化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:つぶやき( 89 )

いろいろと用を済ませて自宅へ向かう。

明日の「さかわ酒蔵ロード劇場」のお祭りの実行委員にもなって頑張ってる友達の手伝いも少し・・・と寄ったところで、話が見えない(聞こえない)。

あっ!
補聴器、古民家に忘れてきた!

気がついて良かったね♪
自宅まで戻って、また取りに来るなんてことにならずに済みました。。。

しかし、何でこんな大切な必需品まで忘れるのか!?

◇ ◇ ◇

自宅から古民家に向かう前にも、リストを眺めて確認したのに・・・毛布、浄水、食糧、予備の着替え用ズボンなど忘れてきました。
あっ、仕事用のエプロンに三角巾も・・・。

その辺のコンビニとかにある品物が使えない化学物質過敏症(CS)の私。

何やってるのか?

ぼやいてたら、お水位だったら~なんぼでも分けちゃるで!レンタルの浄水器つけたき。
と、友達が言ってくれました。

忘れ物は、日常茶飯事の私。
それにしても、ちょっと回数も品数も多くて。。。

◇ ◇ ◇

その前にも・・・
あれ忘れた、これ忘れたと、自宅の1階と2階を連続往復。

洗濯物が途中で止まるのはいつものことでも、干しかけで忘れたり。

いろいろ家族にも指摘されたけど、何を忘れたのかも忘れた(笑)

仕事中に電話があり、話した後は・・・それまでの作業を忘れて、別の作業を始めてしまい、こっちが先と注意を受ける。

一緒に作業する友達は、私が忘れるのも分かってくれてて、一度に2つ以上の作業指示はありません。
助かります。

しかし、こんな感じで、CSのハンデもあるというのに、初めての地へ母と母の妹を連れて行けるのか!?

その精神的プレッシャーが、脳の歯車を狂わせているように思うけど~やるしかありません。

◇ ◇ ◇

さかわロード劇場
http://sakawa-kankou.jp/road_theater2017.html



1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-11-17 17:18 | つぶやき | Comments(0)
化学物質過敏症(CS)を発症して10年余り。
良いのか悪いのか・・・ポーカーフェイスが身に付いてしまいました。

症状が多彩で、症状が無い時なんてほとんど無いから、あちこち痛いだの気分が悪いだの~いちいち顔に出してたら、顔が歪んでしまいそう!

CS前に高血圧症状が酷く、頭痛の連続だった頃、眉間のシワも深くなってしまったし。。。

シワが嫌というより、ずっとしかめっ面では回りの人も不快でしょう。
毎日、顔を合わす家族のことを思うと更に・・・です。

最近は、症状も減って、24時間どうしようもない辛さということも無いけれど、化学物質過敏症が察知する臭いや自覚症状を、いちいち表情に表してたら忙しくて仕方がない(笑)

とっても大変な状況なら、冷や汗も出るだろうし、顔色も悪くなるだろうけど・・・。

多少の辛さなら、平静を装っているつもりは無いのに、いつの間にかポーカーフェイスが身に付いてしまったようです。

柔軟剤臭があり、とっても臭い方とお会いしても、呼吸は極端に浅く耐えながら・・・ポーカーフェイスのままササッと用事だけは済ませるとか。

ぜん息発作やメマイでどうしようもない時は、速攻で逃げるしかありませんが、許容範囲で状態にもよりますが、数分ならOKとか自分なりの許容範囲の汚染状態なら、いちいち「臭い!」という感覚を顔に表して、私の表情で相手を不快にさせることはないようにしてきたようにも思います。

◇ ◇ ◇

香料臭であったり、建材やワックスによる空気汚染であったり、化学物質過敏症(CS)の側から見れば、様々な攻撃を受けてる状態。

でも、相手の方には何とも無く、気付くことも出来ない空気感です。

臭い攻撃を受けたからと、しかめっ面で「にらみ」返したら・・・。
相手の立場を思うと、いきなり「にらみ」攻撃を受けたということにもなりそうです。

私は、対立を好みません。
喧嘩を売って、やり合う体力があれば、他のことに使いたい(笑)

