人気ブログランキング |

化学物質過敏症・風のたより2

kaze2.exblog.jp
ブログトップ

車検時のお願い

今回の車検は、初めてのところにお願いすることになりました。
あらかたのことは夫が伝えてくれたようですので、追加のお願い文を作りファックスしました。
ほんとは、化学物質過敏症の資料も添えて郵送したかったのですが、間に合わなくなりました。
当日も、この文書をお渡しするつもりです。
口頭では、他の方に伝える時に抜かることもあるでしょうから。


『私は、化学物質過敏症の患者で、一般の方には何でもない微量なものにも身体は反応し、頭痛や呼吸が苦しくなるなどの症状が現れます。
注意していただきたい事がありますので、ご協力よろしくお願いします。

1.修理点検作業などをされる方
ベストは柔軟剤や合成洗剤を使用されてない石鹸生活をされている方ですが、難しければ香料臭が少ない方、整髪料などを付けていない方にお願いしたいです。できる範囲でかまいません。

2.車内に入られる方
 喫煙されない方にお願いいます。特に私の車の運転(自宅と○○様の往復)をされる方は、当日だけでなく日常喫煙されない方にお願いします。
もし、会社に喫煙者しかいらっしゃらないようでしたら、自分で運転して運搬しますので、○○○に連絡ください。

3.修理点検作業
大きな修理が必要な時は、事前に連絡ください。
部品の交換、接着剤、塗装、注油などは、最小限でお願いします。
どこを修理したのか教えてください。

4.車内の清掃
車内の清掃は、掃除機をかけるのみで、拭き掃除はしないでください。
洗剤などの薬品が付くと、車に乗れなくなりますので、使用しないでください。
水拭きであっても、タオル類には前回の洗剤が残っている危険があるので使わないでください。

5.車外の清掃
洗剤で洗ってワックスをかけてください。
ワックスをかける間は、車は閉め切って、ワックスの臭いが車内に入らないように注意してください。
ワックスが完全に乾くまで、車は開けないでください。
体力もなく、日頃洗車ができていないので汚れていると思いますが、よろしくお願いします。

※○○○に連絡ください。できる範囲でよろしくお願いします。』





クリックよろしくお願いします。
ランクアップにより、多くの方に化学物質過敏症(CS)について知ってもらいたい!
化学物質過敏症(CS)のブログにも出会えます。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2016-02-13 17:26 | 生活用品・車 | Comments(2)
鍼治療に向かって車を走らせていたら、猛烈な眠気と強烈な背中の痛みが始まり、呼吸も辛く運転が危険な状態に!

コンビニの駐車場に車を停めて、そのままリクライニングさせて眠ってしまいました。

昔は、時々あったけど、こんな運転中の突然の強い眠気は久しぶりです。

幸い10分ほど経ったところで、隣の車のドアを閉める音で目覚め、気を取り直し~背中は痛かったけど、早く治療してもらいたかったので、車を走らせました。

背中の中央部分の痛み!
ギックリ腰寸前と言われた時と似ています。
そう、ギックリ背中って言われた時も、息苦しかったです。


鍼治療で、症状を伝えると・・・
「何か、変なもの吸い込んじゃったかな?」と言われたて・・・。
そうだったのか?そうではないのか???

ああ、携帯酸素やマスクやら車に乗せてあるのに、自分では何もせず(出来ず)眠ってしまったんだ。

臭いを感じなかったから、曝露の可能性すら頭に無かった!
曝露かどうかは?でも、もっと自分で対処すべきだった!
しっかりしなくては!と思った次第です。

鍼治療で、痛みも軽減してヤレヤレ。

◇ ◇ ◇

帰路は、念のため活性炭マスクとPM2.5マスクで運転。
でも、途中からまた眠気がやって来て、眠りはしなかったけど、休み休み帰りました。

車で30分ほどの距離。
いつもは、一気に走れるのに、今日はどうしたことでしょう!?

PM2.5疲れ、寒さ疲れ、血圧変動疲れでしょうか?

◇ ◇ ◇

2013.6.23.ぎっくり背中
http://huukumonmo.exblog.jp/19061107/

◇ ◇ ◇

2015.12.21.追記
曝露症状もゼロではないと思いますが、原因は思い付きません。
PM2.5襲来によるストレスや冷え込みによる血圧変動のストレス、心的ストレスなどの複合による症状と・・・数日経った今は考えています。


クリックよろしくお願いします。
化学物質過敏症(CS)の皆さんのブログに出会えます。
にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
by 2kaze | 2015-12-18 20:29 | 曝露記録 | Comments(0)
2月に突然燃えてしまった愛車。

化学物質過敏症(CS)にとっては、唯一の移動手段というか我が足そのもの。
苦しい空気から逃げる、吸える空気を探すアイテム。
寝るところであり、休めるシェルターでした。

車ロスの痛手に加え、まあ・・・いろいろありました。

◇ ◇ ◇

あの衝撃の日から9ヵ月余り。
調停という形で話し合いを重ね、和解というにはちょっと複雑な思いもありますが、区切りをつけました。
(内容に関しては守秘義務があり、公表できません)

私は闘うことを好みませんし、お金も体力も無く、これ以上心労を重ねて体調を崩したくありません。

心底納得できる結果を得られなかったのは負けかもしれませんけど、黙って泣き寝入りではなく、自分の意見を伝えることができて良かったです。

法律上の壁は仕方のない事で、総合的に考えたら区切りを付けた方が私には得策と思った次第です。

◇ ◇ ◇

裁判所(簡易裁判所)という所は、CS患者にはとても厳しい環境でした。

事前に交渉し、CS支援センターのリーフレットや診断書のコピーも提出して、空気清浄機の持ち込みと防毒マスクの着用許可をもらいました。
調停開始前に窓を開けて、換気もお願いできました。

窓口は、短時間なら活性炭マスクでなんとかという感じですが、調停室は・・・臭いは特に感じないけれど息苦しくて、前回は活性炭マスクに活性炭シートを重ねていたけれど、頭痛や顔の火照りなどっで頭もボケたので、今回は最初から防毒マスクを使用しました。

黙って座っているなら耐えられても、自分の主張を話す必要があり、防毒マスクでも喉がヒリヒリになりました。

それでも、裁判所の何人かの方に、CSを知ってもらえたのは良かったと思います。

しかし、仲間の裁判で傍聴に訪れた法廷は、更に厳しい環境なので、機会があれば空気環境改善を訴えたいと思います。
by 2kaze | 2015-11-17 19:30 | 体調記録日記 | Comments(0)

化学物質過敏症(CS)の日記


by 風