化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:つぶやき( 67 )

熱が出たら解熱剤を飲むもの!
子どもの頃から、当たり前のように薬を飲まされて育ってきた私。

◇ ◇ ◇

私の記憶には無いのですが、生後たった2ヵ月で、酷い中耳炎になり、たぶん抗生物質(ペニシリン?)と思われる注射を受けてます。

小2の時、一旦治まっていた中耳炎が慢性症状となり延々と耳鼻科に通うようになり・・・風邪になる前に中耳炎の治療をするので、ほとんど風邪をひくことが無かった小学生時代。
飲み薬も時々出されてたので、抗生物質だったのでしょうね。

中1の時、原因不明の発熱。
(今はCS症状と思っている)
毎日、解熱剤を飲み続け、解熱剤によるアレルギー症状も出て入院。
いっぱい検査をしても、悪いところが見つからない。
(CS症状ですから)
それでも、別の解熱剤に変更して飲み続ける。

アレルギー症状が改善されたところで、治療も無いので退院。
熱でボーッとするけど、他に症状も無いので、学校には行かされる。
38度とか、けっこう高い熱だったけど、解熱剤飲んで~朝熱が下がってたら学校へ・・・。
体育だけは禁止、掃除当番も外されてたような。
そんな解熱剤を飲み続ける薬漬け生活を半年も!

その後も、何かにつけて薬を頼る日々。
いろいろ体調不良も重なって、運動オンチを解消すべく入った運動クラブもドクターストップがかかって、一度も試合に出ることなく裏方で過ごす。

ああ、私の人生病気だらけ。
長くは生きられないかも・・・なんて思ってた青春時代。

◇ ◇ ◇

病気は繰り返しても、きちんと熱をだして自分の免疫力(?)が頑張って病気を治すことは無かったような。
症状が出たら対処療法の薬で症状を隠して、治ったらつもりになっていたような。

ほんとは病弱では無かったのかもしれません。

◇ ◇ ◇

病弱でありながら、一度は親元を離れて生きてみたかった。
1年も持たないと内心思いつつ、それがなぜか4年も暮らすことが出来ました。
寝込んだ日も友達に助けてもらいながら・・・。

近所に病院が無く、寝て治したのが良かったかもしれません。

相変わらず頭痛や発熱時は、市販薬を飲んで対処してはいたのですが。
大学生の時は、入院も無かった。
倒れて親元に戻るという筋書きにはならず、20歳の誕生日に「あれっ!?生きてる♪」と驚いたのでした。

◇ ◇ ◇

結婚、出産、家業・・・いろいろありまして。
ストレス山盛りなハードな日々、薬に頼りつつ過ごしておりました。

ついに身体は悲鳴を上げ、腎う炎となり入院となりました。
その時の抗生剤の治療きっかけに、二次性高血圧症という病との付き合いが始まります。

腎う炎は、数日で治まったのに(薬で)、血圧が高過ぎて入院治療となりました。
初っぱなの降圧剤、たった1錠でショック症状を起こし、腎う炎の高熱や頭痛の何倍もの苦しみを経験。

今思えば、化学物質過敏症(CS)であるため、抗生剤にも降圧剤にも、身体は大きく反応してのことと思います。
当時のDr.はCSをご存知無かったので、200を越える血圧を下げるため、様々な薬を微調整・・・尽力下さいました。

当時40代だった私ですが、血圧200越えを繰り返していては、脳溢血の危険もあると言われ、薬の量は増えるばかり。

血圧を無理矢理下げるからか、その当時は2週間に1度は風邪症状があり、降圧剤+風邪薬の処方が続きました。
喉が痛くて咳が出て微熱があり、Dr.は風邪との診断でしたが、曝露症状だったのかもしれません。

熱も咳も血圧に良くないから、早め早めの薬物投与でした。

◇ ◇ ◇

4年ほど、高血圧症と付き合いが続いた後、本格的(?)に化学物質過敏症(CS)の症状が現れて、CS診断を受けることになりました。

この間も、極端な認知症のような症状があり、自分で起き上がれないほどの身体中が痛くてたまらない日々があり、薬は飲んでいても血圧の乱高下は激しく、安定剤や利尿剤など更に更に薬漬けとなっていたのです。