私の側に、正当な理由があっても・・・きちんと伝える時間が無い場合がほとんどなので、泣き寝入りでもないけれど、仕方がないと思うことが多いです。

◇ ◇ ◇

しかし、ポーカーフェイスでいるばっかりに、症状も無く平気なんだ!と思われる場合も多々あるようで。。。

先日の葬儀の席でも、私の体調は~逃げ出して帰ろうか!?と危機的な状態なのに、耐えてじっと居られたら、大丈夫なんだ!と思われたのかもしれません。

大きな悲しみを背負った親族に、ここの空気は苦しくて大変!CSの症状は・・・!などとうんちくを述べるような場でもない。

もっと違った場では、大丈夫!?と問われたら・・・「大丈夫ではありませんが、これ位なら倒れはしません!」などと、親しい方には、ちょっと皮肉って伝えたりもしてますけど。

CSを伝え、ありのままの私を伝えることは難しい。

多少の辛さもポーカーフェイスで隠せる私。
隠した部分を埋め合わせる為に、こんなblogを続けているのかもしれない。

相手を不快にさせたり、過剰に心配させることがない伝え方を・・・考える日々。



1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-11-10 06:08 | つぶやき | Comments(0)

もの忘れと記憶喪失

少し前のこと・・・
アクシデントがあり、母は一時的に意識不明となりました。
幸い大事には至らず、その後の病院での検査も異常なしで、これまで通りの生活が出来ています。

ただ、意識不明の間はともかく、意識が戻った後の数分間、歩くことも出来て、何人かの人と平常の時と同じく自ら会話をしているのに、記憶が欠落する事態となりました。

ほんの2~3分前のことが、全て消えてしまいました。

実際には、一時的に私と共有した意識があった数時間分も消えたのですが、それは~ゆっくり休んだ後に思い出すことが出来ましたが、意識不明という事態から意識が戻ってからの数分間の記憶は、翌日になってもありません。

◇ ◇ ◇

アクシデントがあったからと考えられるものの、私の中で納得出来なくて反芻中です。

母と私の二人きりになった後、「自分が何をしていたのか?分からなくなった」と、しきりに繰り返すので、意識不明になった時のことかと思い、状況を説明するものの・・・延々と同じ質問を繰り返すのです。

これは、私の話す内容が「記憶出来てないのかもしれない」と思い、運転中だったこともあり、「今は、覚えられないみたいだから、後で紙に書くから!」と伝えると、その言葉は理解できたようで、同じ質問はストップしました。

高齢の母は、もの忘れが酷いと嘆くけれど、私より記憶が確かです。
人の顔や名前を覚えるのは苦手なようですけど・・・。

今回の状態は、もの忘れではなく、記憶喪失と私は思いました。

◇ ◇ ◇

意識が戻り日常会話を続けているのに、ぽっかりと・・・会話の内容も出会った人も、音も映像も全てが消えて無くなりました。

異常と思ったのは、同じ質問を5回も6回も・・・。
これって、認知症の症状!?と思った次第。

もう少し(1時間ほど)経って、質問を繰り返すことも無く、冷静に私の話す内容と、自分の記憶を比較して、どの部分の記憶が無いのか教えてくれました。

◇ ◇ ◇

直前のことが記憶出来てない!と驚いたのですが・・・

私も、似た体験をしていたことを思い出しました。

化学物質過敏症(CS)は、時に記憶が難しくなる症状もあるのですが。

私は、発症に気付く数年前に、記憶出来なくなって、当時は仕事もしていたので、仕事にも大きく影響して困ったことでした。

それは、数分前どころか数秒前のことも、水をざるで受けてるように、どんどん消えていくのでした。

電話注文も、何度も聞き返しても分からなくて・・・。
書き留められなかったら、相手の名前も?
ボールペンが5本と言われて、ボールペンのメモの間に5本の記憶が無くなり聞き返す。
何とか相手の名前だけ確認し、手が離せない用があるからと断って、後で夫に電話してもらったことも。

お店での対面販売でも、領収証の宛名が書けなくて、お客さんに紙に書いてもらって書き写す。
レジの金額を書き写すのも、1桁ずつ。。。

視覚、聴覚を総動員させて、緊張の連続でめちゃくちゃ疲れたこと。

それでも私、日常の会話はしていたし、生活のシーンは繋がっていたように思います。

母のように、実際は何時間も前から居た私が、突然現れた!という状態は無かったけれど。
それは、母が意識不明の状態が間にあったからなのか???

