化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅行記・旅行対策( 33 )

3/18航空機で日帰り(葬儀)

2018年3月18日。
葬儀に参列するため、自家用車・飛行機・電車・タクシーと乗り継いで日帰り旅行をしました。
化学物質過敏症(CS)にとって、苛酷な道中となることは覚悟の上で、気合いを入れて出発。

◆自宅から自力運転。

母を乗せた途端、薄手のBMC活性炭マスクをしてても・・・頭痛、眼の痛み、動悸。
合成洗剤を止めてくれてから、母を乗せても大丈夫だったのに。。。

母を降ろすわけにもいかず、厚手のキーメイトマスクCS-5を重ね・・・内心帰りたい気分。

昨日、ヘアカットに行ったそうな。
喪服をクリーニングした溶剤も、あの防虫剤ぷんぷんの洋服ダンスに入れてあっただろうコートも怪しい。

◆空港駐車場に車を停めて空港ビルへ

建物に入るなり、若い女性の集団。
活性炭マスク2重でも、猛烈な香料臭に・・・太刀打ちできない。
防毒マスクに変更。

事前に「携帯酸素を預ける・防毒マスク着用・難聴」と伝えてあったので、丁寧に応対してもらえる。

いつもは空いてる空港も、日曜の朝は混雑しているけれど、母は1つ席を見付けて座らせ、私は人の少ない場所にイス付きカートを持って行き座る。
c0330749_10005601.jpg

顔がカーッと火照る感じ。
呼吸が浅くなってるけど、吸おうと意識しても吸えない。

酸素が欲しい!
でも、預けてしまったんですよね。
医師の診断書(有料)があれば、機内に持ち込めるんですけど。

子ども連れや身体は不自由な人の事前改札が始り、先に入れてもらう。

案の定、高齢で耳の不自由な母は手間取るけれど、後ろから大勢迫って来ないから、ゆっくり改札を通過。

私も既に気分が悪いし・・・ゆっくり移動していると、一般客に追い越された。

◆航空機内
往路は空席があり、前後が空席となるようにしてもらえて♪
しかし、母が隣に居るんですけど(笑)

プロペラ機の振動は激しく、身体中震えて気分が悪い。
足を浮かすとマシだけど、上げっぱなしも疲れる。
交互に上げたりしてるうちに、身体も振動に慣れてきたような。
どうせ騒音の中では声は聞き取れないから、補聴器のイヤホンを抜いてみる。
それでも、とってもウルサイ!

頭痛・眼の痛み・軽い吐き気はあるけれど、何とか動けそうなので、頭痛薬は飲まずにタチオン錠のみ飲んでおく。

◆航空機から乗り換え

プロペラ機は離れたところに停まり、バスで空港ビルに移動。
以前は、身体の不自由な人用に、もう1台バスを用意してもらえたこともあったけど。
たぶん、日曜の朝でやりくり出来なかったのか!?皆と同じ満員のバスで移動。

高齢の母や、防毒マスクの私に席を譲ってくれる人はいなかった(笑)
(車イスの人には席があったけど)

ゆっくり歩いて出口に向かっていたら、携帯酸素が先に出口に届けられ待ちかねていた。

直ぐに酸素を吸いたかったけど・・・防毒マスクを活性炭マスク3重に取り替えて、モノレール乗り場に母を連れて移動。
休めば良かったな。

◇ ◇ ◇

都会で乗り物に乗るには、昇ったり降りたりホームの移動もあって体力勝負。
昨年11月に、ほぼ同じルートを移動してるし、私が高校時代まで(母も)過ごしたところなので、迷子になることもなくスムーズに行けたけど・・・。

私は、息をしていたか???
苦しいも何もなく、気合いで移動でした。

時間もあったので、喫茶店で一休みしたかったのに、母は早く行きたい!
(私は、空気の悪い斎場には、1分でも遅く着きたい)

仕方なくタクシーで斎場入り。

地元の高知では、絶対に乗らない電車やタクシー。
他に手段がないから・・・仕方ない。
タクシー内も息してないような浅い呼吸。
ひたすら我慢!

◆斎場にて

建物に入るなり、ガツーンと臭い攻撃。
こんなこと・・・重なって欲しくないけれど、5年前も同じ斎場に来ています。

ガツーン!ではあるけれど、5年前の経験があるからか、体調もずいぶん良くなってるからか、恐怖心は少なく冷静に過ごせたような。

息苦しくなったら、移動したりしながら、久しぶりに会う親戚の方々ともお話出来ました。

葬儀は無宗教なので、献花のみ。
お花はお花で、化学物質過敏症(CS)には辛いものがありますけど。
焼香よりは、ずっと楽です。

棺にお花を手向けながら、大好きな叔母のお別れ。
叔母さん、お花で苦しくないかしら?

