人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 25日 ( 3 )

日頃の準備(葬儀に参列)

親戚の葬儀が、今年は3回目。

連絡は、突然やって来る。

化学物質過敏症(CS)にとって、葬儀の場は過酷な環境ですが、最後のお別れは、やっぱり行っておかないと!・・・自分は気持ちの整理が上手く出来ないので、可能な限り参列しています。

◇ ◇ ◇

いろいろもの忘れも酷くて、うろたえて多少パニックになっても大丈夫なように、日頃の準備が肝心です。

《衣類》
黒のパンツスーツに、黒のブラウス、黒のバッグをカバーを掛けた状態で、一式まとめてぶら下げてあります。

ストッキングが履けないので、薄手の黒のくつ下、温度調節用に黒のカーディガンもスタンバイ。

後、黒靴を出せば、衣装はOKです。

今回も、衣類を探し回ることなく準備出来て、ほんとに助かりました。

今日は、早速昨日着たワンセット全て洗って、次回用にセットし直しました。

以前は、あれは何処?とバタバタ探すことで疲れはててました。

化学物質過敏症(CS)は、これ以外にも準備がたくさん必要です。

《曝露対策》
活性炭マスクも数種類、時に防毒マスクも必要です。

これらは葬儀に限らず、いつでも何処でも必要なので、日頃から~車にも、非常持ち出しバッグにも、数セットスタンバイさせています。

携帯酸素と私が飲める鎮痛剤や日頃飲んでるタチオン錠やサプリメントなども、セットで用意しあります。

エアイーサー(空気清浄機)も車に乗せて走りました。
無くても大丈夫そうでしたが、少しでも良い環境で運転できるように乗せました。


《非常用飲食物》
私は、ごく一般的な仕出し弁当やレストランの食事も、食べるとお腹を下すことが多いので、お弁当や水筒、お菓子など多目に持参します。

これは、事前にセットすることは出来ませんが、賞味期限が長めのパンと4枚で包装されてるビスケットを常に車に乗せてあります。
c0330749_21542141.jpg

曝露して、直ぐに動けず休憩が必要だったり、思わぬトラブルで予定していた時間に帰ることができなくてもお腹が空かないように!
1食には足りなくても、これがあるのと無いのでは、気持ちの上でも大違いです。

今回は、ひょっと葬儀の後に一緒にお食事を!と誘われた場合も考えて、冷凍食品のお寿司を弁当箱に入れて持参してました。
c0330749_21543460.jpg

結局、お食事会には出ずに、帰りの車で食べました。

ピラフとか、お寿司の冷凍食品も、切らさないよう冷凍庫に準備しています。

これも、葬儀に関係なく、農薬散布やいろんな場面で急に出かける時に役立ちます。

飲み物は、保温水筒に番茶を・・・出かけない日も部屋に置いて飲んでます。
1日に、どれ位の水分をとったのか?把握できます。

今回は、長距離運転なので、お茶のように薄いオーガニックのインスタント珈琲も水筒に入れて出かけました。

《着替え》
斎場で臭いをいっぱい付けた喪服のままで運転するのも辛いので、着替えも用意しました。

そして、急に冷え込んだ日でもあったので、防寒用に重ね着できる衣類も用意しました。

もし、車中泊もありそうなら、寝袋も乗せていきますし、羽毛のジャンバーなら、常に車に乗せてあります。

◇ ◇ ◇

日頃の準備があったので、急に出かけることになっても、割りとスムーズに準備出来たように思います。

クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2017-10-25 18:30 | 旅行記・旅行対策 | Comments(2)
やっと放送されることになった
NHK「クローズアップ現代+」
10/25 22:00~
「体臭気にしすぎ!?相次ぐにおいトラブル」

番組で意見を募集しています。
下記サイトに送りましょう!

http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/

リンク先は、日付けが替わりと切れると思いますので、記事をコピペしておきます。

《NHKサイトより》
近年、清潔志向が強くなったことなどにより、体臭に敏感になる風潮が広がっている。企業の社員たちに体臭ケアを指導するセミナーも人気。「体臭が気になって人付き合いがうまくいかない」と悩む若者も珍しくないという。一方、においケアなどの目的で使う商品の「香り」をめぐって、トラブルになるケースも。「柔軟剤などの香りをかいで、頭痛などの身体症状を感じた」と訴える人もいる。私たちは、においとどう付き合っていけばよいのか?

