人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

12月のPM2.5による症状

PM2.5によると思われる症状は、季節によりかなり違うので記録していこうと思います。

2015年12月23日
測定値は10~20μg/m3程度だったけれど、空気が苦くて外はPM2.5対応マスク無しでは居られなくなった。

10月のPM2.5が多かった時は、1週間ほど症状を引きずって辛かったのと、少し前に中国で最大級の赤色警報が出されていたこと、25日頃にPM2.5が増えると予報が出ていたので、用心して過ごすようにした。

24日
PM2.5対応マスクをして、草取り作業をしてみたが、空気が苦いだけで作業も出来たと思ったら、PM2.5の測定値も10μg/m3以下になっていた。

25日
仕事、子ども達のクリスマス会でのマンドリン演奏などもあり、可能な限りマスクをして過ごし、夜には家族の家に向かい宿泊。

PM2.5対応マスクは、息苦しくて・・・長時間マスク着用で、ハードスケジュールでとても疲れる。

26日
このまま気密性のある家族の家のマイルームに居た方が良いと思ったけど、28日の朝から仕事もあるので、転地先に戻る。

測定値は10~20μg/m3。
空気清浄機稼動の部屋から出る時、家の中でもマスクで過ごす。
鼻汁が喉の奥に流れ、痰がからんだ咳が少し。

27日
深夜から30μg/m3近くに上がり、25~35μg/m3で推移。
ほとんどの時間をシックシェルターのテント(家庭用クリーンルーム)内で過ごす。

口の苦さ、喉の違和感に加え、10月の時と同じく鼻汁が喉の奥に出る症状があり、鼻をかんでも出てくれないので、痰を吐き出すように絞り出し(?)て出すことを繰り返す。
テント内に居ると、口の苦味も咳も減る。

がっちりマスクで、ご近所に広報も配ったけど、歩いている間に怪しいキリキリと腹痛(膀胱炎の前触れ?)が始まり、帰るなり逃げ込むようにテントに入って休んだ。(腹痛は、この時だけ)

朝は、9時過ぎまで寝てたし、テント内で布団にくるまっていたらウトウト眠ってしまう。
朝も、昼も、夜も・・・ウトウトは続くが眠りは浅い。
疲れもあると思うし、PM2.5による心的ストレスもあると思うけど、この症状はネオニコチノイド系農薬曝露の時とも似ていると思う。

28日
空気は苦いが、マスクで仕事に向かう。
仕事場は、マスク無しでも居られて転地先の家より楽に過ごせる。
昼頃、蒸気が充満。
換気扇では排気が追い付かなくなり、窓を開けるとPM2.5が入ってきてマスク着用。

仕事が終わるなり、家族の家に向かう。
夕方になり、風も出てきて空気も苦くなくなる。
PM2.5の測定値も一気に下がって10μg/m3以下になる。
疲れて20時過ぎには寝てしまう。

29日
家族の家のマイルーム。
後遺症なのか?肺が少し痛い。
昨日の仕事場の窓開放で、寒かったからかもしれない。


次の予報は、31日~1日が多いとか。
今回、予報は25日とあったが、23日から症状があり、27日がピークだった。
四国山脈のおかげで、愛媛県よりPM2.5は少なく済んでるように思う。
用心のままの年越しになりそうです。

◇ ◇ ◇

世の中は~のどかで平和で皆が何も感じることなく過ごせる空気なのに・・・。
何故、私はこんなに苦しいのだろう!?

いつもの景色なのに、私が暮らす所ではない。
ふと、見えない壁で隔てられているような疎外感、農薬散布の時のような疎外感を感じます。

化学物質過敏症(CS)でも、症状の出ない人も居ます。
個人差ですね。
私は、冬のPM2.5に弱いようです。

◇ ◇ ◇

関連記事
2015.12.23. 私のPM2.5対応マスク・・・PM2.5が増えてきた
http://kaze2.exblog.jp/25095634/

2015.12.26. 2015年12月、苦い空気(PM2.5)マスクで過ごす
http://kaze2.exblog.jp/25107894/

2015.10.27. 2015年10月のPM2.5による症状
http://kaze2.exblog.jp/24861314/

クリックよろしくお願いします。
化学物質過敏症(CS)の皆さんのブログに出会えます。
にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2015-12-29 06:31 | 曝露記録 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風