人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 26日 ( 4 )

高齢の母は、私が子どもの頃は、高知と大阪を年に2度は往復していたけれど、ここ30年位は一人で旅行することは無かったかも。

化学物質過敏症(CS)のヨレヨレの私。
出発前に、空気が悪くなると動けなくなるとか、呼吸が苦しくなるとか、私の取説を伝えても・・・実際に倒れた私を見てない母は、実感は無かったよう。

ひたすら私に頼って、今日はどのルートで移動するかも?な感じ。

叔母の家で1泊した後は、母と2才違いの叔母と母とを連れての旅となる。
(叔母の家・・・起床時は、線香の影響か(?)若干の頭痛と喉の痛み)

乗り換えが少ない列車を調べ、それに合わせて、充分過ぎる位の余裕を持って出発。

とりあえず、バス(ちょい油臭かった)に30分、JRに30分乗って京都まで。

ネットで見付けた、京都の駅ビルの地下にあるというオーガニックカフェを探す。
地図ナビでは、真下にあるお店なのに~近くのエレベーターは地下には行かない。。。

下に降りるエレベーターを探してたら方向が分からなくなる。
おばあさん2人連れて降りてもお店は無く。。。
もう一度地上に上がって、サービスカウンターで聞くと、さっき降りたところに行くように・・・?
そんなこんな~ウロウロしながら、やっと到着。

見つかれば、なぁんだ!ここか♪

『コスメキッチンカフェ』
迷っている間に、ちょうどランチタイムになり、いろいろおかずもチョイス♪
私がこれまで出かけていたオーガニックレストランの雰囲気で、食材もヒヨコ豆とか車ふとかでホッコリ。
c0330749_17475822.jpg

おばあさん達も、私に付き合って美味しいと食べてくれました。
玄米ご飯でなく、パンやスコーンも選べました♪

とにかく、叔母と母は喋り続け、食事がなかなか終わらない(笑)

◇ ◇ ◇

懸命に急かしてみたけれど、京都駅に戻ったら列車の発車15分前。

切符を買おうと思ったら、長蛇の列!!!

間に合うのか!?
先に買っておけば良かったと思っても後の祭り。

それでも、乗る列車や行き先を、私が間違っては大変と、メモに書いてあったので、順番が来てから切符が出るまでは早かった。

でも、曝露してる私の手は上手く動かずモタモタ。。。

叔母が、払おうか!と言ってくれてるのに、後1枚位自分でバッグから出せる!なんて頑張って時間が・・・。

切符を手にした時は、発車5分前。
おばあさん2人と60過ぎのヨレヨレの私。
決して早くないけど走りました。

何とか間に合い滑り込みセーフ(爆笑)

私だって、旅慣れてないお上りさん。
別に次の列車でも良かったのに、むきになってしまった私。
一人反省。
おばあさん達は、スリルを楽しんでくれたよう(苦笑)

◇ ◇ ◇

列車に乗ったら、到着駅まで乗りっぱなしでOKのハズ。

何とか並んで座ることも出来て、到着駅まで乗りっぱなしでOKのハズ!

ところが、途中で列車は切り離されて、乗ってる車両は別のところに向かうとか。

一難去ってまた一難。
私の目的地に向かう車両は満席で座るところが無い。。。

切り離されるギリギリのところで移動して立つことに。
長距離列車の乗客は、年寄りに席を譲ってはくれません。

私も、立ってると疲れて・・・キャリーバッグの椅子を出して座りました。
年寄り立たせて申し訳ない。。。

30分ほどで降りる人が居て、おばあさん2人を座らせ、私は持参の椅子♪
買ってて良かった!

