人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

大丈夫か?食べ物

我が身を守るため、いろんな制約がある化学物質過敏症(CS)の私。

保守的に食べ慣れている物ばかり食べてきて、体調が良くなってきたので、ふと・・・これくらい大丈夫かもしれないと思ってしまう時があります。。

しばらく、トイレに籠城、上へ下への拷問もなく、グッタリ寝込むことも忘れています。

《食べられなかったケーキ》
先日のケーキ、7~8年前から食べられないと分かっていながら、ひょっとしたら大丈夫になってるかもしれない!と、人体実験してしまいました。

フルーツだけ、クリームだけ、スポンジなら!と、パーツに分けて口に含んでみたけれど、どれもNG。
口がピリピリ痺れて、唇の内側は軽い口内炎になり皮が剥けました。

口の症状があると、ブレーキかけ易くて助かります。

《口はOKなの?アミノ酸等の添加物》
最近、添加物(アミノ酸等)入りのもので、口が苦くならないものがあると発見。
よく出かける喫茶店、サラダにかけられてるドレッシングです。

私が鈍感になったのか?
添加物の量が少ないのか?
改良(?)された添加物なのか?

口は感じないので、食べてしまいますし、お腹も痛くなりません。

アミノ酸等の添加物が入っていると、口が苦くなって、とても喉が乾くという症状もあるので、私は口でチェックできてると思っていたのに・・・これからは感じなくても要注意です。

ほんとは食べない方が良い、避けたい添加物です。

しかし、ほとんどの加工食品に添加されているので、一般の外食では避けられない。
だから外食出来るお店が限られるのだと思います。

私の家には、アミノ酸等の添加物の入った物は、無いと思います。

《食べ物を勧められる時・・・》
仲良しのCSさんから、これ食べられたよ♪って食べ物を紹介してもらうのは嬉しいです。

しかし、私には食べ物に制約があることを知りながら、いろいろ勧められるのは困ります。

お断りすると、必ず「何故?」という質問があります。
たいていが食事会などの席なので、症状を説明も困るし、食べられない原因を説明することは、皆さんの美味しそうに食べている食材の批判になり、食欲も失せてしまいそうな話になるので、はっきり伝えることができません。

「私の身体に合わないので!」と、さらっと流すと、「可哀想に・・・」と言われて、ちょっと不本意な気持ちになるけど仕方ありません。

私としては、農薬や添加物が平気になって、何でも食べられる身体には成りたくない。
何故、「毒入り」の食べ物を私に勧めるのか!?と、怒りたくなることもあります。

しかし、私も身体の反応も気付かず、体調悪化も無かったら、多少の添加物は口にしていたと思います。
もう少し的確な説明ができるようにならなくては!

《私が目指すのは・・・》
完璧に添加物を排除するには、自炊で加工食品を使わない料理になるので、今の空気環境、今の私の体力では難しいのが現状です。
私も、ラインをなるべく下げながら、ほどほどに付き合おうと思います。

ほとんどの食品が、「簡単、便利、安い」という、消費者の意に添った添加物入りがほとんどで、許可されている添加物は世界一多くて、基準もめちゃくちゃ甘い。

これでは病人が減らないよね!と、大きな声で言いたいけれど、私が自慢出来るような身体では無いので、密やかにつぶやいているところです。

望みは、皆さんが農薬野菜や添加物入り食品を買わなくなる事!
売れなかったら作らなくなる!
だから、私は買わない!

クリックよろしくお願いします。
化学物質過敏症(CS)の皆さんのブログに出会えます。
にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
Commented by snark_tail at 2015-10-12 20:03 x
たんぱく加水分解物はいかがですか?法律上は確か食品に分類されています。私は、アミノ酸等は問題ないのですがタンパク加水分解物と、水あめに体が反応します。
Commented by 2kaze at 2015-10-12 21:54
snark_tailさん
私は、タンパク加水分解物については、はっきりとはこれが!という症状を見付けられずにいます。
アミノ酸等・・・についても、異様な苦味を感じる物にアミノ酸等が入っているのを見付け、逆にアミノ酸等が入っていない物を選ぶと苦味が無かったというような体験から分かりました。
添加物は種類も多く、特定するのは難しいですね。

原因が分かれば、避け易くなって助かるのですけど。
原材料に加え、加工の行程で、たんぱく加水分解物もいろんな処理方法があるようで、そこまでは食品に表示されてないですよね。
シンプルで作り手が見える物が安心です。
by 2kaze | 2015-10-12 08:19 | 食べ物・食養生 | Comments(2)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風