化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

「種」はどうなるの?・・・その2

「種子法廃止で日本の食と農業はどうなる?」という題での講演を聞いて思うこと。

私なりに反芻してたら、ちっとも進まないけど、あまりにも情報が多くて整理できずに困ってます。

前回の記事から続きます。

第2次大戦後、爆弾を作る工程はそのまま化学肥料生産に置き換わり、生物兵器の技術が農薬製造にいかされたとか。

微生物と植物の共生関係は無くても、化学肥料で作物の増産ができるようになり、化学肥料工場(企業)が食糧生産を支配する時代になっていく。

そこに、遺伝子組換え技術が加わって・・・。

遺伝子組換えの種の特許が認められるという事態になった。

農家が引き継いできた種を元に、遺伝子組換え技術で作られた種なのに、企業が作った種には特許が認められ、自由に使うことができないことになってるらしい。

だいたい、売られている種は、外国産のものが多いし、F1という種は、種採りしても次には前作と同じものが採れなかったりするので、私みないな趣味的に栽培してたら、違うのが出来た!と笑っていられても、農家さんは収量が見込めなくて困るでしょうね。
それで、高い種を毎年買うことになってるらしい。

美味しかったミニカボチャも、ミニきゅうりも、私が種採りして3代目になると大きなサイズになって面白かったけど・・・。

世界の種の7割、農薬の8割がたった6つの遺伝子組換え企業が握っているとか。

◇ ◇ ◇

頑張って種採りするしかないよね!
今日は、やっと南国に行って、私も大根の種採りしてきたよ♪
かなり鳥さんとかに食べられたけど。
c0330749_13422989.jpg

これで、8~9代目と思うけど、大阪の田辺大根は、高知のマイ大根になってきたと思います。
ちょっと種も小さくなったかも。

◇ ◇ ◇

「モンサント法案」って、種の保存を認めず、毎年新しい種を買うことを強いるような法案が批准され、TPPとも絡んでるそうな・・・このあたりのことは、私は説明できません。

日本も、徐々に自家採取を禁止する種を増やす方向にあるそうな。

私は、とってもテキトーに手に入る種を使ってきたけど、これからは在来種に切り換えようか!

企業は企業でお金を儲けてもらうのは良いけど、元は長いことかけて農家さんが繋いできた種を、遺伝子組換え技術で手を加えて、農家さんには自由にさせないっておかしい!
私は、講演を聞いて思ったことでした。

まだまだ、いっぱい聞いた話は、また今度。



1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2018-06-25 13:11 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風