人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

キッチンのリフォーム・・・ドアの補修は夫

12月に終るべきキッチンのリフォームは、外回りのコーキングをしたら済むのに、一向に作業連絡もありません。
なので、支払いもしていません(笑)

キッチンの壁は、脱衣場と同じプラスチックの壁材を貼ってもらいましたが、ドアには貼れないとのこと。

私は、壁紙を貼る気に成れず、和紙なら化学物質過敏症(CS)の私にも安全そうなものがあるけれど、キッチンの壁には適さないように思います。

だいたい、ドアは揮発が進んでいつとはいえ、私が苦手な合板ですし。
貼られている壁紙を剥がすのも嫌なので、そのまま封印したいのです。

そこで考えたのが、ポリエステルボードを貼り付ける方法。

最初は、大工さんにやってもらおうと思ったけれど。
大工さんは釘では打てない!タッカもダメ!両面テープなら!という話。

一旦は引き下がりそうになったけど、私は釘で打って欲しい!と伝える。

でも、大工さんは約束の日に来なかったり、来る時間が遅くなって、他の職人さんが来る時間までに仕上がってなかったり・・・。

他の仕事も掛け持ちなのは分かるけど。。。

それ以前に、細工が下手というか、素人の日曜大工でも~もう少しマシではないかと思うほど雑なところもあって・・・。

もう、こちら(家族)でやちます!と 工務店さんに伝えたのでした。

◇ ◇ ◇

夫に・・・ドアに、小さな釘で打ち付けて欲しい!と随分前に頼んではあったけど、私の頭は引っ越しやらマンドリンやら仕事やら~ゴチャゴチャになってて、催促はしてなかったのです。

先日、家に帰った時、なんかキッチン明るいなぁ~って思ったら、ポリエステルボードが貼ってありました。

c0330749_18495971.jpg

薄汚れた壁紙の上に、ポリエステルボードを綺麗にカットして、私の要望通り小さな釘で打ち付けてくれてました。

綺麗な仕上りで感激しました。
大工さんに頼まなくて良かった(笑)

ポリエステルボードが、キッチンの壁(ドアですが)として使用可能なのか?
これは、これから実際に使ってみて実験です。

汚れて、拭いても取れない状態になったり、弱いので~何かをぶつけて破損するかもしれません。
それもこれも試してみようと思います。

◇ ◇ ◇

夫曰く、切り口が弱いとのこと。

そうそう、患者会のパネルの下地にも使っているのですが、パネルの回りは、透明テープで補強してました。

接着剤を使っていないので、釘を抜けばポリエステルボードは外せます。

他に良い方法が見付かれば、変更したら良いし、傷んだら新しいボードを貼り直すこともできるでしょう。

私の留守中にやってくれたので、作業が見られず残念でしたが、夫には感謝です。
ありがとう!

器用な夫で良かったです。

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2017-03-23 18:12 | キッチンリフォーム2016 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風