化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

大風邪の影響は口の中にも・・・歯茎からの出血

1月に大風邪をひいてしまい、やっと抜けた感じで、先週のこと1ヵ月半ぶりに歯科に行けました。

いつから出血が始まったのか?
歯みがきの度に、優しくブラッシングしても、歯ブラシはピンク色になっていました。
口の中は、血の味がして不快でした。

私の歯科医は、口の中を診て「元気そうやね」とか「調子悪いみたいやね」と言います。
歯茎の色で分かるようです。

歯科衛生士さんに、歯の掃除をしてもらい、医師は機械を使って(超音波?)歯と歯茎の間を大掃除(?)してくれたようです。
痛くはないけど、水がとっても冷たくて・・・これが、お湯なら気持ち良いのに!なんて思いながら耐えました。

その後~数日、出血はありましたが、徐々に減ってきたところです。

◇ ◇ ◇

口は、皮膚(身体の外側)と内蔵の内膜(身体の内側)の境目になるのですよね。

風邪によるダメージが歯茎に現れていると考えると、歯茎の状態が良くないという事は、内蔵も本調子ではないと考えた方が良さそうです。

身体は、いろんな形で教えてくれているのに、気付けてない事は多いです。

私の歯茎が美しいピンク色になると良いな♪

※10年ほど前、歯茎の色は黒っぽい状態でした。
今は、上の歯茎はピンクに近付きましたが、下の歯茎は~まだ黒っぽいです。


クリックよろしくお願いします。
ランクアップにより、多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
化学物質過敏症(CS)のブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2016-02-10 00:25 | 体調記録日記 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風