人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

2015年 08月 07日 ( 1 )

家族の家の近くの小学校で、耐震工事が行われています。
工事は、3月か4月頃から始まっていて、気になりつつも・・・自分の家の増築工事や転地先の農薬散布の対応に追われていました。

もう終わるかと思いきや、11月まで続くという事で、娘も時々体調が優れぬようなので、問い合わせて「工程表」は届けてもらえるようになりました。

児童が登校しない夏休みに集中して工事が行われるので、土日も休みなく工事が続いています。

特に苦手なコンクリートを入れる作業も、連絡がもらえるようになり、外気に注意しながらの生活になっています。

◇◇◇◇◇
<より具体的な工事内容を!>
今日は、娘も一緒に、患者会メンバーも同行してもらって、工事関係者や行政の方も交えてお話ができました。

それこそ、ご近所の小学校の耐震工事を経験された患者仲間が、具体的に体験した事を伝え、どんな対応をしていただいたか・・・伝えてくださり、ほんとに助かりました。

工事関係者も化学物質過敏症(CS)に何が危険なのかが分からず、私や娘もどんな工事が身体に障るのかが分からず、その間を仲間に埋めてもらえたように思います。
ありがとうございました。

接着剤や有機溶剤等の薬品を使用する時、塗装工事、コンクリート工事、防水工事など・・・ただ、工事連絡だけでなく、少量なのか、多量に使用するのか?短時間で済むのか?1日中なのか?可能な範囲で具体的にお知らせいただけると有り難い!と伝えることが出来ました。

私は、何をどのように伝えたら良いのか?分からず困っていたので、助かりました。

11月に南舎の耐震工事は終わるのですが、来年の夏には体育館の工事があるとのこと。
体育館の床には大量の溶剤が使われるそうで、患者会メンバーも体育館工事は、離れていたのに大変苦しい思いをしたとか。
来年の夏も、担当者が代わっても引き継いで連絡をしてくださるとの事です。

◇◇◇◇◇

<シックスクールの危険も伝える>
夏休みギリギリまで工事があり、直後に児童は工事が済んだ教室に入るとか。

耐震工事によりCSを発症された事例を紹介し、実際に高知で子どもさんが発症された事、工事関係者と連絡を密接に行い、症状悪化を防ぐことが出来た事なども伝え、配慮をお願いすると共に参考記事や資料などもお渡ししました。

主に教室の外の工事であっても、工事後に床にワックスをかけるという話もあり、せめてシックスクール対応のワックスにして欲しいと伝えました。

短い時間で、何もかも伝える事は難しいです。
体調不良の私達の話は、まとまりもなく理解いただけたかどうか?
これからも、なんらかの形で患者会から、提案等できたら良いな!と思います。

◇◇◇◇◇

お忙しい中集まっていただき、患者の声に耳を傾けていただき、感謝しております。
より安全な工事となり、児童にも負担のない工事となる事を願い、工事関係者の皆様とも良い関係でありたいと思います。

これからも、出来る範囲で活動したいと思います。

もっと、私が動かなくてはいけないのに、いっぱい手伝ってくれた患者仲間にも感謝です。

◇◇◇◇◇

私自身は、農薬曝露、歯科治療ダメージから浮かび上がれないまま、今日は話し会いの場にも出向きました。

口が動かし辛い症状が出てきて、思うように話せないところもありましたが、直接お会いできて良かったです。
(工事現場には入れませんし・・・)
手が震える自律神経失調症の症状もありました。

お会いしたのは、役場別館のロビー。
ロビー内はまあまあでも、すぐ隣は大きなビルを建設中で、マスクでの通過もヨロヨロでした。

クリックよろしくお願いします。
化学物質過敏症(CS)の皆さんのブログに出会えます。
にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2015-08-07 20:25 | 患者会・CS交流 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風