人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

2019年 05月 10日 ( 2 )

本日の収穫♪
c0330749_18472190.jpg

タケノコ(マダケ?モウソウ?)5本。
ハチク、大小いろいろ9本。
コサンチク1本。

昨日は、雨がパラパラ降って山に入れず、今日は仕事が終わってから大急ぎ。

先週は、1本も無かったのにニョキニョキ。
伸びたタケノコは、根っこに近いところは固そうで、ノコギリで切ってきた。

1週間では、こんなに大きくならないだろう!10m以上のビックなタケノコを発見。
私の目は、節穴ですね。

私の手に負えるだろうか?
しばし考えたけど、切り倒すことにした。
大きな竹を増やしたくない!
c0330749_19014909.jpg

足元は竹でも、頭はタケノコの皮を被ってる。
直径10cm以上。
ノコギリで切っても倒れない。
斜めに切れば良かったか!?

斜めに切り込みを入れ、やっと重い竹を揺すって落としたけど、直立したまま立っている。
上部は、木の枝の間に引っ掛かってる。
ズリズリ揺すったり、引っ張ったりして、やっとこさ倒した。

登りのときも、竹やぶキョロキョロ眺めたのに見つけられず。

重いタケノコを抱えて、降りてきたら・・・あそこにも♪ここにも♪ハチクが伸びていた。

目が慣れないと、生えてても見つけられないような。
ハチクは、ペキッと折るだけなので、収穫は簡単。

コサンチクが好きなのに・・・
c0330749_18554483.jpg
いくらなんでも、こんなに小さかったら食べるところなさそう・・・。

どんどん重くなるタケノコを抱えて、先週同様滑りながら降りる。

∞ ・・・ ∞ ・・・ ∞

自宅に戻れたのは4時頃だったか。
疲れていてもタケノコ茹でなくちゃ!

包丁で皮に切り込み入れて皮を剥ぐ。
以前は、手に力がなくて苦労したけど、タケノコの解体も上手くなってきた!

・・・と思ったら、手が滑ってニアミス。

じんわり血がにじむ。
おお!明日はマンドリン本番なのに、なんてことを!

疲れを押しての作業なので、何度も危ない事態発生。

大鍋と特大鍋2つ分茹でました。

でも、その後は・・・バタンキュー。
リオ(犬)の散歩は!?無理!
リオにご飯やったの?出来ない!

布団に横たわったら寝てしまった。

お風呂の用意も、皆の晩ご飯の用意も息子です。
ありがとう!

∞ ・・・ ∞ ・・・ ∞

伸びたタケノコは、節を外して、柔らかい輪っかの部分は食べられます。
c0330749_19502625.jpg

包丁を入れながら、手応えを感じる部分は除けていきます。

∞ ・・・ ∞ ・・・ ∞

上がハチク。
下がコサンチク。
c0330749_19510670.jpg

コサンチクは、竹になっても足元の節が斜めによじれた感じです。
タケノコの先っぽが長くフリフリという感じ。

皮剥いてても、コサンチクは良い香りです。
来週、もっと出てくれたら良いな!

1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2019-05-10 18:45 | 畑作業 | Comments(0)
週に1度しか来られない古民家畑。
例年、7月8月は思うように動けないし、農薬散布で古民家にも来られなくなる。

週1でも、もう既に草の勢いには完全に負け、私が立ち入れない区域が増えてきた。

私がやらないと!・・・せっかく10年作ってきた畑が、耕作放棄地となり荒れ野になるのは嫌だ!

プラスチックゴミが増えるのは嫌だけど、ほんとは適度に草がある畑が好きだけど、今年は黒マルチを活用しようと思う。

∞ ・・・ ∞ ・・・ ∞

昨日(5/9)の古民家畑。

4/18に里芋と生姜を植えた畝。
かなり厚めに枯れ草を被せてあったけど。
c0330749_06242203.jpg
枯れ草が薄いところは、スプラウトのようにウジャウジャとエノコロ草が芽生えてる。

夏には、立派な(?)エノコロ草畑になること間違いなし(笑)

とりあえず、全部は取りきれないけど、畝の上の幼い草たちをささっと排除。

里芋の芽もにょきっと出てきてる。
c0330749_06294047.jpg

これは、黒マルチを被せるしかない!

芽が出てるのに・・・。

c0330749_06311617.jpg
大量の枯れ草を置いたまま、黒マルチを被せてみた。
そして、里芋の芽の部分に穴を開けた。

穴の部分から、芽も出てくれると思うけど、エノコロ草も生えてくると思う。

間に植えた生姜の芽は、どの位置に出るのかな?
ちょうど良いタイミングで穴が開けられるかな?

分からないけど、やってみる。

∞ ・・・ ∞ ・・・ ∞

小雨がパラついたけど、倒れてしまった玉ねぎを収穫した。

もう1週間置くことも考えたけど、さつま芋の畝も準備しなくては!
c0330749_06381642.jpg

大きいのも出来たけど、ミニ玉ねぎも。
同じ本数植えて、南国畑の半分位の収量でした。

南国畑より、肥料少なめで気温も低いから当然です。

化学物質過敏症(CS)さんは、無農薬だけでなく無肥料にも憧れる。
美味しい野菜は取れるとしても、手前は余計にかかって収量は少なくなる。
高価になるのは当然!

高いお金を出してもらわないと、農家は続けられないよね・・・と、つくづく思う。

∞ ・・・ ∞ ・・・ ∞

玉ねぎの小さな畝は、マルチで草は少なめだったけど、ドクダミが増加傾向で、ちょっと深めに根っこを排除。

畝間の土を畝に上げ、こちらも黒マルチを張っておいた。
c0330749_06474502.jpg

種屋さんでは、さつま芋のツルが出始めた。
今年は、早々と安納芋のツルも出ている。

自前の南国畑の芋ツルだけでは、間に合わないと思うから、買わなくちゃ!

∞ ・・・ ∞ ・・・ ∞

それにしても・・・
こちらの玉ねぎさんは、玉ねぎになってくれるのかな?
c0330749_06565516.jpg

茎は、私の指の太さで、根元は膨らんでくれない。

品種が違うけど・・・。

これまでは、品種は違っても、そこそこ育って一緒に収穫した年もあったのに。


by 2kaze | 2019-05-10 06:11 | 畑作業 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風