しかし、CS発症と分かってから、薬ではどうしようもない症状を緩和するために始めた鍼治療の効果なのか?食べ物にも反応するようになり、厳選した物を食べるようになったためか?1年ほどで降圧剤は不要になりました。

きっちり循環器科に通いながら、Dr.の指示を守りながら減薬。
循環器科卒業となりました。
私は、一生降圧剤が必要と言われていました。
Dr.にも、どうやって下げたのか?と問われた位。
循環器科卒業の頃は、私の方がCSの講義をしていたような(笑)

◇ ◇ ◇

循環器科は卒業しても、血圧は~気をつけていないと乱高下する私。
降圧剤を飲むと下がり過ぎるので、薬も飲めずに自分で工夫するしかありません。

しばらくは、降圧剤は止めても安定剤を飲む日々。
それが、身体に合ってると信じて・・・。

なかなか止められなかった安定剤も、徐々に切っていき、何年もかけて完全に断薬出来た後、重苦しいのが当たり前だった身体が、身軽になりました。
あちこち痛かったのに、痛みも減りました。

いろいろ薬を減らしてみて・・・
便利に使ってきた解熱鎮痛剤を飲むと、身体が冷えて不調になることが分かるようになりました。
激しい痛みや高熱を解消してくれて、有り難かった薬ですが、命に別状が無い程度の発熱や、耐えられる程度の痛みは、一時耐えた方が予後が良いのも自分の身体で試してみて実感できるようになりました。

60年も、飲み過ぎてきたから、もう必要最小限にしたい!と思うようになりました。

風邪は、自分の身体が治せるものと分かりました。

更に高齢となり、身体の抵抗力も少なくなったら薬も利用しようと思いますが、しばらくは免疫力(?)アップの方向で~後れ馳せながら身体を鍛えようと思います。


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村

[PR]
by 2kaze | 2017-02-14 02:54 | つぶやき | Comments(0)
3月は「ひな祭り」と「桜祭り」で大忙しの作業場ですが・・・普段は、予約注文がなかったら、週2日で、1回2~3時間の仕事です。

引っ越したら、片道1時間かけて通うのもね。
どうしたものか・・・!?

化学物質過敏症(CS)の私が居られる環境で、石けん生活の友達2人とお菓子作り。
私は、自分の体調優先で、休みたい時に休みながら、全く用事にならなかったヘロヘロの頃から、気長に見守ってくれて、今は半人前位でしょうか。

一般の会社とか、お店とかでは働けない私。
収入というより、リハビリという感じ。
転地先での私の生活も、ずっと見守ってきてくれた友達の役に立てるなら、これからも続けたい気持ちも大きいです。

友達も、ある程度技(?)も身につけた私が居た方が便利なんだろうけど。

治療院に通う日やマンドリンの練習日と組み合わせたり、良い方法が無いかといろいろ考えているところです。

◇ ◇ ◇

昨日は、久々の「酒まんじゅう」作り。
「あんこ」を量り・・・
c0330749_05104818.jpg

酒粕たっぷりのシットリねっとり生地も計量し~ちぎっては投げ(笑)
c0330749_05105065.jpg

冷え込む作業場。
だんだん指先の感覚が~無くなっていく。
粉まみれ生地まみれで、自分の指では無いみたい。

横では友達が丸めてて・・・私、そっちの方が良いなぁ~なんて思いつつ。
最後の方は、「あんこ」を入れて丸める作業。
しっとり餅肌気持ち良い♪
蒸し器で蒸したら、ふんわり「酒まんじゅう」♪
c0330749_05105118.jpg

私は、「酒まんじゅう」に集中していたけれど、友達2人は、定番の「山椒餅」の仕込みも同時進行。

私は、いくつもの仕事を平行して・・・というのが苦手。
友達もそれは良く分かってて、私には計量作業を任せたのです。

この作業場に顔を出し始めたのが10年前。
たまに寄って見学、ほんの少し手伝うことから始め、私に出来ることも出来ないことも分かってくれる友達。
半人前でも作業工程は分かるし、技術(?)も・・・。
仕事というほどの事でも無いけれど、大切にしたいと思います。

