んでいただき、ありがとうございます。

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2016-09-27 18:18 | 住環境(家・転地先) | Comments(2)
毎日、毎日、雨が降り・・・畑作業は、お預けです。

昨日は、降り止みに草ひきしました。
少し前に・・・「住んでいらっしゃるんですか?」と聞かれたのが、ちょっとショックでしたから。

畑優先で、作物の無い所は後回し。
とはいえ・・・裏山ではなく、我が家に向かうメインストリートが、これではね(笑)
c0330749_02473718.jpg

白いポストは見えるけど、ちょっとヒドイかも!

しっとり濡れた土。
枯れかけたエノコログサ(ネコジャラシ)も、スポッと軽く引き抜けて、比較的涼しくて、草むらでも~ここはハミも居なくて♪

無心になって草ひき、久しぶり♪
土に触れられて気持ち良かった!
c0330749_02473987.jpg

まだ、奥の方は手付かずでも、かなりスッキリしました。
シャクヤクも、葉が枯れてきたので地上10cm位で刈って、刈った葉は被せておきました。
茎を残しておくと、シャクヤクの在処が分かって、間違って掘り起こしてしまう心配がなくなります。

そんなに広い面積ではないけど、草丈があったので、家の裏まで刈ったくさを何度も運び、くたびれました。
日射しは無くても、結局大汗になり体力消耗。
シャワーの後は、しばらく横たわって・・・。

動く何倍もの休憩が必要です。
もう少し体力が欲しいです。

8月は猛暑で干ばつで・・・
草ひきした所も、土の中はモグラのトンネルだらけ。

8月は、草を除けてしまったら、余計に土が乾いて、生えてる稚木の桜が枯れても困るから、草を残してあったのですけど・・・。
言い訳になるか!?(笑)


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2016-09-15 02:22 | 住環境(家・転地先) | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風