化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

食生活を見直す!2018・・・無添加、パン絶ち、ボーンブロス、たんぱく質

年頭にいろいろ書いておきたかったのに・・・年末年始の電磁波に遣られて、パソコンもスマホも電源オフで今になりました。

毎年、年単位で生活を見直しています。
たくさんの不定愁訴を抱える化学物質過敏症(CS)の私。

根本的に、これまでと同じ生活をしていては、体調悪化はあっても改善には向かわないという考えを持っています。

もちろん生活を変えることにより悪化することもあります。
そこは、ピンチはチャンス!
悪化原因が見付かったと考えて、気付いたところで軌道修正してきました。

そうやって13年過ごし、回り道しながらも、ゆっくりではあるけれど確実に体調は良くなっています。

◇ ◇ ◇

2018年は、食生活を見直そうと思います。

とはいっても、夕食は息子に頼んでしまって、厳密な食事制限に取り組むことは、現実的ではありません。

ゆるく・・・では、効果を実感するのは難しいかもしれませんけど、どっちに向かえば良いのか?探ってみようと思います。

何しろ2017年は、転地先から自宅に引越すという、いわば空気環境の大きな変化に身体を慣らす(?)ことと、10年間の荷物の処分と移動をほとんど自力でやる(人に任せられない)という大仕事で食生活が二の次になっていましたから。

◇ ◇ ◇

やっと本題。

◆より添加物の少ない食事
昨年の引越し後も、自分で用意する朝食昼食も外食やインスタント(添加物少な目)のものに頼っていたのを、出来る限り手作りする。

何故か、犬猫の食事の一部を私が手作りすることになり、おかげで台所に入る回数も増えました。
自分だけって手抜きに向いますが、犬猫であっても少しは気を遣います。

今は、リオ(犬)の具だくさん雑炊(おじや?)の具をシェアして、以前よりは野菜やお肉も増やせています。
ダシの素も砂糖も・・・添加物無し!

◆朝はパン食を止める
いろんな不定愁訴は取り除くことは出来たのに、お腹が弛い状態。
これでも、以前よりは下痢の回数も激減し、じわじわと改善できているのですが、更に良い状態にしたいと願っています。

せっかく良いものを食べても、吸収出来てず、身体で利用できないのは残念でなりません。

医療機関で調べたわけではないけれど、リーキガット症候群とかも疑って、ほんとは数か月小麦粉絶ちをしてみると良いと思っています。

でも、厳密やるとなると・・・今の私には無理。
家族に頼んで食事制限も無理。
友人との交流を制限するのも無理。

手始めに、数日のパン絶ちをしてみて・・・
まだ?なんですが、お腹のガスが減ったように思います。
便の回数も少なく、若干固まってきた(?)ような。

数日で、少しは変化があったから、何度か繰り返してみようと思います。

方法は・・・
毎朝、必ず食べていたパンを止めること。
これなら息子の負担が増えません。
友達とパン食モーニングの日は、大目にみるとしましょう(笑)

これでも、以前と比べたら、かなり小麦粉減らせると思います。
そこから先に進むかどうかは・・・また、考えようと思います。

◆ボーンブロス(骨スープ)を摂る
リーキガット症候群の治療にも良いとか。
1度、鶏の手羽先で、ボーンブロスを作ってみて、私にも作れることと、美味しくて飲み易いこと、身体も嫌がっていないことを確認。

出来る範囲で、スープや味噌汁などにして飲もうと思います。

◆動物性たんぱく質を積極的に摂る
化学物質過敏症(CS)になってから、お肉も卵も食べられない時期がありました。
今は食べられるのですが、少な目です。

体力アップ、筋力アップのためには、動物性たんぱく質も必要と思います。
たくさんは食べられないけれど、ちょっと意識して食べようと思います。
卵は、1人分の料理に便利ですね。

◇ ◇ ◇

ほんとは、発芽玄米も!と欲張りたいけれど、腸の改善が進んでからでしょうか。

いずれにしても、食生活をいきなり変えると身体は変化すると思います。

これまで以上に身体の声に耳を澄まさなくてはいけません。

そして、良い効果があっても、数か月で中断し、方向を確認することも忘れないようにしたいです。



1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村

[PR]
by 2kaze | 2018-01-29 07:08 | 自己治療・体調管理 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風