◇ ◇ ◇

3月には、期間限定「桜餅」も始まる♪

過去記事
2015.3.20.「 今年も桜餅作り♪リハビリ効果実感 」
http://kaze2.exblog.jp/23727846/


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村

[PR]
by 2kaze | 2017-02-01 20:28 | つぶやき | Comments(0)
80代後半となった母は、気ままな独り暮らし。

隣で暮らす兄夫婦は、共に仕事が忙しい。
兄嫁さんは、自身のお母さんの介護もあるのに、母が体調を崩していることに気付いて連絡くれました。

一応、私が病院に連れて行き、入院となり・・・
兄嫁と私で、病院に寄れる日を調整し、どちらも無理な日は娘も動員。
娘も、化学物質過敏症(CS)なので病院で長居は出来ないけれど、様子を見てきてくれて助かりました。

ずっと入院してるのも、動かさないと身体は衰えそうで心配だけど、この寒い時期に退院となり、次のサポート体制を考えなくてはいけません。

◇ ◇ ◇

熱があり体調が悪かった母は、よろよろと・・・何をするにも時間がかかり、これまで介護度(?)がつきそうになかったけど、いよいよデイサービスなどが必要だと思ったのに。

検査の数値が良くなると同時に、私より元気な感じで、あれほど痛いと言ってた腰痛も、入院中は腰痛の治療はしてないのに、けろっと治ったもよう。

これじゃぁ介護サービスを受けるのも難しそう。。。
かと言って、年令を考えたら見守りは必要でしょう!

◇ ◇ ◇

さて、私は・・・とても疲れ易い化学物質過敏症(CS)。
あちこち車で走り回り、いろいろ活動もしてるけど、昼寝必須の身体です。
家に戻って、少しの時間でも横になり、帰れなくても合間に車のシートを倒して休みつつの暮らしです。

私の食事も息子が用意してくれて、最近は洗濯も自分で干すけど、忘れたり~出来ない日は、それとなく家族がサポートしてくれて、やっとこさ自分の生活が成り立っている状態です。

病院の見舞いも、病院内の空気で体調が悪くなるので、程々にしてたから通えたけれど、それが精一杯で・・・兄嫁さんや娘の応援があったから出来たこと。

母の家の空気も、合成洗剤をやっとこさ止めてくれたから、少しはマシになってきたけれど、キッチンは無理、風呂場や洗面所も合成洗剤臭が染み付いてて居られない。

冬場は、私が苦手な石油ストーブ炊いてるし。。。

家に戻った母の介護なんて・・・私には出来そうにありません。

◇ ◇ ◇

数年前に逝った父。
入院中の病院に入ることも出来なくて、車椅子の父が駐車場に居る私のところまで出てきて、逆に見舞ってもらうような状態。

何も出来ない自分が悔しくて、ひたすら自分が元気になるよう精進した日々がありました。

今の体調は、父のプレゼントだと思います♪

だから、父の時よりは、母には何かしら出来ると思います。
でも、力不足なのは確かなので、相応に・・・バランス取りながら、やっていこうと思います。

母さん、もう少し元気で居てください!
寒い間は、もったいない!と言わずに暖かくしていてください。

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村

[PR]
by 2kaze | 2017-01-22 06:03 | つぶやき | Comments(0)
ほとんど参加出来てない「学校に行かない子をもつ親の会」
せめて忘年会には参加して、皆の顔を眺めたい!