出演者
坂井信之さん(東北大学教授)
坂部貢さん(医師・東海大学教授)
武田真一・鎌倉千秋(キャスター)

・・・引用おわり

◇ ◇ ◇

当初番組がアンケートを募集した時の仮の題は
「スメハラ、香害・・・においの悩み(仮)」

それが・・・
「体臭気にしすぎ!?相次ぐにおいトラブル」

「香害」の文字が無くなっています。

放送が1ヵ月遅れたことも気になるところです。

しかし、出演者の中に、CSをよくご存知の坂部貢Dr.がいらっしゃるので、少しホッとしています。

「香害」にスポットは当たらないかもしれませんが、番組を注視したいと思います。

◇ ◇ ◇

私は、香害に悩むのではなく、逃げ惑うしかない暮しをしている者です。

化学物質過敏症(CS)は、誰にでも起りうる環境病。
それも、子どもたちの発症者が増えていること。

売られている製品が、人体に害のあるものが含まれ、知らされずに多くの人々が使用させられていること。

自覚症状は、直ちに出ないかもしれないが、接していることで身体は痛めつけられ、CSの発症の危険もあると私は考えています。


日常で香料を使ってきた方がCSを発症した場合は悲惨です。

衣類はもちろん、持ち物全てが使えなくなり、においが染み付いている家で暮らせなくなります。
(最近の柔軟剤は、長続きするそうですし・・・)

CS患者は、新しい物は使えない物が多いし、新しく建てられたり、リフォームや合成界面活性剤入りの洗剤で掃除をされた家には住めません。
引っ越して、新しい物に買い替えて・・・ということは、CS患者には難しいのです。

多くの人々に、身をもって体験してきたCS患者の声(警笛)を聞いてもらいたいです。

クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2017-10-25 03:41 | お知らせ | Comments(0)
良いことではありませんが、不幸がありまして・・・四国山脈を突っ切って高松まで、自力運転で往復しました。

化学物質過敏症(CS)の私にとって、公共のバスや電車に乗るのはとても危険です。
車内消毒や余計なアロマサービスの危険。
不特定多数の方の香料臭をはじめ、この時期は防虫剤やクリーニング溶剤など、もちろん柔軟剤や合成界面活性剤の危険も重なります。

選んで選んで買ったマイカーに、様々な必需品を乗せて走ります。
車は、休憩所、避難所、宿泊所にもなります。

今日は、PM2.5も農薬散布も少ないと思われますが、エアイーサー(空気清浄機)も車に乗せ稼動させて走りました。
いつでも一緒!という感じです♪
c0330749_18023226.jpg


◇ ◇ ◇

往復100km位は、毎週走っているけれど、300kmは遠かった。

でも、30分毎に休憩しながら走り・・・ひょっとしたら、もっと遠くまで行けるかも!?なんて考える私が居ました。

Googleマップのナビでは、11月に出かける大阪の親戚まで4時間!
片道2時間の高松往復が出来るなら、しっかり休みながらだと到着出来るハズ♪

まあ、発症前には毎週のように出かけていた高松と、運転経験ゼロの都会の大阪では、疲労感も違うし、翌日は使い物にならないだろうし・・・。

今年は、忍耐は必要でも、短時間で到着できる飛行機移動にするしかないけど、機会があれば~もう少し距離を延ばしたい!

もちろん、体力的なことも含めて、いろいろ準備が必要ですけど。

◇ ◇ ◇

そうそう♪
大阪も遠いけど、四国内もけっこう広く、自家用車でしか行けないところも!

山奥のCSのところまでは、片道2時間半(往復5時間)。
これまでは途中で会ったけど、何年も会えてない。

どんな家に居るのか?出かけてみたい!
車で寝ながら帰れば、行けるかも♪

◇ ◇ ◇

早々と寝てしまい、午前3時に目覚めての投稿です。

道中の香料臭曝露の記録は、別記事にします。

遅れて出てくる曝露症状を、小出しにしながら復活する予定です。

クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2017-10-25 03:05 | 旅行記・旅行対策 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風