私も、お花に埋まって逝くのだろうか?
息もしないから、臭いも平気かな!?
などと妙なことが頭を過りました。

火葬場への往復。
親戚との会食。
(私は、お弁当持参)
頭痛と顔の火照りも、時折押し寄せてはきたけれど、確かに足もともふらつき、目まいもあったように思うけど、横に振り払いながら・・・気力で過ごしました。

たぶん、嫌な授業とかだったらぶっ倒れてたかもしれませんが(笑)
大好きな親戚との叔母の最後のお別れ、滅多に会うことが出来ない親戚と交流したい!という私の強い気持ちがあったから、倒れずに過ごせたように思います。

それから・・・私の親戚は、合成洗剤や柔軟剤を使っている人もいると思うけど、CSっぽくて臭いの少ない人も多いと再確認したことでした。
要注意の人もいますけど。

◆帰路の航空機

母は兄の車で帰るので、帰路は私だけの移動です。

携帯酸素を預ける前に、酸素の吸いおさめという感じで、空いてた椅子に座って酸素を吸い、防毒マスクの準備等をしていたら。

係の方が近寄って来られ、ボードの文字を見せながら、私の名前を・・・(笑)

10m近く離れていても、防毒マスクは分り易かったようです。
c0330749_10005718.jpg

無事、携帯酸素も預けて搭乗手続き。

荷物チェックでは、防毒マスクも私とは別に機械検査のトンネルをくぐることに。

帰りは、この時点では活性炭マスクで、防毒マスクは首から提げてたからでしょうか。

ローカルな高知空港行きの乗り場は、いつも端っこで遠い。
まあ、羽田の移動と比べたらずっと近いのですけど、5年前は車イスサポートをお願いしていました。
今回は、リオとの散歩で鍛えたので余裕です。

機内では、防毒マスク着用。
満席で両隣も男性。

母もいないし気が抜けたのか、めちゃくちゃ気分が悪くて・・・ずっと時計チェックばかりしてました。
たった45分のフライトの長かったこと!!!

帰りはジェット機で、それなりに振動も騒音もあるけれど、プロペラ機と比べたら私は楽だと思いました。

◆休んでから運転

空港ビルの目の前の駐車場。
自分の車で休憩です。

いつもは家族に送迎してもらってますが、夫は旅行中。

ちょうど1時間余り後で東京から帰ってくる娘を待ちながら、ぼーっと休憩した後、娘と一緒に無事帰り着きました。

◇ ◇ ◇

5年前の同じ斎場に出かけた時の記事
「化学物質過敏症・風のたより1」2013年7月
https://huukumonmo.exblog.jp/m2013-07-01/
7月27~30日あたりに書いてます。

5年前は、車イスサポートでの移動。
駅の階段も手摺りを持たないと 、降りられなかったように思います。
何から何まで恐怖だったような。

これらの記事に目を通してから出かけました。
書いてて良かったです。


1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2018-03-21 07:51 | 旅行記・旅行対策 | Comments(0)
不幸があって、飛行機で日帰りで出かけてきました。

5年前と同じパターン、同じ斎場。
気持ちが落ち着いたら、体調の比較をしてみようと思います。

帰りの搭乗手続きの前に酸素を吸ったり、防毒マスクを出して一服してたら・・・係の人がボードを持ってやって来た。
c0330749_10484071.jpg

私、もう少し酸素を吸いたかったけど(笑)
ボードには「〇〇さんですか?」と書かれてありました。
携帯酸素、防毒マスク、難聴と事前に連絡してありましたから。
普段は補聴器で聴こえても、空港ビルの雑踏の中ではほとんど聞き取れない私です。

◇ ◇ ◇

今回も活躍してくれたアイテム

《携帯酸素の活気ゲンOQ》
息を吸う時に、この酸素を吸い込む。
吐く時はバルブを閉めて節約。
c0330749_10461274.jpg

葬儀の最中は使えなかった。
航空機内も使えなかった。
航空機に持ち込むには医師の診断書(有料)が必要なので、1時間弱のフライトの間は我慢することにした。
めちゃくちゃ臭い場所では、マスクを外すことも出来ず、酸素と一緒に有害物質も吸い込むことになるので、案外何処でも吸えるものではない。

以前、カニューラも買って実験したけど、管を通ってきた空気は鼻や喉がピリピリ痛くなって吸えなかった。

それでも、少量でも酸素を吸うと頭の霞も晴れて、身体も解れて心地良く、私の必須アイテムです。

《活性炭マスク、防毒マスク》
今回は、自家用車内から活性炭マスク。
同乗した母が、何かを車に持ち込んだ。

c0330749_10461370.jpg

写真左から(左端は袋)、キーメイトマスクCS-5、キーメイト薄手マスク、PM2.5対応BMC薄手活性炭マスク、活性炭シート(洗濯可)、ガーゼ。

空港ビルに入るなり、厚手のCS-5でも太刀打ちできないほどの香料臭。
防毒マスクに切り替える。
c0330749_10461433.jpg


航空機に乗り込むまでは、活性炭マスクで乗り越えられる時もあるけれど、日曜は人も多くてどうにもならない。

空港ビル以外は、内側から・・・ガーゼ+活性炭シート、CS-5、BMCマスク。

CS-5は、息が通り難い分綺麗な空気が吸えるけれど、体調がダウンしている時は息を吸う力が無くて使えない場合もある。

しかし今回は、この組合せで4組使用。
おおよそ8時間位の滞在なので、2時間に1回交換したことになるけど、斎場や火葬場までのマイクロバスの2往復もあったから、もっと交換すべきだったように思う。