そのうち、もう1つ席も空き、私も座席に座れました。

ホッとしたからか、ローカル線に入ったからか、呼吸が浅くなってることに気がついて、酸素吸入。
まだ、1時間半も列車に居るとなると、もう活性炭マスクでは無理と判断し、防毒マスクに切り替える。
そして、時々酸素吸入。
c0330749_18371239.jpg

隣の席の人に気付いてもらえるか分からないけど、化学物質過敏症の名札が見えるように置いてみる。
(空港や機内では、名札は首から提げていました)
c0330749_18371358.jpg


化学物質過敏症(CS)になってから、東京にも出かけているけれど、連続で2時間半も車両に閉じ込められるのは初めてです。

母と二人旅なら、ずっと母の相手で話し続けることになったと思います。
それも大きな声で、時にはマスクを外して。

でも、ずっと叔母が相手をしてくれたので、私はじっと静かに呼吸が出来て、とてもとても助かりました。

まだか、まだか、と思いつつ・・・京都府北部は、野焼きが多いなぁ~、化学物質過敏症(CS)仲間の家は、この辺かなぁ~なんて、じっと耐えながらの旅となりました。

◇ ◇ ◇

列車を降りて、送迎車に乗ったら、いとこ夫婦も乗っていて♪
旅慣れた二人は、ちゃんと事前に切符を手配し指定席も確報していたそうで・・・行き当たりばったりの私とは違ってました(笑)



1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2017-11-26 17:12 | 母と旅行2017.11.21.~24. | Comments(0)
柔軟剤や消臭剤等により「化学物質過敏症」になる人がいる・・・注意を促す記事が掲載されました。

◇ ◇ ◇

高知市の広報「あかるいまち」12月号 P.17
c0330749_15420144.jpg

暮らしの情報(消費生活センター)
『柔軟剤の香り、気になりますか?』

最近、香り付きの柔軟剤や消臭剤などの商品が増えています。香りの種類もさまざまで、また、その香りが長く続くように工夫されています。
しかし、その香りによって「化学物質過敏症」になる人がいます。その症状は、鼻や喉が痛い、タオルで顔を拭いたらせきが止まらない、周りからにおう香料で頭痛がしたり気分が悪くなる、など。
化学物質過敏症は、化学物質を長期間取り込み、許容量を越えたとき突然発症するもので、誰にでも発症する可能性があります。原因となる物質は、柔軟剤、消臭剤、防虫剤、香水、たばこなどに含まれておりさまざまです。
柔軟剤などは、慣れるとその香りを感じにくくなり、使用量が増えることがあります。自分には快適な香りでも、周りの人が体調不良などを起こすことも。使い方について一度考えてみませんか。

c0330749_15420672.jpg


◇ ◇ ◇

広報は配布されていますが、
11/26現在、高知市のホームページにはアップされていませんでした。
12月に入ったら、PDFで見られると思います。

◇ ◇ ◇

2018.1.12.追記
高知市ホームページPDFアドレス等を、下記のblog記事に載せました。
2018.1.12.香りによって「化学物質過敏症」になる人がいます・・・2017/12高知市広報

1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村

by 2kaze | 2017-11-26 15:10 | お知らせ | Comments(0)
1つ難関(航空機)をクリアしたものの、母との旅行は始まったばかり。

空港を出る時、防毒マスクは外して活性炭マスク3枚重ねに取り替える。

空港内は、常に空港スタッフの目があって、車イス移動でもジロジロ見られることは無いけれど、空港から出てモノレール乗り場への移動中は、何故か回りの視線が痛く感じます。

防毒マスクは、不審者扱いになりそうで、移動中は分厚く一般のマスクとは違うけれど、活性炭マスクにしています。

それでも、苦しくなったら防毒マスクに切り替えますけど。

モノレールに乗ろうと思ったら、いつもは娘にカード(Suica)を借りてたのに忘れてて・・・しまった(笑)
確か、娘は2枚持ってたのに残念。

普段は買うこと無いけど・・・一応キップの買い方は覚えてて、ホッとする。

母も自動改札は久しぶりなんだけど、昔は大阪暮しだし、すんなり通れてヤレヤレ。

モノレールを降りたら、今度は昔乗り慣れた阪急電車に!
駅名も全部知ってるし、なんだかホッとします♪
電車の中で、やっと酸素吸入。

◇ ◇ ◇

紅葉の名所の箕面駅。
数年前に同窓会で訪れた時は、ラッシュアワー並の混雑だったのに、空いてて座れて♪

ところが、着いてみたら・・・紅葉は紅くなく茶色でガッカリ。

高知でも暴風がすごかった台風の影響でしょうか!?
叔母の家の瓦も飛んだとか。
シートを被ってる家も見かけます。
c0330749_06294622.jpg

それでも、ホテルのエレベーターで見晴らしの良いところまで登って、しばし昔眺めた景色とは様変わりしてるけど、面影はないかと眺めました。
c0330749_06294784.jpg

