人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

坦々と畝作り・・・私の自然破壊

晴天続きで早朝と夕方は、南国畑に通う日々。

ずっと~しゃがんだ姿勢も良くないけれど、登り降りとか、重い物を持つ、立ちっぱなしは無理でも、しゃがんでの畑作業は可能です。

身体も外気温で暖めて、血流を良くして汗出しも兼ねて、のんびりの作業です。

◇ ◇ ◇

朝の畑と夕方の畑の水分の違い。
草が繁っているところと、草刈りしたところの違い。
一度、早春に耕うん機で耕してもらったけど、そのまま半年放置の土と、私が茅の根っ子を掘り出して細かく粉砕された土の違い。

いろいろ体感しながら・・・
私って、自然破壊しているんだ!と実感。

粉々に砕かれた土は、野菜が育つには最悪の環境に思えてきた。

今日は、さつま芋畑にいた大きなヨトウ虫を2匹も駆除。
大量発生のカタツムリも、きりがないけど見付けたら駆除。
生態系も破壊してます。

草の根やミミズが懸命に作った、水持ちが良く、小さな空洞がいっぱいの土を砕くのも・・・。

私、何やってるのかな!?
やり方間違っているんじゃない!?
自問自答しながらの畑作業。

◇ ◇ ◇

太い茅の根っ子を引っ張り出しながら・・・

虫たちが生き生きと暮らす茅の野原が良ければ、こんな自然破壊はしないよね。

だいたい、野原に美味しい野菜を植えることが不自然なのです。

不自然な野菜を育てて食べたいから、壊しているのです。

茅の太い根っ子を除けて、一度ご破算にした後、草や虫、微生物に助けてもらって、自然に近付けた土にしようと企んでいるのです。

◇ ◇ ◇

手鍬で土は崩すけど、手で茅の根っ子を出し、手ですくっては盛り上げて、畝が出来てきました。
c0330749_12050734.jpg

高畝にしたいけど、乾いた土は崩れてしまうので、板でせき止めてみました。

これで、大根の種が蒔けると思ったけれど、雨が降ってくれないことには砂漠に種を蒔くような感じです。

◇ ◇ ◇

人参の種も、ドンピシャ蒔いた直後に大雨だったけど、その後1滴も降らないから芽は出てくれません。

芽を出さずに待っててくれたら、次の雨で発芽してくれるかな!?

人参の種蒔きが済んだ畝の隣、被せてあった枯れ草を除けてみたら、畝はカラカラに乾燥してました。
c0330749_12050869.jpg

草を刈った後の土は、しっとり湿っているのに、草の根も除けて砕いて盛り上げた土はカラカラです。
私が自然破壊した結果です。

今日は有機石灰とバークを入れ、また枯れ草をたっぷり被せておきました。
雨乞いするしかありません(涙)

◇ ◇ ◇

駆逐の甲斐あって、野菜たちにとまるカタツムリは減ってきましたが、毎日のようにヨトウ虫の卵塊が・・・。
c0330749_12050915.jpg

これを見逃すと、またエライコトになります。

◇ ◇ ◇

やっと湿疹の方が鎮静化したというのに、昨夜から眼が変です。

休め!のサインでしょうか!?
症状は大したことないけど、いつもとは違うので要注意です。

クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2017-08-27 11:04 | 畑作業 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風