《イス付きカート》
c0330749_10461598.jpg

ワンタッチでイスが出せるコロコロバッグ。
日帰りだし、犬の散歩効果で歩けるようになったし・・・持って行こうか?迷ったけれど。
出される食事は食べられそうにないので、お弁当や水筒などの荷物もある。
何より歩く時の支えとなってくれるスワニーのバッグ。
何処でも座れる安心感もある。
昨年秋の旅行でも大活躍。

今回も、持って行って正解でした。
長時間座ることは無かったけど、人(香料臭)と離れて座ることが出来ました♪

ちょっと傷めてた足も、7500歩も歩いたのに、痛くならずに済みました。

◇ ◇ ◇

その他諸々の記録は、別記事にします。

1日1回クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2018-03-19 07:54 | 旅行記・旅行対策 | Comments(0)

日頃の準備(葬儀に参列)

親戚の葬儀が、今年は3回目。

連絡は、突然やって来る。

化学物質過敏症(CS)にとって、葬儀の場は過酷な環境ですが、最後のお別れは、やっぱり行っておかないと!・・・自分は気持ちの整理が上手く出来ないので、可能な限り参列しています。

◇ ◇ ◇

いろいろもの忘れも酷くて、うろたえて多少パニックになっても大丈夫なように、日頃の準備が肝心です。

《衣類》
黒のパンツスーツに、黒のブラウス、黒のバッグをカバーを掛けた状態で、一式まとめてぶら下げてあります。

ストッキングが履けないので、薄手の黒のくつ下、温度調節用に黒のカーディガンもスタンバイ。

後、黒靴を出せば、衣装はOKです。

今回も、衣類を探し回ることなく準備出来て、ほんとに助かりました。

今日は、早速昨日着たワンセット全て洗って、次回用にセットし直しました。

以前は、あれは何処?とバタバタ探すことで疲れはててました。

化学物質過敏症(CS)は、これ以外にも準備がたくさん必要です。

《曝露対策》
活性炭マスクも数種類、時に防毒マスクも必要です。

これらは葬儀に限らず、いつでも何処でも必要なので、日頃から~車にも、非常持ち出しバッグにも、数セットスタンバイさせています。

携帯酸素と私が飲める鎮痛剤や日頃飲んでるタチオン錠やサプリメントなども、セットで用意しあります。

エアイーサー(空気清浄機)も車に乗せて走りました。
無くても大丈夫そうでしたが、少しでも良い環境で運転できるように乗せました。


《非常用飲食物》
私は、ごく一般的な仕出し弁当やレストランの食事も、食べるとお腹を下すことが多いので、お弁当や水筒、お菓子など多目に持参します。

これは、事前にセットすることは出来ませんが、賞味期限が長めのパンと4枚で包装されてるビスケットを常に車に乗せてあります。
c0330749_21542141.jpg

曝露して、直ぐに動けず休憩が必要だったり、思わぬトラブルで予定していた時間に帰ることができなくてもお腹が空かないように!
1食には足りなくても、これがあるのと無いのでは、気持ちの上でも大違いです。

今回は、ひょっと葬儀の後に一緒にお食事を!と誘われた場合も考えて、冷凍食品のお寿司を弁当箱に入れて持参してました。
c0330749_21543460.jpg

結局、お食事会には出ずに、帰りの車で食べました。

ピラフとか、お寿司の冷凍食品も、切らさないよう冷凍庫に準備しています。

これも、葬儀に関係なく、農薬散布やいろんな場面で急に出かける時に役立ちます。

飲み物は、保温水筒に番茶を・・・出かけない日も部屋に置いて飲んでます。
1日に、どれ位の水分をとったのか?把握できます。

今回は、長距離運転なので、お茶のように薄いオーガニックのインスタント珈琲も水筒に入れて出かけました。

《着替え》
斎場で臭いをいっぱい付けた喪服のままで運転するのも辛いので、着替えも用意しました。

そして、急に冷え込んだ日でもあったので、防寒用に重ね着できる衣類も用意しました。

もし、車中泊もありそうなら、寝袋も乗せていきますし、羽毛のジャンバーなら、常に車に乗せてあります。

◇ ◇ ◇

日頃の準備があったので、急に出かけることになっても、割りとスムーズに準備出来たように思います。

クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-10-25 18:30 | 旅行記・旅行対策 | Comments(2)
良いことではありませんが、不幸がありまして・・・四国山脈を突っ切って高松まで、自力運転で往復しました。

化学物質過敏症(CS)の私にとって、公共のバスや電車に乗るのはとても危険です。
車内消毒や余計なアロマサービスの危険。
不特定多数の方の香料臭をはじめ、この時期は防虫剤やクリーニング溶剤など、もちろん柔軟剤や合成界面活性剤の危険も重なります。

選んで選んで買ったマイカーに、様々な必需品を乗せて走ります。
車は、休憩所、避難所、宿泊所にもなります。

今日は、PM2.5も農薬散布も少ないと思われますが、エアイーサー(空気清浄機)も車に乗せ稼動させて走りました。
いつでも一緒!という感じです♪
c0330749_18023226.jpg


◇ ◇ ◇

往復100km位は、毎週走っているけれど、300kmは遠かった。

でも、30分毎に休憩しながら走り・・・ひょっとしたら、もっと遠くまで行けるかも!?なんて考える私が居ました。

Googleマップのナビでは、11月に出かける大阪の親戚まで4時間!
片道2時間の高松往復が出来るなら、しっかり休みながらだと到着出来るハズ♪

まあ、発症前には毎週のように出かけていた高松と、運転経験ゼロの都会の大阪では、疲労感も違うし、翌日は使い物にならないだろうし・・・。

今年は、忍耐は必要でも、短時間で到着できる飛行機移動にするしかないけど、機会があれば~もう少し距離を延ばしたい!

