人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

2015年 10月 13日 ( 1 )

CSの私の台所事情・症状

《家族の家の台所》
家族の家の台所は、私が結婚以来使用していたのですが、化学物質過敏症(CS)を発症してからは、とても苦しい場となりました。

ほんの畳2畳ほどの狭い空間。

換気扇を回すと、家中の汚染された空気が集合してくるようで、それは息苦しくなるのです。
おまけに、換気扇の振動がダメなのか?電磁波の問題なのか?モーター音と共に胸が締め付けられるように苦しく、頭の中もかき混ぜられてるような不快感があり、イライラしてきて耐えられません。

狭い台所ゆえに、冷蔵庫もガスレンジも1歩動くだけ、向きを変えるだけで使える距離にあり、電子レンジは冷蔵庫の上に置いてあるので、頭のすぐ横という、最悪の状態です。
まあ、レンジは短時間であり、その間離れることが可能なので、付き合おうと思えば何とかなる感じです。

しかし、瞬間湯沸し器が、顔の前というのは許せません。
浄水ではないお湯が出てくるし、排ガスが顔の前に出て苦しいので、私は使いません。
(ハーレー2の浄水器は設置しているので、冷たい水は使えます)

ガスレンジは、まだ何とか使えるのですが、換気扇とセットで使うしかなく、使う時は、忍耐、辛坊、我慢、根性・・・という感じです。

電気炊飯器もイライラするので、私が家族と暮らしていた頃は、ベランダでご飯を炊いていました。

◇ ◇ ◇

こんな状態で、とても料理どころではない私。

CS以前に体調を崩した頃から、朝と昼は、各自自由な時間に好きな物を食べて、晩ごはんのみ一緒に楽しく集うのが我が家のスタイル。

今は、晩ごはんは息子が作り、後片付けは娘というスタイルです。

私としては、少しは手伝いたいものの、調理が始まると台所に居られないので、下の自分の部屋で、お声がかかるまで待機です。

《転地先の台所・古民家》
転地先の台所は、古民家の広い土間で、天井も高くて、換気扇にはちょっとイラつくけど、料理も作れてます。

湯沸し器も外に付けてあるので、お湯も使えるし、井戸水は塩素臭も無くて楽です。
飲料水は、ハーレー2にプレフィルターを付け、煮沸したものを使っています。

電子レンジは、なるべく使わないようにしてるのですが、10畳以上はある土間の反対側に置いてあるから・・・6mは離れて使ってます。

冷蔵庫も1~2mは離れて、洗い物やガスレンジ使用時も楽です。

オールステンレスの中古の業務用キッチンを並べて使えてます。
空間が広いので、冬は寒くて大変ですけど、空気は楽です。

しかし、農薬シーズンは、すき間からドンドン農薬が侵入してきて息苦しく、料理どころではなくなります。

《家族の家のリフォーム》
さて、家族の家にはもう1つ姑が使ってた台所があります。
40年以上経過した台所は、ボロボロで・・・
瞬間湯沸し器が外付けになってる以外は、2階の台所と変わり無く、このままでは私は使えません。

天井が低いので、空間が狭くて、とても息苦しい場となっていて、リフォームの案も行き詰まっています。

台所が快適な場となれば、家族との暮らしも、より良い方に向かえるのですが。。。


クリックよろしくお願いします。
化学物質過敏症(CS)の皆さんのブログに出会えます。
にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2015-10-13 18:24 | 症状(支障) | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風