化学物質過敏症(CS)の私。
会場のトイレの香料臭が強いのも、食べられるものが無いのも承知の上、お弁当とお茶も持参して参加しました。

辛く苦しい時を共有してきた仲間達。
患者会にも似てると思います。

哲学(?)のように掘り下げて物事を考えること、各々違ってて良いこと、悲しい時は悲しもう!・・・子ども達を通して、学び合ってきたこの会は、我が子も30代半ばとなり学校とは関わりが無くなった今も、私にとって大切な会です。

◇ ◇ ◇

昔は、子ども達も大勢やってきてワイワイ賑やかだったけど。
昨夜は、新しい会員さんより、私と同年代の会員が多く、年に1度の同窓会という感じ♪

10名ほどだったので、全員の近況も聞けて、昔のことも思い出し、涙あり大いに笑って過ごせました。

直前に、工事のストレス、合板吊り棚による曝露で頭グラグラ、かなり落ち込んでいたけれど、気持ちを切り替えることが出来ました。

◇ ◇ ◇

子どもは皆違います。
どんな対応をしたら良いか?は、誰も教えてくれません。

自分の近況や思いを、人に伝えながら・・・発した発言がほんとに正しいのか?真の声なのか?自問自答しながら、自分の道を探ります。

参加者の声を聞きながら、自分はどうしたら良いのか自分で考えます。

最初は、発言することもできなくて。
人の話も、耳では聞けても心には蓋をして受けとることもできなくて。

それが、徐々に話せるようになり、聞けるようになり・・・自分とは違う意見も認められるようになりました。

自分は自分。人は人。
違っていても敵対することなく認め合う。
誰にも否定されることなく、鎧で身を固める必要もない、安心して居られる親の会。
ずっと卒業することなく、居ようと思います。

来年は、高知市に戻るので、もう少し参加できそうです。

◇ ◇ ◇

化学物質過敏症(CS)になった時、症状にはうろたえましたが、精神的なことは困ることなく過ごせました。
転地して、独り暮らしになっても、不登校の子の気持ちをちょっと味わえた(体感できた)ようで、妙に嬉しかったのも思い出しました。
[PR]
by 2kaze | 2016-12-26 07:07 | つぶやき | Comments(0)
環境により、大きく体調が変わる化学物質過敏症(CS)。

ほんの微量な空気環境の変化にも右往左往の日々。

自分の努力、家族の協力だけでは解決できず。
近隣の全ての地域住民の協力を得るなんて不可能で、地球規模の汚染など、個人で何とかなるものではありません。

確かにクリーンな環境は必要ですが、無い物ねだりのようにも思います。

◇ ◇ ◇

私がCS発症当時、ある専門医から・・・
「空気清浄機も良いけれど、あまりクリーンな環境に居ると出たくなくなって良くないですよ!」
と言われた言葉が納得できず、ずっと疑問をいただきながら過ごしてきました。

毎日が苦しくて、呼吸の度に喉が肺が痛み、頭痛やめまい身体中の痛みが24時間の日々。
クリーンな環境を追い求めていた時期で、綺麗な空気に居ることが良くないなんて・・・真逆な提案を受け入れることは出来ませんでした。

◇ ◇ ◇

CS発症し、仕事場(文具店)の環境が辛くなっていき。
仕事も廃業することになり、どんなに楽な暮らしになるかと思っていたのに、自宅の環境も辛く、家の中で呼吸するのも拷問のよう。
やっと出会えた転地先の家も、クリーンとまではいかないけれど、真冬も窓を開けて苛酷な生活でも自宅よりずっとマシ。

クリーンを求めても求めても、身体は更にクリーンな空気を欲しがるのでした。

最終的には、オーガニックコットンのテントに、高性能の空気清浄機から空気を送り込む、家庭用クリーンルームで過ごすようになって、やっと回復に向かうことができた私です。
c0330749_07383243.jpg

(日本特殊工業シックシェルター 2016年現在製造中止中)

もし、自宅で家族の完璧な介護を受け、テント内に居るだけでも生活が成り立っていたら・・・専門医の言うように外に出たくなくなり、テント内で一生暮らしていたかもしれません。

呼吸も楽で、苦しみの少ない家庭用クリーンルームは、ある意味パラダイスかもしれませんが、それは私の人生にとって良いことでしょうか?