もちろん、体力的なことも含めて、いろいろ準備が必要ですけど。

◇ ◇ ◇

そうそう♪
大阪も遠いけど、四国内もけっこう広く、自家用車でしか行けないところも!

山奥のCSのところまでは、片道2時間半(往復5時間)。
これまでは途中で会ったけど、何年も会えてない。

どんな家に居るのか?出かけてみたい!
車で寝ながら帰れば、行けるかも♪

◇ ◇ ◇

早々と寝てしまい、午前3時に目覚めての投稿です。

道中の香料臭曝露の記録は、別記事にします。

遅れて出てくる曝露症状を、小出しにしながら復活する予定です。

クリックよろしくお願いします。
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-10-25 03:05 | 旅行記・旅行対策 | Comments(0)
旅行から帰った直後・・・混乱気味だった頭も、一週間経ってやっと落ち着いてきたように思います。

2017 6.17.~19.京都旅行の体調記録
これまでの記事にない部分を書留めておきます。

だらだら長いので、必要にない方はスルーしてください。

◇ ◇ ◇

旅行の一週間前に大きな演奏会で演奏した疲れ、自宅近くでの農薬散布による体調不良もあり、不安ながらも農薬の無い空気環境に身を置きたかった私。

夫に運転してもらい、自宅を出る時から防毒マスクを着用。

吸収缶を新しいものに取り替えたけど、呼吸時に弁の抵抗がある新しい方のマスクではなく、ちょっとゴムもへたれた古い方のマスクを選ぶ。
その方が呼吸が楽かと・・・。

しかし、防毒マスクを着用してても息苦しく、かと言って農薬散布地帯に留まりたくなくて、じっと我慢で出かけることに!

《空港》
手続きはスムーズに出来たけど、空港ロビーは相変わらず苦しくて、出発ロビーは更に苦しくて。

係の方は、航空機内のWi-Fiを心配してくれたけど、出発ロビーの方が苦しかったです。
頭痛いし身体は強張るし、歩くにもギクシャク。

プロペラ機の方がマシと思ったら、動き出したらスゴイ振動と音。
慌てて補聴器を外してみたけれど、私の耳は重低音は聞こえるようで、喧しいままでした。

振動もあって、足も痺れてきて、足を床から離したり・・・。

空気も防毒マスクしてるけどピリピリで、とにかく忍耐で静かにゆっくり呼吸するだけ。

たった45分のフライト。
我慢してる間に到着しました。

《モノレール・バス》
車イスサポートで、モノレール乗り場まで送ってもらえたのは、とても助かりました。
空気さえ良ければ歩けるのにな!

そこからは、人混みを自力で!
娘から借りたカードへのチャージは、うろうろドキドキしながらも成功(笑)

駅構内の空いてるベンチに座り、スマホで目的地までの移動手段を確認。
画面を閉じると記憶が消えて、何度も確認。
酸素を吸いたかったけど、人が激しく行き交うところで防毒マスクを外す気になれず・・・いつもは車イスサポート終了時に活性炭マスクに変更するのに、防毒マスクのままモノレールに乗る。

混んでて座れない。
入口近くの棒(?)にしがみついてても、身体は大きく揺れてヨロヨロしてたら、若い女性が席を譲ってくれて感謝です。

いくつか駅を過ぎたところで、車内も空いて・・・持ってた化学物質過敏症(CS)リーフレットを手渡す。

空気環境が良くない状態で、防毒マスクで大きな声は難しく、リーフレットで説明してもらう。

モノレールの次にバスに乗ろうとしたけど、バス乗り場が全く分からない。

防毒マスクで話しかけるのも・・・怪し過ぎて逃げられそうなので、活性炭マスク2重にウイルスマスクを重ねる。

人に聞くけど、バスに乗らない人のようで???

休みながら~やっと見つけたバス乗り場。
乗り場がいっぱいで、どれに乗れば良いのか???