この写真の左の山裾で、私は高校卒業まで、母は更にもう1年暮してました。

もう少し山に向かって歩けば紅葉も綺麗だったかもしれないけれど、観光客の香料臭が辛くて引き返すことに。

母は、ここに寄るのも気が進まない感じだったし。

駅から10分かな15分位かな!?
歩けば、もう建替えられてるけれど、昔暮したところに行けるのに、何しろ母の荷物は重くて。。。
ああ、前日にもチェックして、母の荷物も減らしてあったのに。。。

キャリーバッグに乗せて平地は平気でも、登り坂は難しそうなので断念。

宿泊先の叔母の家までと、バス停に向かったら、小さな紅葉は綺麗で♪
c0330749_06294800.jpg

でも・・・バスは行った直後。
タクシーで行くことにしました。

キョロキョロとタクシーの窓から昔を探すけど、全く無くて。
地名や学校名で昔と繋げながら楽しみました。

◇ ◇ ◇

叔母の家は、私はこの夏にちょっとだけ立ち寄ったので、化学物質過敏症(CS)の私でも居られる所と確認済み。

叔母の料理も、母の料理よりは安全な感じ。
出された料理の中から、大丈夫そうなものをチョイスして頂きました。

小さい頃よく遊んだいとこ(叔母の娘)も来てくれて、昔話は花盛り(笑)

寝室は、今年亡くなった叔父の祭壇があるけれど、夏にはお線香も炊いて無かったのに、何方か炊いたよう。
うっすら線香の臭いが残っています。

そこに、母が火をつけようとしたので、慌てて止めました。
私、この部屋で寝られなくなる!!!

鼻が敏感ないとこは心配してくれたけど、苦しくなったら布団を移動させて居間で寝るつもりだったけど、線香は臭って少し苦しいけれど、頭痛も喉痛も無く過ごして朝を迎えました。

叔母は、合成洗剤も使ってると言うけれど、寝具も苦しくなくて助かりました。

◇ ◇ ◇

2014.11.23.~25.あたりで、同じ地へ旅行しています。
前のblogに書いてあります。
今よりかなりヨレヨレな感じです。
私、こんだけ元気になったんだ♪

http://huukumonmo.exblog.jp/

探し難いかもしれませんが、日付けまたはカテゴリ(旅行記・旅行対策)でチェックしてみてください。

1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2017-11-26 05:32 | 母と旅行2017.11.21.~24. | Comments(0)
母と旅行2017.11.21.

空港までは、娘の運転。

忘れないように!と直前に手にしていたのに~あろうことか補聴器を忘れて、実家で母を乗せた後で自宅に舞い戻る。
飛行機に乗る前に気付いて良かった、良かった!
余裕をみて、早めに出て良かった、良かった!

化学物質過敏症(CS)の為、公共の乗り物に乗ることの無い私ですが、今回は利用するしかありません。
空港からが、ドキドキの旅の始りです。

◇ ◇ ◇

《空港・搭乗手続き》
防毒マスク着用で空港ビルへ!
化学物質過敏症の名札も首から提げました。

防毒マスクも携帯酸素の連絡時にメール伝言。
どんなマスクなのか?と質問があり、購入マスクのサイトと私の防毒マスク写真も添付済み。

携帯酸素・・・これまで、確認に手間取ることも多かったけど、すんなり受け渡し出来てホッとする。

予約時には埋まっていた前方の席、それも隣を空席に出来ると、私が聞く前に受付係から提案がありました。

また、これまで車イスのサポートをお願いしていたので、再度確認がありましたが、必要無いと断りました。
(車イスサポートは無料)

