化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 02日 ( 1 )

補聴器専門店に出掛けるのに躊躇していたのは、補聴器を着けたくなかったのではなく、値段が高いこともあったけど、空気環境が悪いからでした。

1年ほど前だったでしょうか?店内全体が改装されていたからでした。
聴力検査は、密室で行うので更に覚悟が必要でした。

化学物質過敏症(CS)の私。
耐えられなければ補聴器を諦めるしかないのか?
別の場所での簡易検査とか、他に方法が無いのか?
マイナーな考えに向いつつ・・・私の身体がどうなるか?は、やってみるしかありませんでした。

補聴器専門店としては、補聴器を売りたいから、化学物質過敏症(CS)にとっての不都合があっても、可能な限り寄り添って方法を考えてくれるでしょう!

母の時も親切丁寧でしたし。

◇ ◇ ◇

やっと決心したものの、忙しくて時間が作れずイライラ。
お店に予約が必要か?と問合せたり事前準備。
突然出来た時間に、分厚い活性炭マスクCS-5等マスクを重ね、防毒マスクも携帯酸素も持って突入!

幸いなことに、母と同じ担当者(以前、防毒マスクにも怪訝な顔もしなかった)が居てホッとする。

店内での時間を減らす為、補聴器の事前説明も不要と伝え、私の聴力の話、耳鼻科受診時(昨年10月)の話も伝え、CSリーフレットも渡して・・・即、聴力検査室に向かう。

ここまでは、活性炭マスクで臭いも感じない私。

◇ ◇ ◇

聴力検査室に入り、ちらっとマスクをずらして空気を確認。

壁紙を貼った接着剤の臭いなのか、新建材の臭いなのか、猛烈な私には劣悪な空気に香料臭もメチャクチャ強い!
一応断って防毒マスクに切り替える。

左右の聴力検査・・・聴こえない左耳の検査は、聴こえた合図のスイッチを押すことも無く暇(笑)

次に聞き取り検査。
「あ」「ち」とか・・・単音が次々とよどみ無く流される録音を聞き取り、私は声で復唱することに。

伝声器付きの防毒マスクで良かった!
それでも、私の声は検査の方も聞き取り難いだろうと、大きめの声で頑張る。
声を出すには、深く息を吸い込むので苦しくなる。

小さな声になると、思案してるうちに次の音がやってくる(笑)

小さな声の聞き取り検査結果は40点。
ああ、半分も聞けてない、聞き間違いの多いのも納得。

終わると同時に、扉は開けてくれる。
扉の外も、私にはシックハウス状態なんですけど、空気が動くので少し楽。

でも、咳が出始めて、持ってきた温かい番茶を飲む。
大きく咳き込む(息を吸い込む)ことなく、落ち着いてくれてヤレヤレ。

◇ ◇ ◇

次に、聴力検査室より広い部屋に移り、補聴器の機種の説明を受け、実際に装着してイヤホンの調整や音量の微調整をしてもらう。

空間が広い分、呼吸も楽。
それでも、ちらっとチェックした恐ろしい空気と思うと、活性炭マスクには戻さず防毒マスクで通す。

補聴器を着けての聴力検査以外は、私が言わなくても扉も開けておいてくれた。

1週間ほど、補聴器は借りてお試しすることに!
次の予約をして外に出る。

◇ ◇ ◇

防毒マスクのまま車まで歩いて、ああ~ここはマスク無くても息が出来るんだ!と気付いてマスクを外す。

マスクを外すと、自分の身体はメチャクチャ香料臭。
一番上のポリエステルのパーカーを脱いでも香料臭。

補聴器専門店には、1時間近く居ただろうか!?
苦しく辛い時間で、とっても疲れているけど、強い曝露症状も無い感じ。
防毒マスクよ!ありがとう!

◇ ◇ ◇

2017.3.25.私の聞いてきた音は!?・・・補聴器
http://kaze2.exblog.jp/26528796/


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-04-02 05:49 | 生活用品 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風