化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

換気扇工事で香料曝露・・・痰がからんだ咳、めまい

工事は明日になるかと思っていたけど、早く済ませたかったので、夕方に来てもらった。
c0330749_00561077.jpg


c0330749_00561175.jpg


c0330749_00561342.jpg


PM2.5対応の給気扇と排気扇・・・昨年、それ以前に付けてもらっていたものが、私の希望
と違っていたので、付け直してもらいました。

これまで使っていたものより、しっかり空気が取り込めるようです。
PM2.5が少ない日に工事出来て良かった♪

◇ ◇ ◇

工事は、スムーズに終わったけれど・・・。
何度もしつこくお願いしているのに、担当者の香料臭は相変わらずで。。。
改めてリーフレットも手渡し、化学物質過敏症(CS)患者には、合成洗剤も柔軟剤も厳禁と伝える。

私は、これまで薄手の活性炭マスクでも、息苦しくてもさほど曝露症状は無かったけれど。

今回は、担当者が帰られて、直ぐに衣類は着替えて、設置された給気扇と排気扇をしっかり回して、業者も立ち入ってない2階の居間で夕食を食べました。

1時間ちょっと経って、1階に降りると、そんなに強くは無いけど甘酸っぱい香料臭が残ってました。

これ位の臭いなら、大丈夫かとも思ったけど、エアイーサー(空気清浄機)を動かし、シックシェルターのテント(家庭用クリーンルーム)も閉じてテント内にクリーンな空気が入る状態で布団に入りました。

寝る支度をしている時、何だか頭がふらつく感じが始り、横になると~明らかに揺れてる感じ。
軽いめまいが起こっているようです。

参ったな!と思いつつ、明日はカーテン洗った方が良いかな!?とか考えつつ、うとうと。

それまで、ちっとも風邪っぽい症状は無かったのに、今度は痰が出てきて、何度もティッシュを取っては吐き出すようになり。
吐き出そうとしたら咳も出るようになり、肺や喉も痛くなる。

何度も会ってきた人なので油断してました。
香料臭を持ち込まれることは想定して、布団が汚染されないように、テントは閉じておきました。

1時間以上経ってから、症状が増えて戸惑ってます。

私は、化学物質過敏症(CS)を発症した当時は、とても香料臭にも敏感で、血圧が舞い上がったり、喘息発作を起こしていたけれど、代替治療に通い激しい症状は、滅多に出なくなっていたのに。

今思えば、今日の担当者の香料臭は、以前と少し違っていました。
新しい洗剤や柔軟剤に変更していたのかもしれません。

新製品は、香料臭が長もちするように開発され、身体へのダメージは大きく大変です。
今夜は、眠れないかも・・・。

blog入力中も、何度も痰が出てきます。
何か肺に貼り付いてしまった感じ。
痰にからめて出そうとしても、なかなか取れない感じ。

◇ ◇ ◇

業者には、化学物質過敏症(CS)の方の相談が増えているそうです。
更に勉強して、身体に優しい家造りをしたいとおっしゃってます。

CSに寄り添っていただけるのは有り難いけど・・・。

合成洗剤や柔軟剤を使ってたら、患者は会うことも難しく、家を建てる以前に体調を崩してしまいます。

担当者はもちろん、会社ぐるみで、せめて香料は排除してくれないと話にならない!と伝えました。

そんな香料臭も排除できないような、生半可な対応でCS患者と関わるのは言語道断。

何度も伝えてきたのですが、実行できないようなので。
もし、会社がCS対応を目指すなら、別な対応できる人を雇って担当してもらわないと困ります。

◇ ◇ ◇

CSで苦しんでる人に、更にダメージを与えてノックアウトするつもりなのか!!!

油断していたとはいえ、回復に向かっている私でさえ、1時間足らずの接触でこんなに症状が出てるのに。

今時の柔軟剤の恐ろしさは、これまでのものとは違って強烈になっていることを、身をもって体験している私です。

今日の担当者以上に強烈で、街ですれ違っただけで、倒れそうになる香料臭もあるのです。

CSと関わる仕事をすると言うので、辛口になってしまいます。
でも、伝えなくては!



1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村

[PR]
by 2kaze | 2018-02-10 23:32 | 曝露記録 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風