でも、忘れたこと(記憶出来なかったこと)は、母と同じく・・・いくら考えても思い出すことは無かったような。

もの忘れではなく、記憶障害と考えると、自分では納得ですけど、回りの人は自分の記憶とのギャップを埋めるのは難しいでしょうね。

◇ ◇ ◇

世間一般の加齢に伴うもの忘れと、認知症の違いを考える時、記憶喪失も組み合わせて考えた方が理解しやすいのかもしれません。

私が、酷い記憶喪失とまではいかなくても、記憶障害があった状態から、どれ位の間に少しは記憶出来るようになったのかは?ですが、仕事にならない状態よりずっとマシになっています。

記憶障害を改善させる方法はあると思います。
薬を使わずに!

誰か、私を研究してくれないか!?




1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-11-07 02:11 | つぶやき | Comments(0)
2017.11.2.朝日新聞記事・私の視点
小児科医 渡辺一彦 氏

香料による被害
「国は早急に調査・規制して」

c0330749_07342750.jpg


『柔軟剤や化粧品などに含まれる香料で化学物質過敏症(CS)になる例が急増している。当院の外来でも患者が目立ってきた。・・・』


小児科医も実感する事態になっている。

化学物質過敏症(CS)は、衣食住全てにおいて生活の制限がとても多く、人との接触が難しくなる。

中半・・・世捨人のような暮しとなる。

50歳で発症した私は、家族や人と離れて暮らすことも苦では無かったけれど。
人生がこれから!という子どもたちが、孤独に暮さねばならず、やりたいことも出来ない状態になるのは、何としても防がなければ!と思っています。

今現在、香料に関する規制は、全くないと聞いています。

企業秘密の方は、しっかり守られて成分も知ることが出来ない状態。

これまでの様々な公害も、国の規制が後回しとなり多くの犠牲者が出ています。

今、何の症状も無く、平気で使えていても、化学物質過敏症(CS)は~ある日突然発症します。

体調がおかしいと思ってる間に、香料以外のありとあらゆるものに身体が反応する事態に・・・。

売られているものは、確かに法に適合した商品であると思います。
しかし、法は抜け穴だらけで、こんなに多くの人が苦しんでいても、規制が間に合っていません。

自衛するしかありません!

どうか、自分や家族の身を守ってください。



1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-11-05 07:03 | つぶやき | Comments(0)
先日のテレビ番組を見て・・・体臭の悩み、化学臭の苦しみは、人との関係とも複雑に絡み合って、なんともし難い状態にあると、私は改めて思いました。

私個人は、化学物質過敏症(CS)であるから、どうしても譲れない部分もある中、どうしたら糸口を見付けて解していけるのか?途方に暮れながらも、考え行動に移していかなければ!と思いました。

番組で紹介された事柄は、ごく一部のことであり、象徴的にスポットを当てられたものではあるけれど、たくさんの事例から~ある意味、視聴者が興味深く思ってくれるのを狙ったものとも思いつつ、事実には違いないのでしょうね。

◇ ◇ ◇

体臭・・・確かに強い人がいて、ちょっと離れていたい気持ちも分かります。

私も、尿が異様に臭う日もあって、自分の体臭でありながら「クサイ!」とイライラする日もあります。

私は、シャワーを浴びたり着替えたりしながらも、体調不良のサインの1つと考えてみるけれど。

制汗剤や消臭スプレーを上乗せして対応する人が多いように番組を見て感じました。

「におい」に、無香料であっても化学物質を上乗せして、強い刺激で「元のにおい」を感じさせなくする方法のように私は思うのですけど。

「におい」の解決は出来てなくて、逆に化学物質を毎日自分や回りの人に振り撒いて・・・大丈夫なのでしょうか?

私にとっては、体臭以上に臭くて身体へのダメージも大きく、近寄られたら命の危機さえ感じるレベルなのですけど。

今は感じなくても、次第に感受性を身に付け、化学物質過敏症(CS)あるいは別の病気になるのではないかと・・・私は、番組を見ながら背すじが凍るような思いがしました。

企業も接客サービスとして体臭に気を配るところまでは良いと思うのですが、こちらも番組では消臭剤などを使用して「におい」対策をする様子が、優等生的なお手本のように放送され、私は絶句でした。
こんな人がいると思ったら、怖くてお店にも入れない!

