人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

2018年 04月 14日 ( 1 )

4/12に草ぼーぼーの畑を1畝整えて、EMペレット肥料や米糠などを入れました。

肥料を入れると、夜中に獣に掘り返されるので、トタン板を乗せてありました。

やはり獣は来たようで・・・4/13(翌日)の朝トタンの回り4方向から土を掘られ、回りに土が派手に飛び散っていました。
c0330749_06234209.jpg

写真では分り辛いと思いますが、トタンがひさしのように飛び出している感じ。
トタンの下の土を懸命に綺麗に(?)掘り出してくれてます。

回りに飛び散ってしまった土。
1m以上離れた防草シートの上にも土が・・・。
c0330749_06234372.jpg


◇ ◇ ◇

畑が荒らされると、何人かにぼやいていましたら・・・

イノシシは糠が大好きで、糠を撒くとイノシシを呼ぶと教えてもらっていました。

確かに、山も近いし、直ぐ近くの田んぼにイノシシも来ています。
c0330749_06234407.jpg


目と鼻の先のイノシシ避けのトタン板を破られたのは、2年以上前。
収穫直前の田んぼが荒らされたのは、5年ほど前。

だいたい~イノシシの被害を耳にするのは秋から冬。

この暖かいのに、イノシシは来ないだろうと、私は思ってた。

古民家畑を荒らすのは、猫(畑を掘ってるところを目撃したこともある)かアナグマじゃないかとも思ってた。

でも、今回の土の掘り方、掘った土の多さと飛び散り方を見て、これはイノシシに違いない!と・・・やっと私も確認できた次第。

トタン板で防げるのは猫対策。
イノシシの場合は多少は防げても、諦めて来なくなるとは思えません。

私は、作物を入れる前なので、被害は大したことないけれど、イノシシを餌付けすることになりそうで、そうしたら近所の田んぼや畑にも迷惑をかけることになるので、もう糠は使えないですね。

化成肥料を使った作物は、化学物質過敏症(CS)でもある私は食べられないし。

自然栽培(?)に徹するしかなさそうです。

これは、あこがれでもあるけれど、私の技術では収量が少なく難しい。
糠も使わない栽培となると。。。

でも、やるしかないよね!
やりなさい!ってことですね。

しかし、
筍が出てる今、何故イノシシが畑に来るんだろう?
古民家に来て8年。
穴掘り名人のアナグマとは違う、ダイナミックに掘られるようになったのは最近のこと。

私が住まなくなったけれど、直ぐお隣の家は住まわれてるし、4/12の夜は私は泊まってた。

イノシシの事情を知りたい!

◇ ◇ ◇

トタン板も掘られた土も戻さず、しばらく放置しておいて。

落ち着いたら(?)里芋を植えようと思います。

1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2018-04-14 05:36 | 畑作業 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風