人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

リフォームキッチン・・・その後

昨年の12月に工事を始めたキッチンのリフォーム。
延々と仕上がらず、しかも私の意とする工事にはならず・・・。
最初からやり直して欲しい!と頑張るにも体力が無く・・・。

やり直すストレスを考え、現状のままで工事完了のサインもして、少しは値引き交渉もして支払いも済ませました。

大工工事の不手際は、この先ずっと毎日目にしながら、私は暮らしていくのでしょうね(涙)

◇ ◇ ◇

当面の課題
◆床のクッションフロア
私は、床の杉板の上に大量に何度も塗り重ねられたパテが原因ではないかと疑ってます。

一度アルミシートで簡単に数日封印し、外した後の臭いや体感で床からの揮発物質による空気悪化を確認。

キッチンは、ドア1枚分が居間に開放された状態で、薄いカーテン1枚で仕切られているが、密閉はされてない。
外からPM2.5対応のフィルター付き吸気扇で24時間吸気と、レンジフードからの24時間排気を半年続けた状態で、私の鼻も慣れたのか?さほど違和感(キッチンに入った時のウッとなる空気)は無くなりました。
換気を止めると復活するかもしれません。

換気しながら使い、具合いが悪くなればアルミシートやキッチンマットを敷いたりして使おうと思います。

◆合板使用の吊り食器棚
メーカーにオールステンレスと確認した上で設置したのに、合板が使われていた食器棚。
棚板は撤去。
天板にホーローパネルを貼る細工を、メーカー側でやってくれました。
返品もOKとのこと。
当初考えていた業務用の吊り棚への変更もお願いしましたが、価格差が大きく追加料金が必要とのこと。

私としては、オールステンレスが気持ち良く使えるけれど、ワンサイズ大きく出っ張る状態。

取り付けられた食器棚の方が、角も丸くて家族も気に入ってる。

天板をはってもらって、格段に臭いは減って、ガラス戸を開けていても頭痛や眼の痛みも無くなったので、使うことに決定。

しかし、ガラス戸を閉めて、しばらくして開けると合板の臭い。
角から臭いが出ていると考えられるものの、アルミテープも買ってきたけれど、貼り付ける作業は出来ずにいます。

厳密に細かい作業は、今の私には出来ず、家族に頼むにも私が気に入る作業をしてもらえるか?なので・・・ガラス戸を開けて放置中。

棚板の変わりになるものを、ずいぶん探したけれど、帯に短したすきに長しで見付からず。

分厚いけれど、私が使えるシンゴンの板で棚板を入れようかと思案中。
これもきっちり切り出す必要があるので、どうしたものか。

あの工務店に頼むのも、悪夢がよみがえるというか、思い出したくないことが出てきて悶々とするのも嫌で頼めずに・・・。

◆キッチンカウンターの引き出し
ホーロー仕上げ、補強合板もアルミテープで封印したキッチンカウンターは快適でした。
しかし、ある時、ふと、引き出しを開けて臭ってみたら不快な臭い!

慌てて全部の引き出しをチェック。
臭いのは、ほとんど開けることがない、奥の冷蔵庫近くのみ。

何から出てるのか?床や奥の壁などの空気が溜まるのかもしれません。
(引き出しに入れてあったものも出してみた)

これも換気しかないかな。
家族が閉めずに開けておくよう貼り紙をして開けておくことに。

◇ ◇ ◇

半年経っても、一向に改善に向かってないキッチン。
こんなハズじゃなかった!

家のあちこち~たくさんリフォームを重ね、学んできたこと全てを注ぎ込んで挑んだキッチンリフォームだったのに。

悔やんでいても仕方がない。

いろいろ始めるのは、農薬が減る秋でしょうか?

今も、しばらくキッチンに居ると、不快臭は無くても、身体がだるくなったり息苦しくなったり。

それでも、私はキッチン空気に慣れるため、毎日キッチンに入ってます。

お湯を沸かしたり、パンを焼いたり、卵を焼いたり、自分の朝食と昼食は1Fのキッチンで作ります。

一時、夫も1Fでコーヒーを入れたりしてましたが、使い慣れた2Fキッチンに戻ってます(笑)

それでも・・・リフォーム前のキッチンより、快適なんですよ♪

後、空気清浄機の利用ですね!

当初置いてましたけど、いろいろ原因を見付けるため、今はキッチンには空気清浄機を置いてません。



クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2017-06-28 08:12 | キッチンリフォーム2016 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風