布団1枚の広さのテントを、1部屋に拡大したところで・・・と、テント内でふつふつと考えました。

◇ ◇ ◇

地球規模は諦めても、近隣の空気環境が良くなるよう願い努力することは必要ですが、私の求めるレベルの環境にするなんて、いくら頑張っても~少なくとも私が生きてる間に達成するのは不可能です。

それでも、私は1度きりの人生を楽しく暮らすには、汚染された環境に適応出来る身体になるしかありません。

空気清浄機による空気、浄水器の水を飲み、農薬や添加物の少ない食品を食べ、薬品汚染が少ない衣類を選び、日用品なども厳選して、やっと痛みや苦しみのない身体を手に入れた私。

汚染された環境に戻ると、体調を悪化させてしまう危険があって、それはかなりの恐怖でもあります。

しかし、私は恐怖も含めて身体を慣らすという方法で、人体実験を始めることにしました。
CSのマスキング症状を、逆行させてみようと考えました。

しっかりと自分の身体を観察しながら、症状を悪化させず、すぐ体調を戻すことが出来る範囲で、汚染された環境に慣らしていこうと思います。

汚染された環境と言っても、普通一般の方々の暮らしより、かなりクリーンな環境が私の目標です。

敢えて悪い環境にするのではなく、出来る限りのクリーンな環境、高望みをしない、理想を追い求め過ぎない環境で、私は生きていこうと思います。

◇ ◇ ◇

転地生活から1年ほどの頃、随分古い記事ですが・・・

2008.12.28.マスキング
http://huukumonmo.exblog.jp/9123136/

『 マスキングは、微量の臭いを感じていても、長時間同じ空間に居ると臭いを感じなくなるように、嗅覚だけで無く、他の曝露症状も自覚出来ない物がたくさん隠れている状態ではないかと、私は考えています。

臭わない、体調不良も感じなくても、決してパーフェクトな環境では無いと思います。 』


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2016-12-01 03:14 | つぶやき | Comments(0)
化学物質過敏症(CS)の私ですが、2016年11月26日と27日の両日、「オペラ四万十」の演奏者の1人として参加できました。

本番は、マンドリン仲間と一緒に入場し演奏しましたが、練習の時も本番も、皆と同じように出来たかと?と言われたら、いろいろと違う~我が道を行く私です。

他の出演者と大接近の恐れもあるので、混み合う更衣室(楽屋)には入りません。
家を出る時から本番の衣装を着て、上に防寒用の上着を羽織り・・・帰りもそのまま帰宅です。

差し入れのお菓子やお弁当も手を付けず、マイ弁当にマイお菓子。
もちろん飲み物も持参。

いろんな準備も全く手伝わず、ひたすら体調維持を考えて、真っ先に休憩~見かけはボーッと過ごします。
c0330749_07312151.jpg

(今回は、出入口に近く、外気が入る通路の片隅。それにしても大きなマスクですね!)

あえて~いろいろ気遣って動き回ることも、仲間達へのサービス(?)も、良い人になることも封印。
やりたいこともグッと我慢で動かない。

私は、我が儘だとか、サボってるとか思われても良いのです。

元気だった頃の事は忘れて、現実の自分の状態を考えたら当然のことです。
出来ないのが当たり前。
皆と同じでなくて良いのです。

ただ、出来なくてごめんなさい。
私の分もやっていただき、ありがとう!の感謝の気持ちは忘れずに、精一杯の言葉で伝えます。

◇ ◇ ◇

化学物質過敏症(CS)でなくても、人それぞれに風邪気味だったり、寝不足だったり調子が悪い時もあると思うのです。

そんな時は、無理をしないのが一番です。
些細なことでも、手伝ってもらって感謝する。

迷惑をかける、世話になるのも良いじゃないですか!
私、お世話出来て感謝してもらえるって、とても気持ちが良くて幸せな気分になるんです。

身勝手な考えと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

私は、いろんな方のお世話になろうと思います。

お世話をしたり、お世話になったりって、良いなぁ~

いろいろ出来ない事だらけの私でも、何かしら出来ることはないかな!?と・・・いっぱい手伝ってもらいながら、考えます。

お世話になった方に恩返しでなく、別の方に恩送りも良いかもしれません。

◇ ◇ ◇

今回も、そんなこんな、たくさんの方々の見守り、応援サポートいただいたおかげで、とても楽しく素晴らしい演奏会に参加出来、CSのダメージも最小限で済みました。

皆と一緒に合唱と言われても困ります。
マンドリンなら弾ける私です。
それぞれ、出来ることと出来ないことがあって当たり前。

様々なシーンでも、背伸びして無理することなく、皆が自分のペースで過ごせると良いな♪

演奏会の余韻にひたりながら思いました。


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2016-11-29 07:20 | つぶやき | Comments(0)
理想を求める自分が居る。
それに向かって突き進みたい気持ちも湧いてくる。

