人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

2015年 06月 23日 ( 1 )

化学物質過敏症(CS)に限らず、身体が弱っている人、呼吸器の疾患や花粉症の人など、もっと多くの方々も利用されると、より良い体調になられると思うのですけど!!!
薬を飲まなくても眠れるようになると思うのですけど!!!

◇◇◇◇◇

シックシェルターのフィルターを交換し、昨夜は良く眠れました。

もう1日空運転してからテントに繋ぎたかったのですが、もう1台空気清浄機を動かしている寝室でも、若干喉が痛くなる(土間や外はもっと辛い症状)空気環境なので・・・眠る時にテントに繋ぎ、テントを閉じました。

曝露や疲れで夜中に何度も目覚めてしまう私ですが、朝までぐっすり眠れました。
毎日毎日、シックシェルターに守られて・・・有り難いことです。

私について「重症の化学物質過敏症(CS)の人で、空気清浄機付きのテントを使わないと生きていけない!」みたいなことを言われる方もいらっしゃいます。

これは間違ってると思います。

「重症」という概念は、人それぞれと思いますけど、私自身は重症と思ったことは一度もありません。

空気清浄機付きのテント(シックシェルター)を使わないと「生きていけない」ではなく、これがあるから「回復した♪」「生活レベルが向上した♪」というのが正解だと思います。

確かに、とても高価な設備です。
回復用の機器として、これに保険が適用されたら良いな!とも思います。

化学物質過敏症(CS)が回復に向かうには、体調悪化の原因物質を「避ける」「取り込まない」ことが必須です。

空気というものは、24時間休まず吸い続けるしかありません。
この空気は良くないからと、選んで吸わずに!なんてことはできません。

活性炭マスクや防毒マスクは、どうしても吸うのに抵抗がかかるので、24時間着用では身体に負荷がかかり、病気の回復には適しません。(一時的な防御用と私は考えてます)

懸命に食べ物も厳選し、今より農薬の少ない所に転地をしても、残念ながら回復に向かえなかった私が、農薬散布地域で暮らすしかない状態になり、生き延びる頼みの綱として購入したのがシックシェルターでした。

結果として、農薬に右往左往する生活でも、シックシェルターのおかげで下降するばかりだった体調が、上に向かうようになりました。

日中は悪い空気でも、せめて寝ている間はより良い空気を身体に入れるって、何よりとても大切なことと思います。

酸素カプセルなどというものがあるそうですけど、シックシェルターでリフレッシュ♪も普及して欲しいと思います。

シックシェルターに感謝の日々です。
http://www.ntkk.co.jp/sickshelter.html

良い空気が一番♪シックシェルターに感謝_c0330749_07174249.jpg


クリックよろしくお願いします。
化学物質過敏症(CS)の皆さんのブログに出会えます。
にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2015-06-23 06:35 | 自己治療・体調管理 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風