バス案内所も人の列。
都会は人だらけ。
並んで待っている間に、乗り場発見!
さっき見た掲示に、ちゃんと大きく書いてあったのに・・・読みとれなかった私。
バス乗り場の案内も、私が見付けられなかったのかもしれません。

しかし、空気が悪くて。。。
ピリピリして苦しい空気です。
排気ガスかなぁ~。
これ位の交通量なら大丈夫なハズだったのに、大阪の空気が悪いのかな?
頭も痛くて参ったけれど、ベンチに座れてバスを待ちました。

バスは座れてラッキーでした。

モノレールもバスも、車内の空気というより、もう~ずっと深く空気が吸えない状態で、香料がどうのとか分析できるものではなく、ミックス空気が苦しい状態でした。

バス路線の途中からは、私が中学生の頃に乗った場所を通過。
バス停の名前は覚えがあるけど、知らない街並み。
私が居た頃は、田んぼや野原だったのに、家がビルが密集してて浦島太郎(笑)

親戚の家も何十年ぶり。
バス停前なので、迷わず到着♪
昔から化学物質の少ない家で、いとこ達も来てくれてて、ほんの2時間の滞在でも、目一杯交流し持参したお弁当食べながら生き返りました。

もう、バスも電車も乗りたくない気分だったけど出発!

時間も見て乗ったのに、間際までお喋りに夢中。
乗ったバスが、途中から違う方向に曲がってビックリ!
土地勘があって良かった!

慌てて乗換えを検索し直し、別ルートで京都に向かう。
バスから電車への乗換えは出来ても、電車からバスが・・・また迷子。

それに、観光地はごった返してて、大阪のバス乗り場の何倍もの人。
やっとこさ見付けバス乗り場は反対方向で、またテクテク人混みを歩く。

乗り場は、長蛇の列。。。
並んでたら、日本語でない若い男性が並んできて、猛烈に臭い!
思わず逃げてしまったら列の外。

どんどん増える列の後ろに並ぶのも。。。
やってくるバスも満員だし。。。

今一度検索したら、宿までそんなに遠くない感じ。
歩いてみよう!としたけれど、めちゃくちゃ暑くて断念。

少しの辛抱!と自分に言い聞かせ、普段は乗らないタクシーに!
やっとこさ宿に到着です。

《宿泊所》
友達は、先に観光中。
私も追いかけ合流するつもりだったけど、宿で休むことに。

リゾートマンションの1室。
入るなり建材の臭いと何かピリピリした空気を感じます。
換気をして、宅急便で送ってあったエアイーサー(空気清浄機)を動かしてたら楽になりました。

備え付けの空気清浄機も、動かしてみたら大丈夫な感じで、ダブルで頑張ってもらうことに。

エアイーサーの風を受けながら、ゴロゴロ~うとうと~まったり休憩。

バス乗り場の香料は、初めての臭いでビックリしたな。
よく無事で着いたもんだ。
それにしても頭が痛いし、疲れたし、寝そべってたら床が揺れてる感じ。

3年前も同じ施設で宿泊。
その時は、食事をするにもエアイーサー(空気清浄機)を側に置いていたと思いますが、今回はエアイーサーから離れていても大丈夫な感じ。

寝る時は、和室を占領してエアイーサーと寝ました。
家に居る時よりも、2晩ともぐっすり眠れました。

備え付けの寝具も、臭いが気にならない感じ。
そのまま使おうかと思ったけれど、持参のシーツを敷き、布団との間にはタオルケットを挟み、枕はバスタオルでくるんで寝ました。

自宅に送り返したタオルケット等には、しっかり香料や施設の建材等の臭いが付着していて・・・やっぱり!という感じ。

鼻が慣れて臭いに鈍感になっていたようです。
でも、それによる頭痛や喉の痛みなどの症状は、気にならない程度でしたので、私の身体も鈍感になったのだと思います。

また、帰る頃になって、最近リフォーム工事もあったとか・・・。
最初に聞いてたら、旅行も止めてたかもしれません。

私の身体が許容できる範囲の資材が使われたのではないかと想像してます。

長期間の滞在は無理だったかもしれないし、キッチンなどに入らなかったのも曝露を減らすのに良かったかな。
友達には、調理や片付け等、世話をかけましたけど。

◇ ◇ ◇

宿に着くまでは、散々な目にあって無我夢中という感じでも、帰路では苦しくても限度を知ったからか、気持ちの上では余裕があったように思います。

化学物質過敏症(CS)でありながら、やりたいことも多く突撃を繰り返しながらも、これまでの経験があるからこそ、大きく体調を崩すことなく帰ってこられたと思います。

頭は、かなり混乱してましたが、ぐったり寝込むことなく過ごせています。

◇ ◇ ◇

2017.6.15.旅行の準備・・・大丈夫!じゃないと思う
http://kaze2.exblog.jp/26741843/

2017.6.16.旅する空気清浄機・・・荷物送った!
http://kaze2.exblog.jp/26743238/

2017.6.17.出発です・・・飛行機
http://kaze2.exblog.jp/26745556/

2017.6.20.旅のお土産・・・どうしたものか♪
http://kaze2.exblog.jp/26753636/

2017.6.21.お世話になりました!・・・京都旅行
http://kaze2.exblog.jp/26755898/

2017.6.23.ドキドキ京都観光・・・化学物質過敏症(CS)
http://kaze2.exblog.jp/26759983/

2017.6.24.ドキドキ旅行(食事編)・・・化学物質過敏症(CS)
http://kaze2.exblog.jp/26764343/


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-06-27 17:10 | 旅行記・旅行対策 | Comments(0)
2017.6.17.~19.京都旅行の記録です。

1日目は、友達は美術館を堪能したようですが・・・私は、宿から歩いて10分の美術館で、合流する予定だったけど、親戚の家にも寄ったし、移動で疲れて宿でゴロゴロして終わる。