あれも、これも、欲張って・・・
何でも出来るような、錯覚に陥っているようにも思う。

体調が悪化したら、身体が第一の生活に!
動けるようになったら、身体は二の次に!

バランスが大切と分かっているし、計画的に・・・とも思って実行しているのに、いろんな予期せぬ用が飛び込み、積み重なって押し潰されそうです。

人に頼めることは人に頼み、断れることは断ってもまだまだあって、私にしか出来ないこともある。

身は1つ、1日は24時間。
スローな私は時間がかかる。

苛立っても仕方ない!と自分に言い聞かせ、爆発しそうな気持ちをなだめてみる。

出来ないことは、出来ないから。

◇ ◇ ◇

体調がどうしようもない時は、頼まれ事も少なかったよね。
当てにされることも無かったよね。

忙しいのは、元気になった証拠と思うことにしよう♪

私の第一目標の「元気になる事」が、実現に向かって動いている!
そう思うと、目の前の難問も、たんたんと取りかかれるかもね。

◇ ◇ ◇

昨日は、化学物質過敏症(CS)にとっては敷居の高い、大勢の人が集まるコンサート会場に出かけ、素晴らしい演奏を楽しむことが出来ました。
それも、片道2時間の山道を、自分で運転出来ました。
他の交通機関や、友達の車にも乗れない身体には、一番安全な移動手段ですから。

事前にさまざまな用をキャンセルして体力温存し、事後は休養日をもうける。

今日は、ゆっくりしなくては!
[PR]
by 2kaze | 2016-11-07 06:30 | つぶやき | Comments(0)
悲しい出来事は、過去の悲しみも引き出して、諸々の事も絡み付き、雪だるまのように膨らんでいきそうです。

知らせを聞いた昨日より、今日の方が悲しく辛いです。

済んだ事、終わった事と、蓋をして、時と共に忘れていくのは空し過ぎます。

もう二度と起こらないように、どうしたら良いのでしょう!?

◇ ◇ ◇

悲しさが怒りになってきて・・・

怒りを口にした時、誰よりも一番大きくしっかり聞いているのは自分自身。
怒ると~エネルギーを消耗するし、怒りを聞くもの疲れます。

この怒りをどうしたら良いものか。

膨らむ怒りの塊を、ちぎって、ちぎって小さく分けて・・・それぞれの進む道を選びたい!
小さな小さな怒りの矛先を、理想の未来に向かわせたい!

大きなままでは、とんでもない方向に暴走するかもしれないけれど、小さな事なら軌道修正もしやすいかもしれない。

小さな事もたくさん集まれば、大きな力になれるかもしれない!

今抱えている大きな怒り。
もてあましている現実。
小さく小分けする忍耐が欲しい!

◇ ◇ ◇

私の力の無さにガッカリもするけれど、元々力なんて持ってないから仕方ない。

いくら考えても、何度試練を受けても、私に出来ることはブログを書き続けること!

役に立つとか立たないとかの問題ではない。
ひたすら書くことしか、私に出来ることがない。

◇ ◇ ◇

早朝治療の日。
5時半に起きたら真っ暗。
日の出が遅くなりました。

日中は26度もあって暑かったけど、刻々と冬至に向かっていると感じます。
出発する6時半になって明るくなりました。

c0330749_18374144.jpg


とりとめもない・・・つぶやき。

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2016-10-27 18:24 | つぶやき | Comments(0)
先程から、exciteのアプリが動かなくなり、インストールし直したらログインもできない状態。
スマホのChromeから自分用のサイトに入ったら、文字が小さくて見えないし。
PC用画面なら拡大できるけど、文章全体を見渡せなくて入力し辛い。

おまけに、コピーの機能が上手く出来なくて、切り貼りし修正しながら文章を仕上げる必要がある私は・・・ほとほと困っております。

10年以上慣れ親しんできたexciteですが、今の私は毎日PCを開けられる体調ではないし、ブログを乗り換えようかと思案中。

最近、いろいろ使い勝手が悪くなり、exciteにも問い合わせや改善要求はしてきたのですが・・・。

もう少し、様子を見て・・・
でも、引っ越すなら急ぎたい!