私自身、レジ係りの女性の制汗剤なのか柔軟剤なのかに曝露して、ほんとに短い時間だったのに体調が悪化したことがあり、本社の方に注意して欲しい旨伝えたら・・・
汗臭くないように、従業員には制汗剤等を使用するように指導したため、行き過ぎたのかもしれない!との返事で驚いたことでした。
(2度目の曝露以後、お店に行くのは止めました)

ローカルな地でもあること。
都会の競争の激しいところでは、もっと「におい」対策も進んでいるだろう!との予想が的中したような番組でもありました。

「におい」を気にし過ぎるのではないか!?
心の問題も取上げられていましたが。
私は、「におい」に限らず人間関係を保つ難しさ、人が自分らしく生きることがとても難しいことが根本にあるように思いました。

嫌われる、排除されることの恐怖のような感情が、敏感でピリピリした生活に追いやられているようにも思いました。

私は化学物質過敏症なので「におい」を敏感に感じるのですが、かなりの部分を平静に装い我慢してしまうのは・・・回りの人に異常な人と思われたく無い!という気持ちが働いているのかもしれません。

意識してセーブし、苦しいけど息を殺して「におい」が過ぎ去るのを待つこともあれば、許容範囲を越えたら叫んで逃げることもあるのですけど。

無意識のうちに・・・もありそうです。

ストレス社会で、どうやったら自分を保つことが出来るのでしょうか?

私は、人との付き合いを遮断し、我が身第一で生活するしか生きることが出来ないので良いのか悪いのか。

頭の中を整理したくて書き始めたのに、とりとめもなくなりました。



クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-10-28 16:16 | つぶやき | Comments(0)
今日は、早朝治療の後、古民家へ!

柔軟剤のテレビ放送持って行く先が無くウロウロ。
c0330749_19053434.jpg

順調に育ってくれてるじゃが芋さん。

c0330749_19053656.jpg

人参(手前)と大根(向こう側)もまずまず。
大根に青虫がいるようで、傘さしたまま10匹ほど処分させてもらう。
大きな大きな糞の主は、見つからず。。。
食べられると困るけど、会いたくないし・・・。

◇ ◇ ◇

畑を見てたら、少し気分も落ち着いた。

でも、自ら命を断ったCSさんが、苦しい!毎日苦しい!と訴えていた姿がちらつきます。

家に住めなくなって、私の転地先に転がり込んできたCSさんのことも・・・。

もう、化学物質過敏症(CS)患者は、増やしたくないです。

◇ ◇ ◇

台風も来るかもしれないので、軒下の掃除をしてたら、雨も上がって・・・。

前回、途中で終わったススキの根っこ掘り。

ススキと増え過ぎたシランと、もう1つ・・・花が咲けば思い出すのだろうけど、何やら黄色いコブの根っこの草が、絡み合っています。

私は、ススキの根っこだけ掘り出したいけれど、ススキの根っこは深く潜ってて~なかなか出てくれません。

シランの球根も一緒に掘り出してビックリ!
ススキの根っこは、シランの大きな球根も突き破って伸びてました。
完全に突き抜けてます。

ススキにやられて、腐った球根もあれば、ススキが貫通したまま平気そうな球根もあります。

普通、障害物があったら避けないか?とススキに聞きたい。
シランも、大事な球根に大打撃を受けながら、よく生きていられるもんだ!

なんて植物のバトルに感心しながら、根っこも球根も掘り出してる極悪人の私(笑)

植物って、やっぱりスゴイです。
新天地に飛んでいける種もあるかもしれないけれど、落ちたところで条件が良ければ芽吹いて、成長し子孫を残す。

水や養分がたっぷりあれば、立派な子孫をたくさん残し、条件の悪いとこで悪天候でも、それなりに成長して可能な限り子孫を残す。

転地生活も出来ないし、あっちの水が良いからと水も土も選べない。
それでも、淡々と自分の力をふりしぼって子孫を残す。

◇ ◇ ◇

私なんて、何もできやしない!
やけになったりもする。

今出来ることをやる!
毎日、精一杯生きる!
それで良いよね♪

イライラがいつの間にか~淡々と草取りをしていた。

雨をたっぷり含んだ、泥んこの土と草。
ちょっと喉が痛い空気。
クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-10-19 18:30 | つぶやき | Comments(0)
10年間の転地生活を経て、家に戻ったら~あれもしよう!これもしよう!と思ってた。

でも、どれもこれも出来なくて。。。

10年前。
ずいぶん具合いが悪い身体だったのに、無理していっぱい頑張ってた自分を思い出すと涙が出そうになる。

私は、10年前には戻らない!
頑張り過ぎの生活をしていたら~元のもくあみ。

家族は、私が居なくても暮らせるから・・・。
ふと、居なくてもいいかな!なんて思ったり。

毎日、皆の食事の用意をするのも、家中の掃除も、家族全員の洗濯も・・・主婦と言われる人がやってることなんて、私には出来ません。

でも、家族とふたたび暮し始めて、私にも出来ることを見付けられるようになりました。

私も苦手なんだけど、リオ(犬)は抜け毛の季節で掃除が大変。
皆がなかなか出来ない階段は、私がやろう!