◇ ◇ ◇

2日目、友達と一緒に回ったのは・・・

七宝焼の記念館

ため息が出るほど繊細で緻密な細工。
いくつもの工程を分業で仕上げた作品とか。

今の時代は、こんなに手間隙かけてたら、職人は食べていけないよね。
当時の職人だって、きっと裕福ではなかっただろうな。
でも、こんなに素晴らし作品が出来て、スゴイとしか言いようがない。
私の中で不思議がいっぱいになってしまいました。

記念館までの道は、途中まで人が多く香料臭とか苦しかったのですが、着いたら~古い建物、観光客も少なくてゆっくり見学できました。

◇ ◇ ◇

観修寺=かしゅうじ?かじゅうじ?かんしゅうじ?
どれが本当なのかな?

電車で移動。
ホームまで、足の悪い友達とエレベーター移動。
日曜日というのに、空いてて座れてラッキー。

お寺は、お庭の木々に農薬バンバン撒いてるって聞いてたから、ちょっとドキドキ。

農薬を感知したら、空気の良いところまで逃げて待機しようと思ってたけれど、幸いなことに空気は良かった♪

広々としたお庭で、風が適度に吹いてくれて、淀んでなかったからかもしれません。
c0330749_06551282.jpg

迫力の古木ハイビャクシンもあったし、いろいろ興味深いものもあったけど、写真に納めてなくて残念。

睡蓮、菖蒲、半夏生・・・いろんなお花も楽しめて満足♪
c0330749_06551370.jpg


友達とゆっくりとお喋りしながら散策。

もみじの頃も良さそうですね。
こちらも穴場なのか?観光客はまばらで、化学物質過敏症(CS)には嬉しい環境でした。

◇ ◇ ◇

伝統工芸品のお店。

観光客が集まる所らしく、道路も人だらけで、息を殺しながら、友達の後を追いかける(笑)

大きな建物に入るなり「駅の臭い」って思った私。
エスカレーターがあって、油の臭いを感知したからかもしれません。

お店は、油の臭いはなかったけど、お香の臭いがあって、ちょっと辛い感じ。

それより、様々な商品があるからか!?何の臭いと特定は出来ないものの息苦しくて・・・。

ホームセンターや100均とかに入った時のように、胸苦しくお腹がキリキリ痛くなる。

いろんな商品を見たいのに、とてもイライラ落ち着かない。

まだ、余裕はあるけどトイレは何処かな?とキョロキョロ。
近くにはなさそう。
どうしよう!?

足早に店内をうろついて、空気のマシなところを探す。
商品から離れたり、見たくてちかよったり。

お腹よ!どうか大人しくしてください!
落ち着かなくて・・・欲しい物もあるのに決められず、買えなかった。
とっても素敵な茶漉しがあったのに。

人も多いし会場は広いし、友達とはぐれないよう緊張の連続でも、いろいろ見られて良かった♪

人も少なく座れるスペースがあり、並んで休憩。
お腹が壊れなくて、トイレに走らずに済んで良かった。

途中で携帯酸素も使えば良かったのに、その時は気が回らなかったよ。

◇ ◇ ◇

最後の日は、お土産買いに・・・

デパート

高知では、スーパーにも行かない私。
1軒だけあるデパートには、何年も入ったことがない。

京都駅近くでお友達の買い物につき合い、お土産も買いたくてデパートに突入。
c0330749_06551476.jpg

荷物をコインロッカーに預けようとしたら、ハイテクで???すったもんだして、やっと身軽に♪

決死の覚悟で突入!
ダメなら、ここで友達と別れて帰ろうか・・・。

デパートは、広くて商品がいっぱいあって、田舎暮しの私はビックリ!

いろいろ見たい!買いたい!
でも、高そう!!!(笑)

ほとんど息をしてない感じで、苦しいけど腹痛はなく、頭痛は許容範囲で、人をかき分け友達を追いかける。

ここで、なんと、高知の無人ヘリ農薬散布情報が届く。。。

ちょっと人も少ない売場で、友達が買い物をしてる間に患者会にメールを送信。
ああ、農薬散布の高知に帰りたくない(笑)

最後の最後は、デパートの地下食料品売場。
もう、ヤケクソ!

私だってお土産買いたいもん!
美味しそうでも、化学物質過敏症(CS)の私には食べられないものだらけ。

これなら!というものは、賞味期限明日まで。。。
家族用に1つ♪
マンドリン仲間には、妥協の一品。
でも、かなり添加物少な目。

お友達がいくつも買ってた羊羮は、味見して大丈夫だったけど、私が仕事場で作ってる蒸し羊羮の方が美味しい(口に合う)ように思って買わなかった(笑)

人に酔って、汚染空気でヘロヘロで、ほとんど息を吸ってないし・・・思考力はどんどん無くなり、ほとんど買わずに終わる。

ああ、あの人にもこの人にも・・・私にも(笑)
記念になるような、ずっと使えるようなものは見付けられずに終わった。

身体は、ギリギリのところで踏ん張ってくれて助かりました。
ありがとう!

