化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 07日 ( 2 )

高齢の母を連れて旅行の予定。
コンパクトに畳めて軽いシルバーカーを頼んであった。

母は要らないと言うので、旅行に持って行くかどうかは?ですけど。

化学物質過敏症(CS)の私と、高齢の母。
いつ何処でへたり込むか危うい2人の旅行です。
座面付きのキャリーバッグと共に、老々旅行を助けてもらおうかと思っています。

◇ ◇ ◇

ブレーキも持ち手も、左右に分かれず一体化したバーになってるので、片手が使えない状態でも操作可能。

とっても小さく畳めるので、自家用車に乗せても、そんなに邪魔にならない感じ。

付属の薄手のバッグにすっぽり入れたら、私でも軽く担いで持ち歩ける重さ。

ただ、専用のポーチがあるものの、大きな荷物は運べない。
c0330749_11122962.jpg


http://www.tacaof.co.jp/products/products.php?id=16

これも、ずいぶん悩んで決めたもの。

母が使わなくても、私が使う予定。
母をダシにして買ったような感じ(笑)

幸い近くのお店(電器店の福祉コーナー)で現物が展示されているのを見付け、実際に触って座って確めることが出来ました。

展示品の方がプラスチック臭は飛んでいると思うものの、私が短時間しか居られない電器店。
香料臭もすごいところに長く置いてあるので、新しいものを購入することにしました。

もう少し早く買えば良かったのに。。。

◇ ◇ ◇

届いた箱を開封した途端、ぷ~んと怪しい刺激臭。

そのまま外に出して、もちろん活性炭マスクで商品の確認。
しばらく外に居てもらいます。
何でも1日目は、すごい臭いですから。

収納バッグもポーチも物干しで風晒し!

2週間で臭いが減ってくれるのか?ちょっと心配。

◇ ◇ ◇

2017.10.21.座面付きキャリーバッグが届いた♪
http://kaze2.exblog.jp/28084873/




1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-11-07 10:46 | 母と旅行2017.11.21.~24. | Comments(0)

もの忘れと記憶喪失

少し前のこと・・・
アクシデントがあり、母は一時的に意識不明となりました。
幸い大事には至らず、その後の病院での検査も異常なしで、これまで通りの生活が出来ています。

ただ、意識不明の間はともかく、意識が戻った後の数分間、歩くことも出来て、何人かの人と平常の時と同じく自ら会話をしているのに、記憶が欠落する事態となりました。

ほんの2~3分前のことが、全て消えてしまいました。

実際には、一時的に私と共有した意識があった数時間分も消えたのですが、それは~ゆっくり休んだ後に思い出すことが出来ましたが、意識不明という事態から意識が戻ってからの数分間の記憶は、翌日になってもありません。

◇ ◇ ◇

アクシデントがあったからと考えられるものの、私の中で納得出来なくて反芻中です。

母と私の二人きりになった後、「自分が何をしていたのか?分からなくなった」と、しきりに繰り返すので、意識不明になった時のことかと思い、状況を説明するものの・・・延々と同じ質問を繰り返すのです。

これは、私の話す内容が「記憶出来てないのかもしれない」と思い、運転中だったこともあり、「今は、覚えられないみたいだから、後で紙に書くから!」と伝えると、その言葉は理解できたようで、同じ質問はストップしました。

高齢の母は、もの忘れが酷いと嘆くけれど、私より記憶が確かです。
人の顔や名前を覚えるのは苦手なようですけど・・・。

今回の状態は、もの忘れではなく、記憶喪失と私は思いました。

◇ ◇ ◇

意識が戻り日常会話を続けているのに、ぽっかりと・・・会話の内容も出会った人も、音も映像も全てが消えて無くなりました。

異常と思ったのは、同じ質問を5回も6回も・・・。
これって、認知症の症状!?と思った次第。

もう少し(1時間ほど)経って、質問を繰り返すことも無く、冷静に私の話す内容と、自分の記憶を比較して、どの部分の記憶が無いのか教えてくれました。

◇ ◇ ◇

直前のことが記憶出来てない!と驚いたのですが・・・

私も、似た体験をしていたことを思い出しました。

化学物質過敏症(CS)は、時に記憶が難しくなる症状もあるのですが。

私は、発症に気付く数年前に、記憶出来なくなって、当時は仕事もしていたので、仕事にも大きく影響して困ったことでした。

それは、数分前どころか数秒前のことも、水をざるで受けてるように、どんどん消えていくのでした。

電話注文も、何度も聞き返しても分からなくて・・・。
書き留められなかったら、相手の名前も?
ボールペンが5本と言われて、ボールペンのメモの間に5本の記憶が無くなり聞き返す。
何とか相手の名前だけ確認し、手が離せない用があるからと断って、後で夫に電話してもらったことも。

お店での対面販売でも、領収証の宛名が書けなくて、お客さんに紙に書いてもらって書き写す。
レジの金額を書き写すのも、1桁ずつ。。。

視覚、聴覚を総動員させて、緊張の連続でめちゃくちゃ疲れたこと。

それでも私、日常の会話はしていたし、生活のシーンは繋がっていたように思います。

母のように、実際は何時間も前から居た私が、突然現れた!という状態は無かったけれど。
それは、母が意識不明の状態が間にあったからなのか???

でも、忘れたこと(記憶出来なかったこと)は、母と同じく・・・いくら考えても思い出すことは無かったような。

もの忘れではなく、記憶障害と考えると、自分では納得ですけど、回りの人は自分の記憶とのギャップを埋めるのは難しいでしょうね。

◇ ◇ ◇

世間一般の加齢に伴うもの忘れと、認知症の違いを考える時、記憶喪失も組み合わせて考えた方が理解しやすいのかもしれません。

私が、酷い記憶喪失とまではいかなくても、記憶障害があった状態から、どれ位の間に少しは記憶出来るようになったのかは?ですが、仕事にならない状態よりずっとマシになっています。

記憶障害を改善させる方法はあると思います。
薬を使わずに!

誰か、私を研究してくれないか!?




1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-11-07 02:11 | つぶやき | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風