人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

2015年 08月 12日 ( 1 )

ほんの数ヵ月程で種を残すものもあるけど、ニンジンは1年がかり。

<種が出来るまで>
今回のニンジンの種を蒔いたのは、昨年の9月のこと。
実は、固定種のニンジンの種をいっぱい蒔いたのに、芽生えたのは、たったの3本でした。

それも、とっても小さくて、収穫せずに放置していたら、ぐんぐん背が伸びて、私より大きくなりました。
花の高さは、180cmはあったと思います。
c0330749_22205180.jpg

5月の末から花が咲き始め、8月になって、やっと種になりました。
正確に言えば11ヵ月ですけど、まだ実っていない種もあるので、1年がかりになります。

ニンジンの根っこを食べるなら数ヵ月なんですけど、1年も畑を占領するので、ちょっとねぇ~。
でも、ニンジンの花は美しいので、咲かせてみたくなるのです。

しかし、今年の梅雨は休むことなく長く降り続き・・・種を収穫する前に、花の天辺で、土も無いのに芽生えて驚きました。
c0330749_22321890.jpg

しかし、双葉は、翌日の大雨の後は無くなっていました。地面に落ちたのでしょうか?

<種採り>
やっと梅雨も開けて、日照りと猛暑で、種もすっかり乾きました。
c0330749_22371029.jpg

農薬散布と高温を避け、部屋で種を選り分けました。
たった1本のニンジンから、途方もないほど、たくさんの種が採れます。
何故、こんなにたくさんの種が必要なのでしょう?
これが全て育ったら、うちの畑はニンジンの森になってしまいそうです。

あまりにも多くて、ものの本によると、種の回りの小さな毛を揉んで取り除くように!と書かれてありました。
とても私に出来る作業ではないけれど、一部しっかり揉んで選り分けてみました。(種の写真左下の右側)
残りは、ほぐして、毛が付いたまま袋に入れました。

<種蒔き>
今日(8/12)、ほんとに久しぶりに雨が降りました。
例年、9月の半ば、農薬散布が一段落した時に、ニンジンの種蒔きをしてきたのですが、今年はかなり早目ですが、種を蒔きました。

ニンジンは、種蒔き直後は水が必要なようです。
発芽にも1週間かかります。

間もなく第2回目の田んぼの農薬散布が始まり、8月末にはピークを迎えます。
私が、水やり出来そうな日は、10日が限度かもしれません。
なので、雨も降った今日の種蒔きになりました。

自家採種の種なので、ちゃんと発芽してくれるか心配です。
ダメだったら、9月に蒔き直そうと思います。

あらかじめ草を刈ってあった畑の一角。
半分は、種の毛を揉んで落とし、1日冷蔵庫に入れ、1晩水に浸したものを蒔き、残り半分は、揉まずにそのまま蒔きました。

軽く鎮圧し、籾殻を被せ、不織布を被せ、しっかりたっぷり水を撒きました。
雨も降ったけど、地表1cmしか濡れてなかったので。

よく考えたら、私この固定種のニンジン、1本も食べてません!
美味しいのか???(笑)

F1の種も、蒔いてみる予定です。
何もかも・・・私の体調次第の畑作業です。
今日は、涼しかったので、種蒔きできました。

クリックよろしくお願いします。
化学物質過敏症(CS)の皆さんのブログに出会えます。
にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2015-08-12 17:50 | 畑作業 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風