デパートでお買い物出来なくてもいいや。
お金減らなくて良かった♪

何だか気合だらけで乗りきった感じです。

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-06-23 06:23 | 旅行記・旅行対策 | Comments(0)
旅行中は、多くの方々のお世話になりました。
ありがとうございました。

小さな失敗だけでなく、大きな失敗もあり、穴があったら入りたい位です。

親しい友達だけでなく、見ず知らずの方にも助けられ、無事旅行を楽しんで帰ることが出来ました。
感謝、感謝です。

やはり~気をつけてたのに、バス乗り間違えてルート変更。

よろめきながら電車に乗ってたら、席を譲っていただき助かりました。

繁華街でのバス亭は行列で、後ろに並ばれた方が超臭く!思わず逃げたら列の外(笑)

長蛇の列に並び直しても、満員バスは私には無理!と・・・タクシーに変更。

高知に居たら、絶対にバスもタクシーも乗らないのに、遊びたい一心での移動でした。

いろいろ他にもトラブルはあったけど、1日目の美術館観光はあきらめて、お宿で一人一眠り。

お宿は、マンションをワンフロアお借りするスタイル。
食事は・・・買い込んできたものを簡単に調理して食べたり、外食したり。
買い出しも、調理も、片付けも・・・手慣れたお友達が、全部やってくれました。
c0330749_15293946.jpg

私、化学物質過敏症(CS)だから!と言っても、お友達もそれぞれ悪いところがあって、食後は全員でお薬タイムの状態なんです。

でも、私が一番鈍いようで、やろうとしても間に合わない(笑)

病気で鈍くなったかと思ってたのに・・・学生時代から同じ!と友達に指摘され、返す言葉も無い次第。

良き友を持った!と感謝しつつ、いっぱいお世話になりました。

帰りの荷造りも、エッチラオッチラ~ガムテープを貼ろうとしてたら・・・
もう!ってガムテープ取り上げられ、ササッと貼ってくれて、台車で運んで荷物を出してきてくれました。

ゆっくりなら出来るのにな!

でも、出来る人は、見てられないみたいですね。
助かっちゃいました(笑)

そんなこんな~世話のやける私も仲間に入れてくれて、毎年誘ってくれて有り難いことです。
(私は、3年前に参加し、2回パスでしたけど)

公表できない失敗は、どうか聞かないでくださいませ。

とにかく、お世話になり、皆さまの温かく広い心に包まれた数日を送ることが出来ました。
ありがとうございました。

いつか、私もお世話出来る側になりたいと願うものの、この~のんびり屋の私には無理かな?とも思ったり。

まあ、良いか(笑)

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-06-21 14:46 | 旅行記・旅行対策 | Comments(0)

出発です・・・飛行機

飛行機出発30分前に、搭乗手続き済ませました。

私が航空会社に、事前にお願いしたのは・・・
活気ゲンOQ(携帯酸素)を預ける。
伊丹空港での車椅子サポートのお願い。
そして、防毒マスクの着用のお知らせ。

携帯酸素は、とてもスムーズに預けることが出来て、これまで何度もトラブってきたのでホッとしました♪

◇ ◇ ◇

高知空港は、エスカレーターで2階に上がるだけなので、車椅子サポートは無用と自力で搭乗口に向かいました。

エスカレーターを降りたところで足が・・・突然重く怠くなって、慌てず騒がずゆっくりと歩きました。

畑もするし、けっこう歩ける身体になってる私ですが、空気環境が悪化しただけで、一気にヨレヨレになってしまうのですよね。

自分でも、この落差には驚くので、回りの方にはさっきまでの元気はどうしたの?って戸惑うことでしょうね。

◇ ◇ ◇

出発ロビーで、他の乗客と離れて座っていたら、係の方が・・・Wi-Fi使用の機種ですが、大丈夫ですか?との問い合わせがありました。

こんな出発直前に知らされても、旅行は止めたくないので、短時間なら大丈夫と思うと答えてしまいました。

大丈夫ではありませんけど・・・搭乗を断られても困るので。

実際は、出発ロビーで待ってる間も、電磁波はビンビン感じていてとても辛い状態だったのですけど。

◇ ◇ ◇

そして、高知=大阪はプロペラ機なので、タラップを一度降りて飛行機まで歩くって・・・すっかり忘れてました。

歩けるけど、サポートあった方が楽だったかも・・・。

満席で、後部座席しか取れなかったので、他の乗客より先に優先搭乗させて貰いました。

ゆっくり、人の香料に接近することなく乗れました。

お隣が男性で、整髪料にめっぽう弱い私は、ドキッとしましたが、防毒マスクのおかげなのか、無事(?)でした。

正直、防毒マスクをしてても、ずっと空気が悪くて、吸収缶も新しいのに着け替えてきたのに・・・。

c0330749_17352618.jpg


マスク自体は古いままで、ベンがちょっと弛いからかな!?と、ひとりブツクサ考えながら、忍耐の飛行でした。

◇ ◇ ◇

伊丹空港は、最後に下車。
車椅子サポートを受ける方が、もう1人いらっしゃって、私ともう1人で大きなバスで移動。
助かりました。

預けてあった酸素を受けとると、そのままモノレール乗り場まで・・・♪
これは、とっても助かります。

ほんとは歩けるのに、サボってるとか、ずるしてるような後ろめたさがあるのですけど、高知空港でも足を引きずる状態だったので、サポート有り難く受けました。
感謝です。

他の乗り物にも乗るのですが、空港内の移動が、一番の長距離移動で、電磁波も香料も多く化学物質過敏症(CS)には過酷なのです。

ただ、航空機の短時間で長距離移動ができるので、私は忍耐で利用させてもらいます。

◇ ◇ ◇

症状・・・吸いたくない空気、喉ヒリヒリ、右上頭痛、足のしびれ(プロペラ機の振動が激しく、時々足を上げる)、関節や筋肉に力が入らなくなる(荷物を棚から降ろせなかった)


