人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 03月 24日 ( 2 )

スマホの機種変更から1ヵ月。
なんか1ヵ月間だけ無料のサービスに入ってたよね・・・要らないのに。

その期日は、作日でした。

ネットで解約も出来るハズ!
1日でも過ぎると1ヵ月分の料金がかかるとか。

いくつかネット上で解約出来たけど、1つは~いろいろパックになってて、ネット上の文章を何度も読むけど内容が分かりません。

電話で聞いても、たぶん理解できないので、行きたくないけど香料臭と電磁波も多いdocomoショップに行きました。

◇ ◇ ◇

どんなサービスなのか?具体的に聞くことが出来、便利そうなこともあるけど、無くても良さそうな感じです。

パックものは、やはり~1つだけ止めても、料金の節約にはならないようで、説明を聞いた後、全部解約してもらいました。

必要なら直ぐに入れること、入るなら月末〆なので月始めがお得とのこと。
いろいろあるんだぁ~!

直接聞いても直ぐには理解できないこともあって、質問を重ねてやっと判断できました。

別にバカでもマヌケでも良いのです。
正真正銘の私ですから。

取り繕って聡明な人で居るのは疲れます。

◇ ◇ ◇

実は、私は~元々人とのコミュニケーションが苦手です。
電話は更に苦手です。
(人は大好きですけど)

しかし、化学物質過敏症(CS)を発症してから、よりいっそう頭は働かなくなり、当たり前のことも理解出来なくなりました。

文字を読むこと自体が苦痛であったり、読んでも読んでも理解できないこともあります。
我ながら呆れます。

自分で解決できないことは、聞くしかないと・・・発症してから、苦手でも必要に迫られて~勇気を出して(笑)人に聞くようになりました。

恥も外聞もありません。
ほんとに困るんです。

◇ ◇ ◇

良くある話・・・私の場合

やり方が分からない私。
家族が使用説明書などを持ってきてくれて、これを読めば出来ると教えてくれる。

じっと説明書の文字をたどる私。
文字が目で追えない時もあるし、1つ1つの文字は読めても、記憶できないのか読んだ先から忘れて理解できない。
まるで文字を覚えたばかりの子が、仮名を1つ1つたどるよう・・・。

呆然と説明書と向き合う私に、家族は読んで内容を説明してくれる。
でも、早口で読んでくれると、ちょっと待って!とストップをかけないと、記憶できずに元のもくあみ。。。

家族は、かいつまんで要約して説明してくれる。
ああ~世話のやける私です。

◇ ◇ ◇

疲れてる時、何かに曝露した後に、こういう症状は重くなり、全く何も受け付けなくなることもあります。

でも、良い環境に居る時は、何の問題もなく、それなりに文章の理解が出来る私です。

回りの人には、私の脳の状態までは見えないので、どう接したら良いのか困ると思います。

◇ ◇ ◇

3月末までのたった1週間。
必要の無いサービスに、何千円かを支払わずに済みました。

必要なら、4月始めに契約しましょう!

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2017-03-24 09:25 | 症状(支障) | Comments(0)
「小樽・子どもの環境を考える親の会」の記事の紹介です。

多くの方に知っていただきたいです。
記事を読んでください。

2017.3.20.全国の先生・教育委員会の皆様へ・・・拡散希望
http://blogs.yahoo.co.jp/kankitiao/14923927.html

記事より

全国の先生・教育委員会の皆様へ

保護者のみなさんに対し
香り付き柔軟剤や洗剤の使用を禁止してください。 

なぜなら、「香り」成分は、ずべての子どもに有害だからです。
有害物質は、呼吸から入り込むのが一番多く、そして危険なのです。

◇ ◇ ◇

これは、化学物質過敏症(CS)だけの問題ではありません!

香りは・・・子ども達に限らず化学物質過敏症(CS)を発症していない方々の身体にも影響を与えています。

不定愁訴などとなって症状が現れているのに、気付かず使い続けておられます。

そして、会う人、すれ違う人、ご近所の空気、公共の場の空気も汚染し、タバコの害と同じく、ご自身だけでなく、回りの親しい方や見ず知らずの方まで害を撒き散らしていると・・・私は感じています。

大人は自業自得と言いますか、自分の責任ですが、子ども達には選択の余地が無く、否が応でも香りが充満した中で暮らさなくてはなりません。

小樽の会でも香りで学校生活が成り立たない!という相談が増えているとのこと。

私の身近な患者仲間の間でも、実際に学校に通えなくなっている子ども達が居ます。
担当の教師さえ、香りの強い柔軟剤をやめてくれず、個人教授も家庭訪問も受けられません。
子どもの学習権も義務教育も無い実態が多発しています。

保育園でも・・・
無香料でノンケミカルな暮らしをされてる家庭の子どもさんが、保育園から帰ると香りに包まれていて、その香りで家が汚染され大変とのこと。
家の汚染以上に、保育園に通われる子どもさんの身体が蝕まれていることを思うと・・・。

どうか、香りの害について、もっともっと深刻に考え、一人一人が行動に移されることを願います。

香りの害については、ネット上で検索されたら、様々な資料が見付かると思います。

◇ ◇ ◇

環境汚染問題・私たちと子どもたちの未来のために
(詳しくは、下記ページのリンク先「香料」に書かれています)
http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/index.htm


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2017-03-24 06:41 | お知らせ | Comments(2)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風