人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

CSの眼科手術体験記録・その②

「めちゃくちゃ眩しいけど慣れるからね」手術担当医の優しい声掛けにより手術は始まった。

眩しくても目蓋を閉じることも出来ない・・・まな板の上の鯉。

最初に白内障の手術。

どんどん目に薬剤が注がれて~真っ白だったのが、泡ぶくにおおわれたり、光が反射して万華鏡を覗いているような不思議な世界。

切って目のレンズにあたる部分の内容物(?)を吸い出し・・・新たにレンズを装着。

医師に頭の角度や目の方向を指示されるけど、目の前の景色も変化して、動かさないように言われても目で追ってしまったり、自分の目なのに指示通りに出来ない。。。

でも、レンズは入ったそうで、時間通り手術は進んで次に硝子体の手術に移るとか。

脈拍の音なのか、ピコンピコンと鳴っていて、自分の手術なんだけど、ドラマを見てるような感じ。

そして・・・痛くはないけれど、徐々に心臓が痛くなっていた。
まだ我慢出来るけど、一段落の時に胸が痛いと伝える。

ここで手術が中断も困るから、ずっと浅い呼吸しか出来ないけど、呼吸は苦しくなかった。

∞ ・・・ ∞ ・・・ ∞

いよいよ・・・目に刺すんだ!
ズキンと重苦しい痛みがあったけど、刺す時だけだった。
注射の針を刺すほどの痛みではない。
それが3回。

この3ヵ所から、器具を入れて硝子体内部の手術をすると聞いていた。

その後は、これまでと見える景色が変わって・・・目の前には宇宙遊泳のようにゴミのようなものが泳いでる。

それをバキュームで吸い出したり、液が注入されたり。
目玉の中を大掃除しているような。

次に、小さなハサミのようなものが、懸命に引っ張って、また引っ張って・・・。

医師が「サランラップのようなものが貼り付いている」と事前に説明してくれてたけど、本当に薄い薄い膜をハサミでつまんでは引き剥がす作業。

「動かないように!」と言われてるのに、目の前をハサミが通過すると、目で追ってしまう。。。

この辺りは、医師との共同作業の気分。
いつの間にか頭は、誰かに押さえられていた。
目玉を固定できるのは私だけ。
頑張れ自分。

薄い膜が引っ張られると、わずかに手の甲をつねられてるような鈍い痛みもあり、目の前の現実とは思えない景色を堪能(?)しながらも、痛みで現実と認識。

やったー!
膜が剥がれた!

また、バキュームで吸い取られ、液が入れられ大掃除。

最後に、外から見えない硝子体の顔の前面寄りの部分に異常がないかチェック。

事前説明では、押さえながらチェックするので、これが一番痛いと言われてた。

確かに痛いけど鈍い痛みで、歯医者の治療と比べたらずっとマシ。
もう少しで終わると思えば頑張れた。

目より~私は胸や背中が痛かったけど。。。
心臓が耐えられないなら、心電図にも出るだろうと開き直ってた。

∞ ・・・ ∞ ・・・ ∞

「予定通り終わりました」と言われホッとする。

後半は、ずっと歯を食い縛っていたように思う。
ただじっと横たわって過ごすだけだと思ってたけど、目の向きの指示があったり、私自身もずいぶん忙しかった。
心臓は、1時間走り続けていたような感じ。

手術した目には、どーんと大きなガーゼが金属のガードと一緒にテープで貼り付けられた。

身体に付けられてた装置は、手際よく外されていった。
目の周りのテープを剥がし、被せられてた不織布のキャップもベッタリテープ貼りでベリベリ剥がす。

そして・・・椅子は起こされ車椅子に移るように言われる。

以前、歯科麻酔で猛烈なめまいとなったこともあり怖かったけど、よろよろと移動出来た。
やれやれ。

「手術怖かったですか?」
「血圧が190になってましたよ!」と言われる。

手術・・・確かに怖かったけど、血圧が上がったのは、寒さと薬剤や手術室での曝露が原因だと私は思う。

この病院の眼科スタッフは、化学物質過敏症を多種類アレルギーと捉えていて、私には短時間で的確に化学物質過敏症が伝えきれていない。

それでも、全力で可能な限り配慮して治療してくれた。
感謝するばかりです。

手元が狂えば、私は失明していたかもしれない・・・と思う。

∞ ・・・ ∞ ・・・ ∞

とにかく疲れた。
大きな症状も、痛みもなく終わって良かった♪

予定通り、入院せずに帰って良いとのこと。

手術室に向かう直前に、終了予定を知らせてあったから、会計窓口に降りたら娘が迎えに来てくれてた。

写真を自撮りしたら、とんでもなく恐ろしいことになっていた(笑)
独眼竜政宗・・・!

目の部分だけ一度載せましたが、これも怖いので削除しました。

1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2019-07-25 19:00 | 医療・治療 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風