繕い物とか・・・頼まれたらトライしよう!

換気扇の掃除とか、ちょっとしたすき間の掃除だったら、私の方が上手かもしれません。

いろいろ見付けていこうと思います。

それも、これも、体調が良くない時や、畑仕事でへとへとの日とか出来ないけれど、家族の一員としては大したことないけど、やれることが増えてきたように思う。

偉そうに言っても、家族は私の洗濯物も干したり取り込んだり、食事の用意もしてくれて、サポートされるばかりなんだけど。

いろんな家事のすき間を、私が埋められるようになれたら良いな♪

そのうち、もっと出来るようになれたら良いな♪

そのうち、そのうち・・・言ってる間に人生終わるかも(笑)

クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-10-18 10:41 | つぶやき | Comments(0)
学校に行かない子をもつ親の会から会報が届きました。

今月で発足して29年になるそうです。
その間、ずっと毎月の例会と会報は欠かすことなく続けられ・・・ただ、ただ、深く感謝するばかりです。

私の子どもは、30代後半なので・・・学校との関りは無いけれど、2人共それぞれに命がけで学校というものと戦ってきた経緯があり、私は親の会に支えてもらいながら生きてきました。

私が入会したのは25年前のこと。
ずいぶん古株になったけど、化学物質過敏症(CS)を発症してからは、ほとんど例会にも行けず、今年は自宅に戻ったと言うのに、なかなか行けてなくて残念です。
もう、そろそろ顔を出そうと思います。

◇ ◇ ◇

子どもと学校との関係は、我が子が登校を拒否した頃と変わることなく、25年前も今も命を断つ子は減らなくて。

表面上は、そんなにまでして学校に行かなくて良いよ!と言いながら、世の中全体は大きな大きな圧力で、小さな子どもを学校という鉄柵に追い込み、がんじがらめに潰している。

私だけでも、子どもを追い詰めない側に立ちたいと、強く思うものの・・・私も学校教育の下で育ってしまった身なので、学校の概念を棄てきることが出来なくて。

親の会の仲間達と、世間と同調しないよう、自分の気持ちの軌道修正をしながら生きてきたように思います。

◇ ◇ ◇

私や親達は、親の会があり、今はネット社会で、いろんな考えの人達と繋り支え合うことが出来るけど。

子ども達は、誰にも頼らずたった一人で、親や家族までも敵に回して命がけで戦っている。

もう、ひたすらスゴイ!と思います。

我が子が小学生の頃、当時の全国ネットの合宿に参加。
大広間で食事をした時に、大勢の大人や子ども達を見て「お母さん、ここに居る人はぜーんぶ学校に行ってないが!?」と、それはそれは~ものすごいショックを受け興奮して話しかけてきた様子を、今も思い出します。

私が、他にもいっぱい学校に行ってない子が居ることも、高知にも居ることも、同じ小学校にも・・・と伝えていたけれど、実際に目で見るまでは実感出来なかったのだと思います。

ずっと一人で頑張ってきたんだね!
私も苦しかったけれど、私なんかと比べものにならない位、幼い子が頑張ってきたんだ!と思った瞬間でした。

◇ ◇ ◇

私が、化学物質過敏症(CS)を発症した12年前も、患者会にも子どもの患者さんの相談はあったけれど、大多数は中年の大人でした。

それが、今は若い人達が増えてきて、子どもの患者さんも~どんどん増えてます。

そして、学校に行けないCSの子どもが、実際に増えてます。

学校に行くと苦しく症状が悪化するけれど、親は具合いが悪かったら休めば良いとか、教職員の対応が良ければ!と思うだろうけど、空気環境が整っても~それで済むような学校ではありません。