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-06-17 08:22 | 旅行記・旅行対策 | Comments(3)
今朝、宅配で宿泊先に荷物を送りました。

帯に短し襷(たすき)に長し。。。
大まかに準備してあった寝具や衣類を、私が使えるポリ袋に入れて箱詰め。
ゆとりがあるからと、ひとまわり小さな箱にしたら入らない。

なるべく手荷物を減らそうと、雑多な物も一緒に送ろうと思うけど、見つからず。

結局~友達とはぐれて宿に戻っても、食べ物に困らないように、カップラーメン、パン、お菓子などをすき間に突っ込んでしまいました(笑)

たぶん、そのまま送り返すようにも思います。

◇ ◇ ◇

エアイーサー(空気清浄機)は、いつでも一緒!

東京も、大阪も、京都も、一緒に泊まってもらいました。
普段も車に乗せて、一緒に走ってもらってます。

箱もくたびれてきましたが、これじゃないとね!
サイズもピッタリ、内側にも補強用の段ボールが入ってます。
c0330749_09595451.jpg

近くの宅配集積場まで持って行き、明日からの宿で使います。

はい!
アダプターも延長コードも入れました!

先に~行ってらっしゃい♪

◇ ◇ ◇

こんなに~こき使って・・・エアイーサーもお疲れかもしれません。

もう少し小型の空気清浄機を探しています。
綺麗な空気が横に吹き出すタイプは無いかなぁ~?

◇ ◇ ◇

次は、明日持って行く荷物を準備しなくては!

カバンが素直に出てきてくれると良いけれど。。。

エアイーサーの箱も、探し回りました。
引っ越したのもあって、荷物の置場所が?です。
準備するにも、捜索からなので大変です。

その前に、一休み。
こんな身体で旅行できるのか!?
気合です(笑)


クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-06-16 09:28 | 旅行記・旅行対策 | Comments(0)
明後日は、飛行機に乗って2泊3日、大阪京都方面の旅行です。
学生時代の仲間と、泊まり掛けのプチ同窓会です。

毎年場所を変えてやってるけど・・・私は3年ぶり2回目。
会える時に会っておきたい方々です。

◇ ◇ ◇

普段、マイカーしか乗らないのに・・・飛行機、電車、バス、タクシーに乗ると思います。

宿泊所には、エアイーサー(空気清浄機)や寝具、着替えを送ります。

そう、明日荷物を出さないとイケマセン!
まだ、古民家に居て、荷物は出来ていません。

◇ ◇ ◇

航空会社には、携帯酸素を手荷物として預けること、防毒マスクを着用すること、空港内の移動に車椅子のサポートをお願いしました。
耳の聴こえない人用のメールでお願いしました。
(代理でメールの内容を電話してくれる)

昨年、歩けると思って車椅子サポートを断ったら、香料や空港内の空気にやられて足が重く牛歩となり、何度も休みながら~やっとこさで搭乗口に向かったのでした。

曝露が無ければ歩けるけど、絶対曝露するから車椅子サポートは必要なんです。

◇ ◇ ◇

シーツ、タオルケット、バスタオルは臭いをチェックし、一度干して風晒しも済ませました。

着て行く服1組、着替え2組を用意しました。

突然、お腹を下すことがないと良いけれど・・・。
予備まで用意したら、ものすごい荷物になりそうで。。。

まあ、何とかなるでしょう!

旅先で買って、すぐ着ることが出来ないから不安です。

◇ ◇ ◇

食糧は、どうしようかな!?
化学物質過敏症(CS)っぽい友達も居て、彼女の選んでくれるものは大抵OKなんです♪

でも、非常食は持っておきたいような。

最近、低血糖のような症状が出てきています。
体調が崩れる時は、急降下するので困ります。

飴をなめたり、ストレート果汁とかは、糖分がきつくて苦しいし。
クッキーで間に合うかな!?
たっすいオーガニックスポーツドリンクあたりが良いでしょうか?

◇ ◇ ◇

その他諸々の大荷物。
明日は、気合を入れて、超特急で準備しなくては!

ああ、絶対~忘れ物する自信あります(笑)

◇ ◇ ◇

自宅に戻る時は、防毒マスクを忘れないようにしなくては!
明日も、無人ヘリによる農薬散布があるでしょうね。。。

クリックよろしくお願いします。
多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
CSさんのブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by 2kaze | 2017-06-15 18:06 | 旅行記・旅行対策 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風