航空機を利用する度に伝えてきたことが、会社にストックされているのでしょうか!?
有り難いことです。

手荷物は減らしたくて、母の荷物も宅急便で送ったというのに、母の荷物はずっしり重たくて(笑)

母は自分で持つ!と言い張るけれど、母自身が動けなくなると困るので、ずっと私が持って移動することに。。。

c0330749_05032115.jpg

買ってて良かった!
このしっかりした、椅子付きのキャリーバッグに乗せて、楽々と運ぶことが出来ました。

手荷物検査も無事通過。
母は、係員の声が聞き取れず、私がいちいち通訳(大きめなゆっくりの声)。
伝声器付きの防毒マスクなので、以前のマスクよりはマシと思いますが、生の声よりは聞き辛いと思います。
それでも、私の声は理解できたようです。

以前、マスクの確認の為、一瞬ですけどマスクを外して見せなくてはいけなかったこともあったけど、今回はチェック無し。
事前に、空気汚染により体調悪化の危険があり、マスクは防御のもの!とメール説明。
購入しているマスクのサイトも伝えてありました。
何処まで情報共有出来ているのかは?ですけど。

《航空機内》
母も連れているので、一般客が乗る前に乗る「事前改札」で一番先にゆっくりと航空機に乗り込む。
(以前は、機内での時間を減らしたくて、最後に搭乗をお願いしたこともありました。)

ゆっくり乗れるのは良いけれど、通路を押し合いへし合い乗客が移動している間は、苦しい空気でグッと堪えて我満我満。

ずっと防毒マスクで、臭いも感知していなかったのに、男子高校生が5~6人通過した時は、防毒マスクでも防ぎきれず香料臭が辛かった。。。

前から2列目、私の右横は空席、前(1列目)も偶然なのか、私の前は空席でラッキー♪

離陸してしばらくして、昼食用に持参したお弁当を食べようと、マスクを外して・・・空気が楽でビックリ!

これまでの経験上・・・飛行中は、空気清浄機効果なのか?空気がマシになることは知っていたけれど、こんなに良い(?)空気は初めてです。

席の回りは空席で、その向こうは中年の男性達。
整髪料の臭いは感じるけれど、ほんのわずか。
お昼の時間帯だったから、朝付けたとしても臭いが薄れていたのかも、たくさん付けてない人達だったのかも・・・いろいろと条件が整っての奇跡的なことと思う。

それでも、食事の後は防毒マスク。
鼻が慣れて臭いを感じなくても、少しでも悪い空気を吸うことは、体調悪化や体力の消耗を招きます。

航空機到着時は、乗客が動くことにより香料臭等が立ち上ぼり、すぐ横の通路にびっしり並ばれるので、再び空気環境は悪化する。
着陸とほぼ同時に外気(空港の空気)が機内に入って来るので、防毒マスク必須となります。

また、乗客の移動の辛い時間を耐えた後、最後に荷物も降ろしてもらい、ゆっくり降りました。
真っ先に降りたいけれど、私達の為に他の乗客全員を席に着いたまま待ってもらうのは無理ですから。

《空港ビル内の移動》
着いたのは伊丹空港。
羽田空港よりは狭いけど、ローカル線はビルの端に着くので、歩けるか?心配でした。
車イスは断ってしまったし。
(私が乗って、高齢の母を歩かすのもどうかと思い、2人分頼もうと思ったけど・・・母が執拗に嫌がった)

良い空気環境なら、今は何キロも歩ける私。
それでも、強烈な香料臭に遇うとガクガクと力が抜けて歩けなくなるのです。
気合いを入れて歩き始めました。

他の乗客が降りてから、ゆっくりもたもた歩き始めたら、回りには人も居なくて空気はマシでした。

ただ、単独行動では進む方向が分からず、キョロキョロと出口の指示看板を探しながら歩くことになりました。
頼もしいカートは、母の荷物も乗せて、私の杖になって支えてくれました。

人が近くに居なかったので、よろけることも無く、無事出口に到着。

手渡し荷物として預けてあった携帯酸素も、防毒マスクの私を見付けて速攻でやってくて、受け取ることが出来ました。


1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2017-11-26 03:51 | 母と旅行2017.11.21.~24. | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風