また、体調に良くないからと、無理矢理休ませるものでもありません。

子どもの体調の個人差に、性格の違いもあり、とても複雑なのに、親はより良い我が子に合ったマニュアルを求め、学校はマニュアルに頼って子どもを見ない事態に進みそうで心配です。

それ以前に、CSが知られていないという、根本的な課題もあるのですけど。

◇ ◇ ◇

親の会で学び、2人の子どもの命を懸命に守ってきた私。
子どもを守ろうとして、どれだけ学校に叩かれてきたことか。

今さら学校との関係は持ちたくないという気持ちもあるけれど、何の罪もない子ども達が、世間の無理解、教育関係者の無理解に苦しんでいるのを、見ているのも辛いです。

ただ、CSの子ども達に関しては、私は当事者の親ではないので、遠くで見ていることしか出来ていません。

私には、何も力が無いのです。
私には、何も出来ないのです。
でも、CSの子ども達の味方になりたいと、強く思っています。

学校と子どもの命のどちらが大切でしょうか?
学校は、利用するものであって、学校の型に合うように子どもを歪めるところではありません。
ましてや、毒ガス室のような環境に、子どもを慣らすところではありません。

大多数の子どもは、学校に吸い込まれて過ごす選択しか出来ないけれど、学校に行かなくても大人になれると伝えてたい。

ほんとにやりたいと思う気持ちがあれば、学びの場はいっぱいあるから、急ぐことはありません。

クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-10-14 17:55 | つぶやき | Comments(0)
つらつらと・・・ずいぶん前から思いつつ、blog記事も下書きのまま止まっています。

いろいろと四方山話、人と話すのは嫌いではないけれど、時々思うのです。

もう済んでしまって、今さらどうしようもないことを、人に話す必要ってあるのかな?

私も、ついつい自分の苦労話を繰り返していることがある。

人の苦労話は、とても興味深く聞けることもあれば、正直なところ何度も話されると嫌だったり、初めて聞く話でも~いい加減にして欲しい!と思うことがある。

化学物質過敏症(CS)の患者さんが、こんなことで困った!
そうそう、私もそうなのよ!と盛り上がることもある。

話し手は、話したくて話すことが多いように思う反面、聞き手は~話を楽しめることもあれば、うんざり気分になることもあるような。

◇ ◇ ◇

私が聞き手の場合。
話を聞くことで、相手がスッキリ気分が晴れるなら良いのだが、同じ話を何度も繰り返されると・・・私の聞き方が悪いのか?私の相づちに相手が納得出来なくて繰り返すのか?と悩んでしまったりもする。

◇ ◇ ◇

私が話し手の場合。
言っても仕方ないような愚痴だって、話してスッキリすることもあり、苦労話も話し始めて止まらなくなることもある(笑)

別に、話していても、何かアドバイスが欲しいわけでもないのに、その場の話題提供的に話してしまうこともある。

比較的新しいニュースソースの場合はまだしも、昔の苦労話や済んでしまったことに対する愚痴は、どこか~同感!と自分を肯定してもらいたくて話すのだろうか?

話してしまった後、自己嫌悪に陥ってしまうこともある。

◇ ◇ ◇

私は、あまりテレビを見ないけど、ワイドショーとか、苦労の末今がある!ような話が番組として成り立つのは、聞き手も聞きたいという気持ちが大きいのだとろうか?

でも、会う度に、愚痴しかない人って・・・。
愚痴の後に、何かないの?と突っこみたくなったり。

私に言ってどうするの?というような苦労話。
嫌々でも聞いてあげた方が良いのかな?
嫌々では、聞いたことにはならないよね。

私は、精神修養も足りなくて、聞ききれていないように思う。

◇ ◇ ◇

じゃあ~このblogは、どうなのよ!

ムムム・・・。
基本、記憶が消えて困ることもあり、自分の記録なんだけど。
読んでもらいたくて書いてる記事も確かにある!

嫌な方は、読まないでください(笑)

愚痴は言いたいけど、聞きたくない!ってことでは済まされないようなんだけど。
もやもやは続いています。

クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-10-11 02:57 | つぶやき | Comments(0)
エキサイトのblogは、10年以上の付合いですけど、使い慣れたアプリのリニューアルで・・・ちょっと戸惑っています。

便利になったような、不便になったような。

何だ?このマーク。
いろいろ遠回りしながら書いてます(笑)

[PR]
by 2kaze | 2017-10-06 21:35 | つぶやき | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風