22時・・・追記
Androidからのログインがエラーになると、excite側のブログにお知らせがありました。

動かないわ、ログインできないわ、プライバシーが保護されてない・・・って表示されて焦りました。

でも、それ以前に~いろいろエラーがあって1ヵ月以上経っても改善されないから、どうしたものかと。。。


◇ ◇ ◇

《10/21追記》

しばらく放置していたブログなど、いくつか試しつつ次のブログに乗り換え準備をしながら・・・

結局、夜中にexciteが復旧と発表があったものの、私のスマホアプリからはログイン出来ず、明け方トイレに起きた時にもログイン出来ず。。。

いよいよ乗り換え!と思いつつ、朝7時頃になって~やっとログインできました。

今しばらく、このブログは続きそう・・・です。


[PR]
by 2kaze | 2016-10-20 19:02 | つぶやき | Comments(0)
タイにある虹の学校。

親を無くしたり、親が育てられない子ども達の学校であり生活の場でもある虹の学校。

ずいぶん前から虹の学校の存在を知り、ネット上での情報や実際に行かれた方々のお話を聞いたりしてきました。

私にとっては別世界であり、何処か憧れもある虹の学校の先生が帰国されてて、お話を聞く会があるというので出かけてきました。

実は、とってもヘトヘトな私。
(いつも、ヘトヘトですが・・・)
出かける準備はしながら、部屋で横たわり~ぐずぐず・・・。

今日出かけなかったら、とこ先生に来年までお会い出来ない!
エイヤッと気合いを入れて出発。
ああぁ遅刻でした。

ただ、お顔を見たい♪が実現!!!
いっぱい~お聞きしたいことがあったのに、頭の中はいろんな思いがグルグル巡ってまとまらない。。。
思いつくまま・・・支離滅裂だったかも。
でも、現場の声を聞けて、私は大満足な時間を過ごすことができました。

皆が幸せに♪
大きな大きな夢に向かって、虹の学校という1つのスタイルで活動されている皆さんの輪のすみっこに、私も入れてもらえて幸せです。

NPO法人虹の種HP
http://www.nijinotane.com

ささやかに、毎日クリックして応援しています。
gooddoの「虹の種」のページ
http://gooddo.jp/gd/group/kagayakuinoti/

◇ ◇ ◇

土日の休みもなく24時間、30人もの子ども達の先生であり、親であり、家族であり続けるとこ先生。
他にもスタッフの方や応援される方々がいらっしゃるとはいえ、完全に仕事を越えてると思います。

虹の学校に守られたけど、ある意味閉じ込められた子ども達。
外に飛び出していって欲しいけど、後ろだても無く心配は尽きません。
虹の学校近くに、ゆるやかなコミュニティがあれば良いな♪
生活の糧を得られる仕事があれば良いな♪

まだ、卒業生がいない。
これからが正念場とか。

◇ ◇ ◇

これらのことは・・・
タイの虹の学校だけではないと私は思います。

汚染が進む中で、生き辛い化学物質過敏症(CS)患者達にも言えること。

ちょっとしたことで体調を崩して倒れる私。
支援、協力が得られたら、生きていけそうです。
私も学び努力して、身体を立て直し、生き方を変えて動ける身体になろうと思います。

ただ、いきなり一般社会に出るのは危険が多過ぎるから、少し配慮いただける仲間達や場があれば、とっても助かります。

そんな配慮が出来る仲間達や場が増えていけば、虹の種が目指す「皆が幸せな社会」も増えると・・・私は思うのです。
[PR]
by 2kaze | 2016-10-12 06:40 | つぶやき | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風